きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

庶民の魚→高級魚?記録的不漁サンマ…初競りで「過去最高値」値札は”1匹5980円”

友だち追加

 記録的不漁の続くサンマの初競りが7月15日朝、北海道釧路市で行われ、1キロ4万円を超える過去最高値となりました。

 店頭では1匹5980円の値段が付き、地元の人を驚かせています。

 十勝の広尾町で7月14日初水揚げされた流し網漁の生サンマ。

 船員:「まだまだ獲れればいいんだけど。期待してやらないとね」

 7月8日の解禁から1週間…異例の遅さでの水揚げとなった生サンマは7月15日朝、釧路の市場に運ばれました。

 サンマは7箱だけでわずか197匹、重さにして約21キロ… 記録的不漁だった2019年の半分以下の量となりました。

 旬の味覚として、例年高値で取引される生サンマですが、2020年は歴史的な不漁を受けて衝撃的な価格に…。

 セリでは1キロ当たり4万1040円。

 これまで最も高かった2018年を5000円以上も更新する過去最高値で落札されました。

 マルサ笹谷商店 専務:「新型コロナで、消費的にはかなり厳しい状態ではあった」「北海道から明るいニュースを届けたいと思って買いました」

 マルサ笹谷商店 専務:「新物サンマ入荷しました~」

 セリの2時間後、落札した店にサンマが…。

 値札はなんと1匹5980円です。

 マルサ笹谷商店 専務:「新物なのでお寿司とかで味わってもらいたい」「太さもあり甘味もあっておいしいと思います」

 別な買い物をしに店を訪れた女性は…。

 買い物客:「値段?見るだけでため息が出る…」

 では、とれたての生サンマはどんな味なのか。

 おすすめの寿司を握ってもらい、味わせて頂きました。

 上杉 幸生 記者:「さっそく食べてみたいと思います。これは脂がすごい乗っていておいしいです」

 落札されたサンマの多くは、7月16日以降、札幌や関東などに出荷されるということです。

  • みんテレ