北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


検索

【コンサドーレ】ルヴァンカップ8強逃す…青木亮太「自分たちのペースの時にどう崩すかが課題」

サッカー 友だち追加

試合後にインタビューを受ける青木亮太選手

 サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌は6月11日、JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦をアウェイのエディオンスタジアム広島でサンフレッチェ広島と対戦しました。

 3点差以上の勝利がベスト8進出に絶対条件のコンサドーレは前半34分、MF西大伍選手(34)のクロスボールを胸で受けたMF青木亮太選手(26)が右足でボレーシュート。「落ち着いてプレーができた」というゴールで先制点を挙げます。

 勢いに乗るコンサドーレは前半アディショナルタイム。西選手のクロスボールにMF金子拓郎選手(24)とMF深井一希選手(27)がゴール前で飛び込みますがここは惜しくもサンフレッチェの堅守に阻まれます。

 その後もサンフレッチェゴールに迫りますが追加点を奪えず、試合終了間際の後半42分に失点を喫したコンサドーレ、1対1の引き分けに終わり4年連続のベスト8進出はなりませんでした。

 ◆青木亮太選手の話

 「逆転してプライムステージに行きたかった。前半1点とれてちょっとチャンスが見えてきたかなと思いながらやっていたが、少し後半体力的にも落ちてきていて、前の方までいける回数が少なかったし、人数がかけられないところがあった。そこはもうちょっと前半みたいに(相手を)押し込めたら良かった。自分たちのリズムでやれているところは最近、良くなってきたと思う。後半若干落ち気味になってしまうことはあるが自分たちのペースでやれている時にどう崩していくのかというところは、札幌が自分たちのリズムで出来ている分、これからの課題になると思う。(ゴールは)これからも続けていきたい。リーグ戦も天皇杯もあるのでそこでしっかりと得点が出来るように意識してやっていきたい」。

 ◆コンサドーレ・次戦日程
 6月18日(土)19:00~神奈川県・等々力陸上競技場
 明治安田生命J1リーグ第17節
 vs 川崎フロンターレ




  • 夢応援塾
  • 北海道マラソン2022
  • F-PARK
  • KEIBAプレミア