北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

100匹以上釣る人も…港に現れたサンマの大群 "入れ食い”状態 オホーツク沿岸への来遊は珍現象 海水温の高さが影響か

道内経済 友だち追加

 北海道の根室海峡で水揚げされる通称「海峡サンマ」。今年は好調です。一方、サンマは意外な場所でも豊漁となっています。

 北海道根室市から羅臼町にかけての根室海峡で水揚げされる通称「海峡サンマ」。漁場が港に近く、鮮度が良いのが特徴です。

根室港と花咲港合わせて約205トン水揚げ

 先週から漁が始まり、10月31日根室港と花咲港、合わせて約205トンが水揚げされました。

 「なんぼか(量が)増えてきている。調子はいいんじゃないか」(地元漁師)
 
 漁は好調で地元漁師は、サイズの大きいサンマも増えてきていると話しています。

釣り人で溢れる網走港

 一方、こちらはオホーツクの網走港。釣り人で溢れています。何を釣っているかというと…。
 
 サンマです。中には100匹以上釣りあげている人も。

 網走水産試験場によると、サンマがオホーツクの沿岸まで来るのは珍しいといいます。2023年は海水温が高かった影響もあって生息域が変わったのではとみていますが、詳しい原因はわかっていません。

 この異例の現象は2022年に続き2年連続で見られています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル