きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

レシピ紹介 レシピ印刷

2018年2月20日(火)

春のお祝い、ひな祭りに「サーモンの昆布じめ手まり寿司」


材料

<手まり寿司約12個分>
サーモン…150g
昆布茶…大さじ1
オクラ…5本
甘酢生姜…50g
白ごま…適量
卵…1個
砂糖…適量
塩…適量
ご飯…1合
寿司酢…大さじ2

作り方

1.サーモンは削ぎ切りにし、昆布茶をしいたバットに並べて、全体に昆布茶をまぶす。

2.<1>をラップし冷蔵庫で10分ほどねかせる。

3.オクラは固めに塩茹でして、ザルに上げ冷まし小口切りに。甘酢生姜は千切りにする。

4.卵は塩と砂糖を適量加えてよく溶き、油を薄くひいたフライパンに流し入れ箸で素早く混ぜ、ポロポロの炒り玉子を作る。

5.熱々のご飯に寿司酢を加えて全体によく混ぜ、オクラ、甘酢生姜、炒り玉子、白ごまを加えて全体によく混ぜる。
*オクラと甘酢生姜は飾り用に少しとっておく。

6.ラップに<2>のサーモン、<5>のご飯をのせ、巾着のように軽くしぼり形を調える。

7.<6>のラップをはずして皿に盛り、オクラ、千切りにした甘酢生姜を飾って完成。