週間番組表

MENU CLOSE
検索

札幌の新たなランドマーク 「moyuk SAPPORO」開業から1か月…連日の大行列の正体は “狸小路”が大きく変わる

友だち追加

 札幌市中央区・狸小路3丁目の再開発ビル「moyuk SAPPORO」が、8月20日で開業1か月を迎えました。

 人の流れはどう変化し、街はどう変わっていくのでしょうか?

 八木 隆太郎 キャスター:「開場の午前10時前には、連日100人を超える行列ができています。実は水族館『AOAO SAPPORO』を待つ行列なんです」

 「moyuk SAPPORO」の4階から6階に入る都市型水族館「AOAO SAPPORO」。

 夏休み中とあって家族連れに大人気で、開業から毎朝行列ができているといいます。

 来場者:「キタイワトビペンギンがいっぱいいてすごかった。意外と大きかった」

 来場者:「ペンギンが『ガー』と、おじさんみたいに鳴くのがおもしろかった」

 「moyuk SAPPORO」が開業したのは7月20日。

 地下には743台の駐輪場を備え、地下街のポールタウンと直結。

アクセス抜群の複合商業施設

アクセス抜群の複合商業施設

 駅前通と狸小路の交差点に立つ、アクセス抜群の複合商業施設です。

 開業から1か月、にぎわっているのは水族館だけではありません。

 八木 隆太郎 キャスター:「1階の奥には人がたまっている場所があります。こちらは30人ほどが座れる休憩スペースです」

 大通地区とススキノ地区のちょうど中間に位置することから、待ち合せや買物途中の休憩スペースとして利用する人が多いのです。

 利用者:「休憩スペースが気持ちいいと思い、写真を撮っていた。今までは札幌駅前にいろいろスポットがあったけれど、『moyuk SAPPORO』や、今後ススキノ地区にもビルができるから楽しい」

 休憩がてら立ち寄る人が多いのが「Rain coffee stand モユク」。

 770円で1日何杯でもコーヒーが飲み放題の「ワンデーコーヒー」が人気です。

770円で1日何杯でもコーヒーが飲み放題 「ワンデーコーヒー」

770円で1日何杯でもコーヒーが飲み放題 「ワンデーコーヒー」

 さらに、お土産にと菓子類を購入する人も多いといいます。

 Rain coffee stand モユク 長里 圭悟 店長:「人気のパウンドケーキや焼き菓子を1~2個買う人もたくさんいる。手土産用に数個入ったギフトボックスを利用する人も多い」

 地下2階の飲食店街には8店舗が入りますが、特に人気なのが打ち立ての北海道産そばが楽しめる「豆皿料理・酒 そばまえ」です。

 来店客:「だしの匂いがして、とても店に入りたいと思った。交通のアクセスがいいと、なおさら入りやすい」

 約90席と座席数が多く、家族連れからお酒を楽しむ人まで客層はさまざまだといいます。

 そばまえ 南 至 店長:「おかげさまで毎日満席。場所は地下街から直結なのですごく来やすいと思う」

 「moyuk SAPPORO」の開業によって、今後、街はどう変わって行くのでしょうか。

 街歩き研究家の和田哲さんは。

 街歩き研究家 和田 哲さん:「狸小路の地位が今後高まり、狸小路というエリア名として確立していくのではないか。人の流れが『moyuk SAPPORO』を介して、回遊するような流れが活発になる」

狸小路の地位が今後高まるのではないかという

狸小路の地位が今後高まるのではないかという

 今まで狸小路はどちらかというとインバウンドなど、観光客が多いという印象でした。

 それにも変化が。

 街歩き研究家 和田 哲さん:「JR札幌駅周辺では新幹線延伸工事で商店街が一時的に閉鎖されたり、8月末で商業施設『エスタ』も閉館したりする。いまJR札幌駅周辺に行っている若者が“行き場所”を求めているところ。ちょうどその受け皿に、狸小路地区がなっていくのではないか」

 2023年に150周年を迎えた狸小路商店街。

 「moyuk SAPPORO」の役割は大きくなっていきそうです。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル