週間番組表

検索

間近に迫るパリオリンピック 北海道出身の注目選手をピックアップ やり投げに柔道 バトミントン 多様な競技で活躍 スケートボード・パークでは最年少の金メダリストの連覇に期待

スポーツ総合 友だち追加

道内選手の活躍に注目!

 7月26日に開幕するパリ・オリンピック。メダルが期待される主な北海道出身選手たちを紹介します。

■旭川市出身の北口榛花(26) 【陸上・やり投】

旭川市出身の北口榛花(26)

 北海道旭川市出身、陸上・女子やり投の北口榛花。3年前の東京オリンピックではメダルも期待されましたが不本意な結果に。

 パリでの雪辱を誓った北口。2023年の世界選手権では、日本人初となる金メダルを獲得。今度こそパリでは笑顔の金メダルを目指します。

■倶知安町出身の開心那(15) 【スケートボード・パーク】

倶知安町出身の開心那(15)

 倶知安町出身スケートボードパークの開心那。東京オリンピックには史上最年少の12歳で出場。新種目として注目を集めたスケートボードで、日本史上最年少のメダリストとなりました。

 あれから3年、東京オリンピックでは146センチだった身長は、22センチも伸びて168センチになりました。心身ともに成長した開。得意技「ノーズグラインド」で金メダルを狙います。

■美唄市出身の永山竜樹(28) 【柔道男子60kg級】

美唄市出身の永山竜樹(28)

 日本のお家芸、柔道で金メダルの期待がかかるのは男子60kg級代表、美唄市出身の永山竜樹。

 美唄市初のオリンピアンとして地元の熱烈な応援を受けた永山。その持ち味は規格外のパワーです。

 身長156cmと小柄ながらも、この規格外のパワーで豪快な一本を取りに行く柔道。この階級では金メダルの最有力候補です。

■芽室町出身の永原和可那(28)と札幌市出身の松本麻佑(28) 【バドミントン・女子ダブルス】

芽室町出身の永原和可那(28)と札幌市出身の松本麻佑(28)

 バドミントン女子ダブルス代表「ナガマツペア」こと芽室町出身の永原和可那と、札幌市出身の松本麻佑。

 金メダル候補として挑んだ前回の東京オリンピックでは準々決勝で韓国に破れ、涙を飲んだナガマツペア。3年前の忘れ物を取りにパリ五輪へ挑みます。

■岩見沢市出身の東野有紗(27) 【バドミントン混合ダブルス】

岩見沢市出身の東野有紗(27)

 史上初めてオリンピックで銅メダルを獲得した、バドミントン混合ダブルス「ワタガシペア」こと、岩見沢市出身の東野有紗と渡辺勇大。

 互いを「家族のような存在」と語る息ぴったりのコンビ、狙うは頂点です。

■江別市出身の山本智大(29) 【バレーボール男子】

江別市出身の山本智大(29)

 バレーボール男子日本代表からは江別市出身の山本智大。守備を専門とするリベロがポジションの山本は、どんな球でも拾い続ける日本代表に欠かせない「落とさない男」です。

 身長171cmの山本は巨人たちが集う競技の中で小柄ではありますが、コートの中で躍動する姿はひと際目立ちます。現在 日本は世界ランク2位! 1972年のミュンヘン大会以来52年ぶりのメダル獲得が期待されています。




  • 北海道meijiカップ
  • 夢応援塾