きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 6/16(水)】原因はオホーツク海高気圧…西と東で天気分かれる!

2021年6月16日12:05

(吉井庸二気象予報士が解説)正午現在

道内は、オホーツク海に停滞している高気圧から冷たく湿った空気が流れ込んでいます。
オホーツク海側や太平洋側の沿岸部は、雲も広がりやすく空気はひんやり。
一方、山越えの風が吹く日本海側は晴れて、汗ばむ陽気になりそうです。

◆午前11時40分現在の気温
海風が入る道東を中心に白色の15℃未満の地点が多くなっています。
日本海側は、オレンジ色の20℃以上の地点が多く、札幌は25.1℃となっています。

◆16日午後の天気
根室や函館、室蘭は一日を通して雲が広がりやすくなりそうです。
その他の地域は、晴れる所が多くなります。
ただ、夜は沿岸部を中心に、霧が出やすくなるでしょう。

◆16日の予想最高気温
旭川は27℃、札幌も25℃で、半袖でも過ごせる陽気になります。
一方、紋別や網走、根室は15℃前後で、一枚羽織る物があるとよさそうです。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
金曜日にかけて晴れて、ムシっとした暑さが続きます。
網走も、肌寒さは若干和らぎそうです。
土曜日と日曜日は低気圧の影響で広く雨が降り、雷を伴うおそれもあります。

・太平洋側
20℃前後で過ごしやすい気温が続きます。
朝晩を中心に霧が出やすくなるので、車の運転はご注意下さい。
土日は広い範囲で雨で、風も強まりそうです。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE