週間番組表

MENU CLOSE
検索

「クマかと思って確認に来たら動いていてクマだとわかりすぐ警察に通報した」住宅街で“親子グマ”出没 市が電気柵を設置 札幌市西区

事件・事故 社会 友だち追加

 札幌市西区で5月7日親子とみられるクマ2頭が目撃され、札幌市が電気柵を設置するなど警戒を続けています。

 「黒い影が見えた。クマかと思って確認に来たら動いていてクマだとわかり、すぐ警察に通報しました。怖いの一言です」(目撃者)

 クマが目撃されたのは札幌市西区西野8条10丁目の付近で、5月7日午後6時ごろ、帰宅途中の住民が警察に通報しました。

 クマは2頭で、親子とみられています。

2023年も親子グマの目撃が相次いでいた

2023年も親子グマの目撃が相次いでいた

 現場は住宅街から約100メートルの場所で、2023年も親子グマの目撃が相次いでいました。

 付近の小学校では教師らに見守られながら、子どもたちが登校しました。

電気柵を設置

電気柵を設置

 札幌市が現地調査を行った結果、付近でクマの足跡などが見つかりました。

 電気柵を設置するなどして付近の警戒を強化しています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル