きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 7/28(火) 予報士泣かせの天気…予報が難しい理由は!?

2020年7月28日12:00

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

このところ、天気予報が難しい状況で、気象予報士を悩ませています。
特に気温の予想が難しくなっています。

◆気温の予想が難しい!
きのうの札幌、予想最高気温は22℃で、気象会社によっては25℃以上を予想しているところもありましたが、
結果は20.6℃と6月上旬並みの涼しい1日になりました。
さらに、岩見沢も予想より上がらず、20℃に届きませんでした。
これはこの時期として実に17年ぶりの低さだったんです。

難しい理由は冷たい空気です。
現在、北海道は冷たい空気に覆われていますが、日差しは真夏並みの強さです。
そのため、晴れれば一気に気温が上がりますが、くもると涼しいままになってしまうんです。

◆予想最高気温
日本海側は25℃前後まで上がる予想です。
札幌も午後は晴れて26℃まで上がると見ています。
太平洋側は、きょうは20℃を超える所が多いでしょう。

◆午後の天気
日本海側や内陸を中心に晴れるでしょう。
帯広や稚内も午後は日差しがある見込みです。
なお、上川や空知など内陸では、夕立の所がありそうです。
急なザーザー降りの雨にご注意ください。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
あすの午前中は雲が多く、札幌は午後も薄日が差す程度でしょう。
あさってから晴れ間が多くなり、気温も上がっていきます。
金曜日は北見で31℃まで上がり、厳しい暑さとなりそうです。
週末は雲が増えて、蒸し暑くなるでしょう。

・太平洋側
道東はあすも雲が広がるでしょう。
太平洋側はこのところ日照時間が短く、農作物の生育も心配な状況です。
木曜・金曜は貴重な日差しとなりそうです。
金曜日の帯広は真夏日となる予想です。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE