週間番組表

MENU CLOSE
検索

25歳母親を“殺人容疑”で再逮捕の方針 住宅の庭に赤ちゃんの遺体埋め死体遺棄で逮捕・起訴 胎盤ついたまま生後間もなく死亡「頭に致命傷」 北海道北斗市

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道南部の北斗市で赤ちゃんの遺体を遺棄したとして逮捕されていた母親が、赤ちゃんを殺害した疑いも強まったとして、警察が7月11日にも殺人容疑で再逮捕する方針であることが分かりました。

 この事件は、4月から5月にかけて出産した女の赤ちゃんの遺体を、北斗市の親族の住宅の庭に埋めた死体遺棄の罪で、青森県弘前市の無職 大内流星被告(25)が逮捕・起訴されたものです。

赤ちゃんは胎盤が付いたまま見つかる

赤ちゃんは胎盤が付いたまま見つかる

 捜査関係者によりますと、警察は大内被告が4月下旬、弘前市内の自宅で出産した赤ちゃんを暴行し、殺害した疑いが強まったとして、7月11日にも殺人の疑いで再逮捕する方針であることが分かりました。

 赤ちゃんは胎盤が付いたまま見つかり、頭に致命傷を負い、生後まもなく死亡したとみられています。

 警察は赤ちゃんが死亡した経緯を詳しく調べています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル