きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「町の将来は自らの手で」核のごみ文献調査を正式応募寿都町長 "焦らず一石を投じたい" 国側は「感謝」

社会
友だち追加

 "核のごみ"最終処分場建設の第一段階としての文献調査応募を10月8日に表明した北海道寿都町の片岡町長。

 「自らの手で直接申し込みたい」と強調し、9日東京で文献調査に正式に応募しました。

文献調査応募表明後すぐに東京へ向かった寿都町長

 Q.歴史の転換点になる?

 片岡 春雄 寿都町長:「(手渡しに行くのは)最初で最後だ。うちの例が」

 10月8日の応募表明後、すぐさま東京へ向かった片岡町長。

 自らの手で応募書類を手渡したい…。

文献調査応募は「入学手続き」と語る寿都町長

 10月9日朝、NUMO(原子力発電環境整備機構)を訪れた片岡町長は、初めてのネクタイ姿でした。

 片岡 春雄 寿都町長:「これからしっかり対話、勉強していかないと。(応募は)入学手続きのようなものだ」

 文献調査への応募を「入学手続き」と、いつもの片岡節で表現。

寿都町長自らの手で応募書類を提出

 そして10月9日午前10時過ぎ...。

 片岡 春雄 寿都町長:「文献調査に応募します」

 片岡町長自らの手で書類を提出するという思いを果たしました。

 NUMO(原子力発電環境整備機構) 近藤 駿介 理事長:「丁寧な議論を町のみなさんと進められて、心から御礼申し上げます」

経産相からも「感謝」

 応募書類を提出した足で、経済産業省に向かった片岡町長。

 梶山弘志経済産業相に、応募を報告しました。

 梶山 経産相:「町長から日本の議論の喚起をしていただいたこと、うれしく思うし感謝申し上げる。丁寧に町の意向を聞きながら対応していきたい」

議論に「一石を投じる」思いを語る寿都町長

 片岡 春雄 寿都町長:「(核のごみの)議論が進んでいなかったのが現実。そこに私は一石を投じたい。この対話の場が全国に広がってほしい」

 Q.誘致したいわけじゃない?

 片岡 春雄 寿都町長:「先ほど言ったように、順を追って議論していくべき。焦る必要はない」

 改めて応募への意義を強調した片岡町長ですが、最終処分場建設については回答を避けました。

  • みんテレ