週間番組表

MENU CLOSE
検索

4年で牛66頭を襲い続けた怪物ヒグマ「OSO18」の苦い記憶が残る北海道東部 駆除からわずか10か月“第2のOSO”か…子牛8頭襲撃された牧場でクマから子牛を守るため“金属製の扉”を設置 北海道別海町

事件・事故 友だち追加

 北海道東部の別海町の牧場で子牛8頭がクマに襲われたとみられる被害から1週間。

 5月29日、クマの侵入を防ぐ金属製の扉が設置されました。

 別海町中春別の牧場に新たに設置された高さ2メートルの金属製の扉。

 扉の奥に飼育する子牛をクマから守るのが狙いです。

子牛をクマから守る金属製の扉を設置

子牛をクマから守る金属製の扉を設置

 この牧場では5月21日、子牛4頭が死んでいるのが見つかり、あわせて8頭がクマに襲われたとみられています。

 2019年からの4年間、66頭もの牛を襲い続けた「OSO18」の苦い記憶が残る北海道東部。

 OSOのように被害が拡大したケースもあることも踏まえ、牧場では今後、より対策を強化する方針です。

「OSO18」の苦い記憶が残る

「OSO18」の苦い記憶が残る

 「最低限、建物には入らせないこと。今後、施設周りに侵入できないような電気柵も検討しなければならないと思います」(なかしゅんべつ未来牧場 友貞 義照 専務)

 現場から約2キロ離れた場所では5月22日、クマが目撃されています。

 牧場に箱わなを設置しましたがクマは捕獲されていません。

 町や警察は周辺の牧場にも警戒を呼びかけています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル