週間番組表

MENU CLOSE
検索

自転車の25歳男性をダンプカーではね死亡させる…ひき逃げ容疑で61歳運転手の男を逮捕「事故を起こした記憶ない」と容疑否認

事件・事故 社会 友だち追加

 9月11日未明、札幌市白石区の国道で自転車の男性をひき逃げし死亡させたとして、ダンプカーを運転していた61歳の男が逮捕されました。

 過失運転致死とひき逃げの疑いで逮捕されたのは、岩見沢市の運転手、若林仁容疑者(61)です。

 若林容疑者は9月11日午前1時30分ごろ、札幌市白石区本通20丁目南の国道12号線でダンプカーを運転中、自転車に乗っていた飲食店従業員の野崎泰雅さん(25)をはねたにもかわらず、救護などをせず逃走、死亡させた疑いがもたれています。

自転車の男性死亡

自転車の男性死亡 "ひき逃げ"

 警察は防犯カメラなどの映像などから若林容疑者を割り出し、200キロ以上離れた北海道八雲町落部で12日朝、逮捕しました。

 調べに対し若林容疑者は「事故を起こした記憶はない」と容疑を否認していて、警察が当時の状況を詳しく調べています。