きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

"核のごみ"10月8日に2町村同時に応募か…知事と神恵内村長は7日会談 寿都町長「私の判断で進める」

社会 道内経済
友だち追加

 核のごみをめぐり、北海道後志地方の寿都町と神恵内村が10月8日、同時に調査に応募する見通しです。

 これを前に鈴木知事が7日神恵内村を訪問し、高橋村長と会談し、「核のごみは受け入れがたい」とする道の条例の順守へ理解を求める予定です。

知事との会談について語る高橋 神恵内村長

 高橋 昌幸 神恵内村長:「(8日は)議会もあるし7日は知事も来るし。(Q:知事との会談は影響があるか?)知事の意向に左右されないと言ったら知事に失礼じゃないですか」

 神恵内村の高橋村長は、10月8日の臨時村議会で、核のごみをめぐる文献調査への応募を求める請願が採択されれば、正式に応募を表明するとみられています。

 高橋 昌幸 神恵内村長:「議会の決定がされてからお話しさせてもらいます。僕が言ったことで(議会が)すごい影響受けるじゃないですか。いろいろなところから一言言うたびにお叱り受けることもあるので」

10月7日午後会談する 鈴木 北海道知事と 高橋 神恵内村長

 これを前に鈴木北海道知事は10月7日午後、高橋村長と会談する予定で、核のごみは「受け入れがたい」とする北海道の条例順守を求めるものとみられています。

国の交付金制度について語る片岡 寿都町長

 一方、同じく10月8日に文献調査への応募を正式表明するとみられる寿都町では。

 参加者:「街の中を歩いていると20億円をもらえばそれで終わりだ、文献調査だけだと」

 片岡 春雄 寿都町長:「国は交付金制度を設けている。(20億円をもらっても)恥ではない」

 町内5つの産業団体との意見交換会を開催。

産業団体との意見交換会の様子:寿都町

 参加者:「我が家では私が賛成で妻が反対。(調査応募で)町の状況も地質も調べて判断できると思っています」

 この日、賛成の声もあがりましたが、やはり多かったのは調査応募に反対する声。特に住民投票を求める発言が相次ぎました。

 片岡 春雄 寿都町長:「この肌感覚がなくなったら町長するべきでない、文献調査についてはしっかり私の判断で進めさせてもらいたい」

 参加者:「1人1人町民の意見はまず聞かないということか、肌感覚というのは」

 片岡 春雄 寿都町長:「賛成の声はこの会場ではさほど上がってないが、直接私のところに来ている」

  • みんテレ