北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


検索

さっぽろ雪まつり コロナ禍を乗り越え4年ぶり“全面開催”…飲食も復活にぎわい戻る “運転手不足”でシャトルバスの運行に影響も

道内経済 スポーツ総合 友だち追加

 4年ぶりの全面開催となった「2024さっぽろ雪まつり」。

 札幌市中央区の大通会場には個性豊かな大雪像が登場しました。

大通り会場

 4丁目会場は「ゴールデンカムイ」と民族共生象徴空間「ウポポイ」がコラボした大雪像です。

 「形までこだわって、しかも頑丈」「すごくかたくて『すごいな』って思った」「楽しかったね」(来場した子ども)

 5丁目会場には札幌競馬場を舞台に「栄光を目指し駆けるサラブレッド」の雪像が。

 夜になるとさらに魅力が増します。

 プロジェクションマッピングで、四季を過ごし成長を遂げレース場を駆け抜けるサラブレッドが描かれます。

 8丁目会場では1952年まで使われていた三代目札幌駅の駅舎を再現。

 きらびやかな光の演出も。

 そして、市民が手作りで参加する市民雪像はバラエティ豊かな78基が勢ぞろいしました。

大谷選手の雪像

 「大谷翔平選手とデコピン」のほか、海外で活躍した「とにかく明るい安村」さんや、大人気の「ちいかわ」などの雪像を、外国人観光客がこぞって写真に撮っていました。

 「おいしい!」(来場した子ども)

 「雪まつりは初めて来た。寒い中で熱々のものを食べるのはすごく楽しい」(来場客)

飲食店も大にぎわい

 コロナ禍で見送られていた会場内での飲食も復活。

 4丁目会場ではまるで屋台のように食材が並び、大勢の観光客でにぎわっています。

 さらに、家族連れに人気の会場も4年ぶりに復活しました。

大規模なウィンターアトラクション

 親子で楽しめるウインターアトラクションが人気の札幌市東区「つどーむ会場」です。

 「暑い。寒いのに暑い」(来場した子ども)

 「これだけ自由に遊べる場所がないから助かる」(来場客)

 にぎわいを見せる各会場ですが、このような変化も。

 例年「大通会場」と「つどーむ会場」を結ぶシャトルバスが、1日約20往復していました。

雪まつりにも運転手不足の影響が…

 しかし、運転手不足により地下鉄「栄町駅」と「つどーむ会場」の間を結ぶバスのみとなりました。

 実行委員会は「さっぽろ雪まつり」の来場者数を、コロナ禍前の200万人を超えると予想しています。




  • 北海道meijiカップ
  • 夢応援塾
  • F-PARK