週間番組表

MENU CLOSE
検索

<日本最速女子> 高校生レーサー“ドローンにかける青春 ” 「空に飛んでいるような感覚」 リーグ戦で年間女性第1位を獲得 世界選手権に日本代表選手として出場 北海道札幌市

コラム・特集 友だち追加

 次世代のモータースポーツとして注目を集めている「ドローンレース」。

 先日、北海道の由仁町で大会が開かれました。極限のスピードを競うレースに参戦した女子高校生レーサーを追いました。

ドローンをカメラで追うのもやっと…

ドローンをカメラで追うのもやっと…

 F1さながらのモーター音を響かせながら、一瞬で目の前を通り過ぎていくドローン。

 「どこいった?ぜんぜんわからん、うそだろ」(カメラマン)

 カメラで追うのも、やっと!

 カメラマンも思わず笑ってしまうほどの速さで障害物の間をすり抜けていきます。

佐藤姫夏さん16歳

佐藤姫夏さん16歳

 操縦するのは、佐藤姫夏さん16歳、高校2年生です。

 2023年、全国各地で開かれたドローンレースのリーグ戦で、年間女性第1位を獲得。日本最速女子となりました。

 ドローンレースでは専用のゴーグルを着用し、映像を見ながらコントローラーを操作してコースを飛行します。

 「カメラの視点で操縦していると、自分自身が空に飛んでいるような感覚がして爽快感がある感じ」(佐藤姫夏さん)

父の影響で幼いころから興味を持った

父の影響で幼いころから興味を持った

 父・茂貴さんの影響で幼い頃からドローンに興味を持った姫夏さん。小学5年生の時から本格的に競技に参加するようになりました。

 「なんか違うような気がする」(姫夏さん)

 「角度が違うから。やっぱオーバーだから外に当たってるじゃん。だから僕が言っているところでミスる」(父 茂貴さん)

 「うん」(姫夏さん)

 「(普段は)パイロットとか思わないし、娘と趣味でやっているような感じ。大会に行くと僕でも信じられないような集中力を出して、レースで勝ってくる。とんでもない子に育った」(父 茂貴さん)

父からアドバイスも

父からアドバイスも

 毎週末は、茂貴さんやほかの選手と一緒に、早朝から日没まで練習に励みます。

 「(やはり姫夏さんは速い?)バカっ速い。一緒に飛んでいてもあっという間に何回も抜かされるので、別次元」(練習仲間)

 普段は、友人とのおしゃべりが好きな普通の女子高校生。

 ただドローンレースは珍しい競技のため、なかなか友人にも話せなかったといいます。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル