きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

秋サケ漁不振で"北の味覚"がピンチ…ベニザケからカニ、タコ、シマエビまで北海道の「育てる漁業」最前線

道内経済
友だち追加

 サンマに秋サケ…記録的な不漁にあえぐ道内の水産業。

 そんな苦しい現状を変えようと、いま道東で、ある画期的な取り組みが始まっています。キーワードは「育てる漁業」です。

 炭火であぶられ、脂が滴り落ちそうな北海道産の秋サケ。そして、まぶゆい光を放つのが特製のイクラの醤油漬けをご飯が隠れるほどふんだんに載せたイクラ丼です。

 上杉 幸生 記者:「プチプチしてご飯がいくらでも進みます。抜群です」

 釧路市中心部にある飲食店「炉ばた 煉瓦」。この時期、秋サケを使ったメニューは看板商品の一つですが…

 炉ばた 煉瓦 木村 隆志 店長:「魚が獲れないということでキロ単価が上がった。仕入れが例年より高騰している」

 Q.値段への転嫁は?
 木村 隆志 店長:「本当は上げたいですけども、去年と変わらない価格で提供させてもらっている」

 Q.我慢の年?
 木村 隆志 店長:「そうですね」

 秋サケの不漁で旬の味覚が、大ピンチ!

 そんな中、漁業者からの注目を浴びているのがこの筒状の網…。

 いったいコレは何なのでしょうか?

インディアン水車で取れたサケ

 千歳市の千歳川にあるインディアン水車。

 水車を使って採卵用のサケを捕獲する秋の風物詩です。

小樽運河に迷い込んだサケ

 一方、小樽市では…

 本田 祐里佳 記者:「いましたいました!小樽運河に流れ込むこちらの川で、サケが泳いでいます」

 大量のサケが小樽運河に迷い込む珍現象が…
 これは8年ぶりの光景だということです。

 一見、たくさんいるようにも見えるサケ。

 しかし海での秋サケ漁は深刻な不振が続いています。そんな予測がつかない水産業を救う秘策としていま注目を集めているのが…

 「育てる漁業」です。

 根室港で去年から始まった「ベニザケの養殖」。

 海中に設置した筒状の網の中で、ベニザケを育てます。

 ベニザケは基本的には日本沿岸には生息しておらず、ごくわずかしか獲れない高級魚です。

  • みんテレ