きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

"核のごみ"最終処分場 調査応募巡る住民説明会 神恵内村は"比較的前向き"意見も…寿都町の違いとは

政治 道内経済
友だち追加

神恵内村での住民説明会 寿都町との違いも…

 いわゆる「核のごみ」の最終処分場の調査応募を巡る国などの説明会が、北海道後志地方の神恵内村で始まっています。

 同じ後志地方の寿都町で行われた説明会とは雰囲気が異なるようです。

神恵内村での説明会 村民の意見は…

tm5ue]ok d@(4ny pz/ete

 説明会の参加者:「神恵内村はどんどん人口が減っていて将来が心配。文献調査をやるということは、一つの選択だと思う」

 子どもから高齢者まで神恵内村の人口の約15パーセント、131人が出席した26日の住民説明会。

 村議8人と高橋村長が見守る中、村民からは調査応募に"前向き"な発言が相次ぎました。

 参加者:「商工会の提案を、一村民として尊重したい」「小さな村だからできることがあると思う」

 泊原発の隣接自治体として、複雑な思いがうかがえる意見も。

 参加者:「隣の泊村に原発が建っている以上、神恵内村も何か考えないと」「文献調査は受け入れてもいいという、気持ちになっている」

 参加者:「神恵内は電源三法交付金で行政サービスを充実してきた。果実だけもらい"核のごみ"は恩恵を受けていない自治体に、と話にはならない」

国とNUMO、そして村長は

原子力発電環境整備機構(NUMO)による説明

 相次ぐ前向きな意見に原子力発電環境整備機構(NUMO)は、調査開始後の青写真まで示しました。

 原子力発電環境整備機構(NUMO)富森卓部長:「(文献調査が始まれば)地元でいただける情報を得るため(現地に)事務所を構えます」「(処分場の)場所が決まっているのに東京で仕事していもしょうがないので、(NUMOの拠点を)移します」「NUMOに入ってきた職員、特に若手職員は(処分場の)場所が決まれば家族一緒に引っ越してそこで住むという志を持っている人もいる」

 反対意見はほとんどなく、初日の説明会は終わりました。

 高橋昌幸 神恵内村村長:「(核のごみ問題への)一定の理解はされたと思っている」

 経産省 吉村一元調査官:「(村民が核のごみ問題を)積極的に考えられていると感じた」

  • みんテレ