きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

基準値5倍のアルコール検出されても「飲んだのはノンアルコールビールだ」…2度も衝突しタイヤパンクの男

事件・事故 社会
友だち追加

酒に酔った状態で車を運転した自称会社役員の男を逮捕した北海道警豊平署

 札幌市豊平区で8月23日、酒に酔った状態で乗用車を運転したとして、64歳の男が逮捕されました。

 23日午前9時15分ごろ、札幌市豊平区月寒西1条8丁目で、近くに住む住民から「ドンという音が聞こえて外を見たら、乗用車が駐車中の車にぶつかっていた」と110番通報がありました。

 事故を起こした車を運転していたのは、札幌市豊平区に住む、64歳の自称会社役員の男で、酒の匂いがしたためアルコール検査をしたところ、呼気から基準値のおよそ5倍ものアルコールが検出され、道路交通法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕されました。

 警察によりますと、男は駐車中の車にぶつかる直前にも、歩道に乗り上げて電柱に衝突する事故を起こしていて、タイヤはパンクしていたということです。

 調べに対し男は「スーパー銭湯からの帰りで、ノンアルコールビールは飲んだが、アルコールは飲んでいない」などと話しているということです。

 警察は事故に至る状況を詳しく調べています。

  • みんテレ