北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


検索

【ファイターズ】郡拓也がプロ6年目で初アーチも“監督代行の代行”木田優夫ファーム監督白星ならず

野球 友だち追加

郡拓也選手

 現役時代に負傷した先発投手に代わって“スクランブル登板”の経験もある北海道日本ハムファイターズの木田優夫ファーム監督(53)が7月21日、指揮官としても“スクランブル登板”となりました。

 BIGBOSS新庄剛志監督(50)の新型コロナウイルス陽性判定を受けて監督代行を務めていた山田勝彦バッテリーコーチ(53)も陽性が判明。さらにこの日は中軸を打ちサードを守ってきた野村佑希選手(22)が発熱で欠場(22日に陽性と判明)。

 “監督の代行の代行”として木田ファーム監督が指揮を執るファイターズはスターティングメンバーとしてプロ初の4番にレフト今川優馬選手(25)が入り、捕手登録の郡拓也選手(24)がサードを守ります。

 陽性者が続出し苦境に立たされるファイターズは0対0で迎えた5回、1死1塁で郡拓也選手(24)に打順が回ります。「迷っても、考えすぎても打てないので、無心で打席に入った」という郡選手の当たりはレフトスタンドに突き刺さる先制弾。6年目の郡選手が放ったプロ初ホームランでファイターズが2点を先制します。

 しかし、6回。ここまで無失点ピッチングを続けてきたコディ・ポンセ投手(28)がバファローズ吉田正尚選手(29)に2夜連続となるアーチを浴び同点とされると、その後、走者2塁3塁のピンチを招きます。

 それでも代わった井口和朋投手(28)がバファローズ紅林弘太郎選手(20)を内野ゴロに打ち取りピンチ脱出かと思われました。ところがここで“サード”郡選手がホームへ痛恨の悪送球。守備の綻びで2点のリードを許します。

 追いかけるファイターズは8回、近藤健介選手(28)のタイムリー内野安打で1点差に詰め寄ります。尚も1死2塁1塁と一打逆転のチャンスで打席には“4番”今川優馬選手(25)を迎えます。初の大役でチームの苦境を跳ね返したいところでしたが、相手“守備位置”の好プレーもありあえなくダブルプレー。追いつくことができなかったファイターズはこれで5連敗、緊急事態は続きます。

 ◆7月21日(木) 京セラドーム大阪
 日本ハム  000 020 010 | 3
 オリックス 000 004 00× | 4

 【勝】 黒木(2勝2敗1S) 【S】 平野佳(2勝2敗25S) 【敗】 ポンセ(1勝2敗) 【本塁打】郡 1号 吉田正 11号


F-PARK


  • 夢応援塾
  • 北海道マラソン2022
  • F-PARK
  • KEIBAプレミア