週間番組表

MENU CLOSE
検索

札幌中心部で「エゾシカ」続々現れる…植物園に”立てこもり”・パトカーの制止すり抜け逃走も…大通公園周辺を含め10件以上の目撃…今のところ被害なし

事件・事故 社会 友だち追加

 大通公園や札幌駅の周辺でもシカの目撃です。シカは北大の植物園に侵入し、周辺では警戒が続いています。

 10月24日正午前、コンサドーレの練習を取材中のカメラが捉えたのは1頭のオスジカです。

住宅の敷地へと入っていく1頭のオスジカ

住宅の敷地へと入っていく1頭のオスジカ

 付近の住宅の敷地へと入っていきます。

 警察が周囲を警戒するなかカメラの前にも現れたシカ。

 このあと行く手をふさぐパトカーを見て一瞬立ち止まるものの、そのまま逃げていきました。

 さらに…シカの目撃は札幌駅近くの中心部でも。

 「道庁や赤れんが庁舎もほど近い、札幌中心部の植物園でシカの目撃情報がありました。現在園を閉鎖し中に入ることはできません」(沼田海征記者)

北海道大学の植物園に侵入したシカ

北海道大学の植物園に侵入したシカ

 24日午前10時ごろ、シカは中央区にある北海道大学の植物園に侵入しました。来園者の安全のため植物園は閉鎖されました。

 「大きい。角がある。初めてです」(植物園の担当者)

 植物園を含む札幌の中心部では23日夜からシカの目撃が相次ぎ、大通公園周辺を含め10件以上の通報がありました。

23日夜から10件以上の通報

23日夜から10件以上の通報

 札幌の中心部では4年前、札幌駅近くのマンションの敷地内に、オスジカが出没。8時間をかけて捕獲されました。

 24日に植物園に侵入したシカについては、周辺の道路に飛び出さないよう植物園の職員らが見守りを続けています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル