北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


検索

【レバンガ北海道】北海道内小学校に「バスケットボール寄贈」スタート

バスケ 友だち追加

贈呈式後、記念撮影

 バスケットボールBリーグレバンガ北海道が9月14日、札幌市立北九条小学校にバスケットボールを寄贈しました。

 レバンガ北海道は9月14日から、パートナー企業と協力して北海道内の小学校にバスケットボールの寄贈を行う活動をスタート。運動能力向上やスポーツの知識の向上のために活用してもらうことを目的に、パートナー企業とレバンガ北海道のロゴが入ったバスケットボール10球を札幌市立北九条小学校に寄贈しました。贈呈式にはレバンガの折茂武彦代表、マスコットキャラクターのレバード、パートナー企業の株式会社横河システム建築が出席。折茂代表は5・6年生の児童に向けて「バスケットボールはもちろんですが、色々なスポーツに触れてたくさん運動をして健康な体をつくってください」と笑顔で話し、児童を代表した5年生の吉田恵美里さん、6年生の福地皆人くんへボールを渡しました。
 ボールを受け取った福地くんは「たくさんのボールの贈呈ありがとうございます。このボールを使ってこの学校のみんなともっと絆を深めていきたいです。そしてレバンガ北海道のみなさんのようにたくましく成長していきたいです。大事に使います。ありがとうございました」と感謝の気持ちを力強くスピーチ。
 折茂代表は贈呈式を終えて「スポーツを通してこうした活動をもっともっと北海道に広げていきたい。北海道の子供たちは運動をする機会が減り、体力は全国的に見ても低い順位にいる。微力ではあるが我々スポーツチームがこういった活動をすることによって、子どもたちの体力増進、そして笑顔で楽しく毎日過ごせるそんな世の中を目指している。今回はこういった機会をいただけたことに感謝をしています」と話しました。

 レバンガ北海道は今シーズン中に、北海道内全域の小学校を対象におよそ20校、バスケットボールの寄贈を行う予定です。




  • 夢応援塾
  • F-PARK