きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


検索

【ファイターズ】FA権取得の西川、秋吉、大田に来季契約を提示せず 稲葉GM「取得した権利を尊重」

野球 友だち追加

日本ハム・西川遥輝選手

 北海道日本ハムファイターズは11月16日、海外フリーエージェント(FA)資格を取得している西川遥輝選手(29)、国内FA資格を取得している秋吉亮投手(32)、大田泰示選手(31)とFA資格について協議した結果、来年度の契約を提示せず、保留手続きを行わないと発表しました。
 
 2010年のドラフト2位で日本ハムに入団した西川選手は今季、24盗塁をマークし、3年ぶりに最多盗塁者賞のタイトルを獲得。シーズン途中、新たに海外FA権を取得していました。

 一方、国内FA権を取得している秋吉投手と大田選手。秋吉投手は、2018年のオフにヤクルトからトレードで日本ハムに加入。2019年は抑え投手として53試合に登板し、救援陣を支えました。しかし、今季は10試合の登板にとどまっていました。大田選手は、2016年のオフに巨人からトレードで加入。2020年、自身初となるゴールデングラブ賞(外野手)を獲得しました。今季は開幕戦にスタメンで出場したものの、76試合に出場機会を減らしていました。

 日本ハムの稲葉篤紀GM(49)は球団を通じ「3選手と来季以降のプレー環境について協議した結果、選手が取得した権利を尊重し、ノンテンダーとすることを選択しました。選手にとって制約のない状態で、海外を含めた移籍先を選択できることが重要と考えた結果です。昨年も、ノンテンダーの村田透投手と再契約した例があるように、ファイターズとの再契約の可能性を閉ざすものではありません」とコメントしました。 


F-PARK


  • 夢応援塾
  • のりゆきのトークでDEお悩み解決!
  • F-PARK
  • BOSSTALK
  • mem
  • &sauna
  • wecamp
  • 眠くないから金曜は音楽
  • Triangle x Talk
  • おはようのおはなし
  • play北海道
  • UHB公式チャンネル
  • UHB非公式チャンネル
  • SASARU