きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

同乗者を送る途中…酒酔い運転37歳男逮捕 呼気から基準4倍アルコール "切れたブレーキランプ"で発覚

事件・事故 社会
友だち追加

酒酔い運転の現行犯で男を逮捕した北海道警東署

 酒に酔った状態で乗用車を運転したとして、37歳の男が逮捕されました。男の呼気からは、基準値の4倍のアルコールが検出されました。

 酒酔い運転の現行犯で逮捕されたのは、北海道札幌市白石区に住む37歳の会社員の男です。

 警察によりますと男は10月12日午前1時20分ごろ、札幌市東区北34条東8丁目で、酒に酔った状態で乗用車を運転。パトロール中の警察官が職務質問をした際、酒の臭いに気付きました。

 男の呼気からは、基準の4倍のアルコールが検出され逮捕しました。

 当時男が運転していた乗用車のブレーキランプが片方消えていたため、パトロール中の警察官が職務質問をしたということです。

 男は知人宅で酒を飲み同乗者を送る途中で、警察は同乗者も調べることにしています。

  • みんテレ