きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 12/25(金) あすにかけて大雪注意...年末年始は数年に一度の寒波で毎日大雪か

2020年12月25日12:00

(吉井庸二気象予報士が解説) 正午現在

きょう25日からあす26日にかけて冬将軍が再び道内にやってきます。
日本海側では大雪になるほか、26日午後は沿岸部で、猛吹雪となるおそれがあります。

◆雪雲と風の予想
冬型の気圧配置となって、日本海側に次々と雪雲が流れ込みます。
特に、夜は大雪となっている、岩見沢や上川北部に集中して雪雲が流れ込みやすくなります。

◆予想降雪量(26日朝まで)
南空知と石狩北部で多い所35センチです。
その他も30センチ近い雪が降りそうです。
落雪や除雪中の事故が多くなっています。

◆午後の天気
札幌は夜に再び雪の強まる時間がありそうです。
南空知と道北には雪雲が流れ込み続けます。
圧雪の上に新雪が積もると特に、滑りやすくなります。
落雪と雪崩にご注意ください。

◆予想最高気温
きのう24日より、大幅に気温が下がります。
札幌は、きのうより5℃低い、2℃の予想です。
道北は、日中も氷点下で、凍結に注意が必要です。

◆10日間予報
・日本海側とオホーツク海側
道北は、あさって土曜日まで雪の降りやすいでしょう。
月曜日はいったん雪が弱まりますが、火曜日以降は、毎日、大雪のところがありそうです。
こまめな雪かきが必要です。
また、交通機関にも影響が出るおそれがあります。

・太平洋側
29日から3日間は雪が降りやすく、道東でも雪が積もりそうです。
年末年始は、数年に一度レベルの寒気がやってきます。
寒さが厳しく、水道管の凍結などにご注意ください。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE