きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

北海道網走沖で"33年ぶり商業捕鯨"再開 ミンククジラ2頭を捕獲「長く続けたい」9月末まで18頭目標

社会 道内経済
友だち追加

 北海道東部の網走市沖で、「33年ぶりに商業捕鯨が再開」され、網走港にミンククジラが水揚げされました。

 日本国内の商業捕鯨は2019年から再開され、北海道の網走沖では9月末までに、ミンククジラ18頭を目標に最大で33頭捕獲します。 

 網走沖では調査捕鯨が行われていましたが、商業捕鯨が再開されるのは1987年以来33年ぶりで、2隻の小型捕鯨船が8月17日までに2頭を捕獲しました。

 和歌山県太地町漁業協同組合 〆谷 和豊 参事 :「今後も長く続けていきたいと思っています。せっかくの好漁場ですので、大事に捕りながらいきたいと思います」

 16日に捕獲されたミンククジラは、17日セリにかけられ、北海道内各地に出荷される予定です。

  • みんテレ