きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

UHB
RECRUIT

人を知る

INTERVIEWS

技術局 映像ソフト部

杉本 歩基

SUGIMOTO AYUKI

(2021年2月時点の記事です)

UHBでのやりがい

テレビ中継での仕事ではVEを担当しています。各放送機器の調整や設定、設計等をする仕事です。
主に複数台のカメラの色や信号の管理などをしています。その他にはスポーツ中継で使用されているCGテロップ(野球で例えるとBSO)や社内で使用されるネットワークの管理、運用なども担当しています。最近では、YouTubeLiveやSkype等を使用したリモート中継などの配信関連の仕事も担当することが多くなりました。
自分が担当した番組が実際に地上波で流れ放送されたときに、視聴者からSNS等を通して色々な反応がもらえたときにはうれしく感じます。他には、中継や日々の業務の中でちょっとした業務改善のための機械やアプリケーションを作成することがあるのですが、自分で作ったものが実際の中継で使用されていたり、運用されていたり、評価されたときには作ってよかったなと感じます。

UHBを選んだ理由

学生の頃はデザインとITを学んでいたのですが、それにとらわれず広く技術の仕事につきたいなと漠然に考えていました。また、昔から一つのことをとことんやるより、色々なことに手を出して感じることが好きだったので、テレビ業界に興味を持ちました。ただ、テレビ業界での技術の仕事がどんなものがあるのか未知数でしたが、想像できていないことに挑戦するのが面白そうだと感じ入社を決めました。
ローカル局は東京のキー局に比べ、少人数で多種多様な仕事をやっていかなければならないと感じています。ただそれでも仕事に対する質を落とさずに向上させ、引き出しの多い技術というのをもっと身に着けていきたいなと思っています。

関連会社採用情報

UHB GROUP