北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


検索

【カーリング】ロコ・ソラーレ初黒星…日本選手権4日目

スポーツ総合 友だち追加

ロコ・ソラーレの藤澤五月選手 (C) JCA IDE

 日本カーリング選手権4日目(5月25日、北見市・アドヴィックス常呂カーリグホール)は予選リーグが行われ、女子では前年優勝のフォルティウス(当時・北海道銀行)と北京五輪銀メダルのロコ・ソラーレが対戦しました。

 フォルティウス 20111 01013 | 10
 ロコ・ソラーレ 01000 10200 | 4

 ラウンドロビン(予選リーグ)最大の注目カードは接戦が予想されましたがロコ・ソラーレが立ち上がりから躓きます。

 第1エンド、藤澤五月選手のラストショットが僅かにオーバー。有利な後攻で2失点のスタートとなりました。

 第2エンドはヒットステイで2点を狙いましたが、シューター(投げた石)がピールアウトし1点止まり。

 先攻の第3エンドは相手得点を1点に抑えましたが、後攻となった第4エンドの最後に投じたドローショットは第1エンドとは逆に短くなりました。

 第5エンドも連続失点し前半を終えて5対1と大量リードを許します。

 厳しい表情を見せた“もぐもぐタイム”でアイスの状態とショットの選択を再確認したロコ・ソラーレ、「このビハインドの中で苦しい状態でも自分たちがカムバックできるかという挑戦の意味」を込めて後半に臨みます。

 ロコ・ソラーレ藤澤選手、フォルティウスの吉村紗也香選手が試合後、揃ってカギとなったと振り返った第6エンドは、ロコ・ソラーレが大量得点の形を作っていきますが、フォルティウスも巧みなストーン配置と好ショットで応戦。厳しいショットを強いられた藤澤選手のラストロックも不発に終わり1点のみ。

 3点差を追った最終エンドも藤澤選手が弾いたストーンは無常にも狙いのところには飛ばず最後も3失点。北京五輪代表決定戦以来の対決はフォルティウスが快勝。ここまで無敗のロコ・ソラーレ、今大会初黒星です。




  • 夢応援塾
  • 北海道マラソン2022
  • F-PARK
  • KEIBAプレミア