きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

寿都町長"核のごみ"最終処分場 概要調査にも意欲…道と周辺3町村「慎重に検討を」「風評被害が心配」

政治 道内経済 くらし・医療
友だち追加

 いわゆる「核のごみ」の最終処分場選定に向け調査への応募を検討する後志の寿都町長が第二段階の概要調査にも意欲を示す中、きょう、隣接する自治体が鈴木知事と面談し風評被害などへの懸念を伝えました。

 片岡春雄 寿都町長:「はたしてこの地域は地盤がしっかりしているかどうか地質調査をしてみないとわからない」

 寿都町の片岡春雄町長はいわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定に向けた第2段階にあたる「概要調査」にも意欲を示しました。

 片岡町長はこれまで第1段階にあたる「文献調査」への応募を検討するとし、住民の意見を踏まえて来月にも結論を出したいとしています。

 一方、寿都町と隣接する黒松内町と蘭越町の町長、それに島牧村の村長は20日午後4時から鈴木知事に面会し、住民の不安を知事に伝えたうえで、道も情報収集を行うことなどを求めました。

 金秀行 蘭越町長:「風評被害というものが非常に心配をしています」

 鈴木知事:「寿都町に対してしっかり慎重に検討するよう様々な機会で話したい」

  • みんテレ