きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

"核のごみ"最終処分 鈴木知事が「反対」明言 寿都町の調査応募検討に 「概要調査」には道の判断が必要

政治 道内経済 くらし・医療
友だち追加

 後志の寿都町が核のごみの最終処分場の選定に関して調査への応募を検討していることについて、鈴木知事は8月21日、道としての意見を求められた場合には「反対する」と明言しました。

 鈴木直道知事:「文献調査に正式に応募をし、さらに概要調査に移行しようとする場合については、その反対の意見を述べていきたい」

 鈴木知事はこのように述べ、最終処分場の選定プロセスで意見を求められた場合には「反対する」と明言しました。

 寿都町は調査の第1段階にあたる文献調査への応募を検討していますが、第2段階の「概要調査」に進む際には道の判断が必要になります。

 一方、寿都町は住民らの意見を慎重に受け止めたいとし、9月中としていた最終的な判断はずれ込む可能性が出てきました。

  • みんテレ