週間番組表

MENU CLOSE
検索

北海道【菅井さんの天気予報 7/10(水)】3連休の見通し 天気のカギは“オホーツク海高気圧”vs“梅雨前線”

天気 友だち追加

(菅井貴子気象予報士が解説)午後5時30分現在

◆きょう10日(水)の気温
 釧路は最低気温も18.6℃で、今年一番の蒸し暑い朝となりました。
 日中も、道東で気温が上がり、
 帯広は31.7℃と、真夏日になったほか、
 足寄町、池田町、幕別町も32℃前後まで上がり、暑さが厳しくなりました。
 札幌は28.2℃でしたが、湿度がやや低く、日陰ではしのぎやすくなりました。

◆あす11日(木)の天気・気温
 日本海側は、青空が広がるでしょう。
 上川、空知地方は30℃以上の所が多く、
 前日に比べて、2~3℃高く、暑さが厳しくなりそうです。
 十勝、釧路、根室地方など、太平洋側東部は、雨雲がかかりやすく、
 雨が降ったりやんだりするかもしれません。
 予想雨量は、最大40ミリで、大きな水たまりができるほどです。

◆札幌の10日間予報 11日(木)~20日(土) 
 12日(金)午後は、雨が降りそうです。
 3連休から来週にかけては、晴れ予報が続きますが、
 予報が変わりやすくなっています。
 来週は、気温が30℃以上まで上がり、一層、暑さが厳しくなりそうです。
 今夏も猛暑予報が出ていますので、夏バテをしないように
 今のうちに体力作りもしておきましょう。

◆全道の3連休の見通し
 本州には、梅雨前線が停滞しています。
 北海道の3連休のカギは、梅雨前線にあります。
 13日(土)は、オホーツク海高気圧が出現し、
 梅雨前線の北上をさまたげ、全道的に晴天となります。
 ただ、東部の地域では、気温が上がらず、涼しくなりそうです。
 14日(日)15日(祝・月)、南の太平洋高気圧に刺激された梅雨前線が
 北上の兆しもあります。
 今のところ、14日(日)は、天気の崩れはなさそうですが、
 15日(祝・月)は、梅雨前線の影響を受けると、雨予報に変わる可能性があります。
 連休は後半になるほど、崩れやすくなることを頭に入れておいて下さい。

◆全道の週間予報 11日(木)~17日(水) 
 12日(金)は、日本海側を中心に、雨が降るでしょう。
 13日(土)は、晴れる所が多く、お出かけや行楽にも良さそうです。
 14日(日)15日(祝・月)は、梅雨前線の影響を受けると、雨の降る所がありますので、
 最新の予報に注意をして下さい。
 蒸し暑い空気が流れ込むため、連休後半は、かなり蒸し暑くなるでしょう。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル