きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

湖畔の大自然の中で"キャンプ&野外ライブ"復活…ファン&アーティストも大満足 #コロナとどう暮らす

道内経済 コラム・特集
友だち追加

支笏湖畔 美笛キャンプ場で行われた”支笏湖ブルーキャンプ”

 2020年は中止が相次いだ野外音楽ライブですが9月末、支笏湖の自然のなかで復活しました。客もアーティストも待ちに待った音楽の祭典、盛り上がりを見せた秋の一日を追いました。

 人気ロックバンド、MONKEY MAJIK。古内東子さんなど、総勢5組が支笏湖畔で演奏を披露した野外音楽フェスティバル「支笏湖ブルーキャンプ」。北海道内屈指の人気を誇る千歳市の美笛キャンプ場を貸り切り、9月26日からの2日間、400人のキャンパーを集めて開催されました。

 ライブイベントが軒並み中止になるなか、アーティストの生演奏が久々に聞けると、北海道外からかけつけた人もいました。

「ライブは半年ぶり」と語る北海道外からの参加者

 北海道外からの参加者:「ライブは半年ぶりくらい。熱くなりました。熱い」

 イベントの企画・運営は、エイベックス・エンタテインメント。安室奈美恵さんや、浜崎あゆみさんの大ヒットで知られ、今も三浦大知さんなど多数の人気アーティストも手掛けています。

 そんな大手が、地方の音楽イベントに乗り出したのです。

野外ライブを企画したエイベックス・エンタテインメント 渡辺 裕介さん

 エイベックス・エンタテインメント 渡辺 裕介さん:「CDバブル時のようにミリオンセラーが続くというマーケットではなくなっている。我々も音楽を核としつつ、いろいろな場所で社会貢献も含めて、イベント立ち上げようと動いているところです」

 今やCDが売れない時代。そこにライブイベントの企画を持ち掛けたのが千歳市でした。

ライブイベントの企画を持ちかけた千歳市 観光スポーツ部 吉見 章太郎さん

 千歳市 観光スポーツ部 吉見 章太郎さん:「去年まで水質11年間連続日本一だった支笏湖を日本中、世界中に発信したくてこの企画を立てました。地元の人たちが普段、支笏湖を守るために環境活動をしています。ここでの音楽フェスを契機にその取り組みを、綺麗な支笏湖を発信したいと思って、この場所を選びました」

収容人数は半数以下に縮小し開催へこぎつけた

 イベントのテーマは、自然と音楽の調和。ステージ前に席はなく、観客は砂浜や流木に座り音楽に耳を傾けます。

 2年の準備期間を経て、本来は2020年5月に開催の予定でした。しかし3月、新型コロナウイルスの感染拡大で中止が決定したのです。

 感染対策を徹底して開催できないか検討し、入場前の検温はもちろん、本来は1000人以上集める予定だった入場者も、密を避けるために半数以下に減らしました。

  • みんテレ