北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「最後までプロドライバー」死亡したバス運転手 急ブレーキの意味とは "17人死傷"事故の全容…ドラレコ720秒の一部始終

事件・事故 社会 友だち追加

 空は雲一つない快晴。絵に描いたような日曜の真昼に惨事は起きた。

 6月18日、北海道南西部の八雲町の国道5号で、30匹のブタを積んで養豚場へと向かうトラックが対向車線にはみ出し、乗客18人・乗員1人が乗った都市間高速バスに正面衝突。5人が死亡するなど計17人が死傷した。

 双方の運転手が死亡した今、事故原因解明のカギを握るのはドライブレコーダーの動画だ。北海道ニュースUHBは後続車のドライブレコーダーの動画を独占入手。衝突現場から約13キロ前から記録されている720秒を専門家や関係者と分析するとともに、情報公開請求で明らかになった救助記録をもとに事故の全容を探る。

すれ違うかに見えた大型車両2台「次の瞬間トラックが対向車線に…」

トラックと高速バスの衝突し17人が死傷。事故は見通しが良いカーブで起きた

 少し先を走る1台のバス。対向車線の奥には、緑色のトラックが見えてきた。2台を捉えていたのは、バスの後続車のドライブレコーダー。映像の続きには、衝撃的な瞬間が収録されていた。

 すれ違うかに見えた2台の大型車。トラックが予想を覆す。カーブを曲がり切れず、センターラインを越えてバスと正面衝突。バスの運転席側にめり込んだ。

 衝撃でトラックの前部は砕け飛び、荷台も大きく横に飛ばされた。現場には大量の砂埃が舞い、ブタが放り出された。のどかな日曜の昼は、一瞬にして様変わりした。

解析…ドライブレコーダー全720秒 順調に進むバス 事故は突然だった

独占入手した720秒のドライブレコーダー。事故前後の一部始終が記録されている

 午前11時45分。記録が始まったのは衝突現場の約13キロ手前だった。都市間高速バス「高速はこだて号」(写真の赤い丸印)は約100メートル先にいる。乗客は18人。結婚したばかりの函館市役所の職員や、札幌市内に住む英会話の講師らが乗り、座席の約6割が埋まっていた。

 バス停で下車した乗客とみられる人(写真の青い丸印)も確認でき、順調に目的地の函館へと向かっていた。

 海沿いを南北に縦貫する国道5号は海風を感じられるドライブコースとしても人気だ。ただ、交通量の多さに加え、スピードを出す車も目立つ。状況が一変したのは13分後の11時58分。バスが八雲町内の見通しが良い片側1車線の緩やかな右カーブに差し掛かった時だった。

 トラックが認識できてからわずか5秒後、バスのテールランプが一瞬点灯。「ワァァーッ」。ドライブレコーダーを載せた車内で声が上がる。それとほぼ同時にトラックがバスに正面衝突した。

 「(トラックが)センターライン側に寄った。避けることもなくバスとガチャン。ぶつかった瞬間、家畜がみんな飛ばされてきた」。ドライブレコーダーの提供者は当時の衝撃を振り返る。

 映像を詳しく確認してみると、トラックは自身から見て左カーブを減速することなく直進。フロントの半分がオレンジのセンターラインを越えたところでバスに突っ込む。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル