きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「ありがたいが来てと言えない」期待と不安入り混じる中"GoTo"開始…屋外テラス席や電子マネー対策も

社会 道内経済
友だち追加

 新型コロナウイルスの感染者が全国で増加するなどの懸念もあるなか、7月22日国の観光支援事業「GoToトラベル」が始まりました。 

 観光地では期待と不安が入り混じる中、観光客を迎え入れる準備を進めています。

 「GoToトラベル」は、打撃を受けた観光業界を政府が支援する事業で、期間中の旅行代金の半額相当分を割引やクーポンなどで補助します。

 一方、感染者が相次ぐ東京都発着の旅行が除外されることが決まっています。 

 キャンペーンを利用する千葉県からの旅行客:「千葉も東京から近いので、気の緩みはない」

 外国人観光客の減少に苦しむ、北海道札幌市の狸小路商店街では…。

 札幌狸小路商店街振興組合 島口 義弘 理事長:「東京が除外というのは大きな痛手でとても残念ですが、北海道の皆さんにも札幌を含め周辺の観光をぜひしてほしい」

 7月22日から感染予防策として屋外のテラス席の営業も始めます。 

 一方、こちらは函館朝市。 

 客と店員との接触を減らすため、市場内で使うことができる電子マネーなどの利用を呼びかけています。

 朝市の店員:「GoToキャンペーンはありがたいと思っていたけど、今感染者が出て(客に)『来てください』とは言えない」「楽しみにしているが、始まったばかりでどうなるかわからない」

 また現金の受け渡しをする「トレイ」を増やし、接触を減らすなど感染対策を講じています。

  • みんテレ