北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


検索

【スキージャンプ】小林陵侑が充実のシーズンを報告…北京五輪金メダリストの誓い

スポーツ総合 友だち追加

 2月の北京五輪で金、銀2つのメダルを獲得したノルディックスキージャンプ男子の小林陵侑選手が4月12日、所属する土屋ホームで開かれたシーズン報告会に出席し、充実のシーズンを振り返るとともに来季への抱負を語りました。

 12日、午前。札幌市内ー

 北京オリンピックで金メダルを獲得し、ワールドカップ(W杯)では2度目となる総合優勝を果たした小林陵侑選手はスーツ姿で少し緊張した面持ちで会見に臨みました。

 小林陵侑選手:

 「おはようございます。…(間)…何を言おうとしたんだっけ…」

 “ぶっ飛んでいきましょう”をキャッチフレーズにしている陵侑選手、このときは会見冒頭のスピーチの言葉が“飛んで”しまったよう。

 ジャンプに不利な追い風や予期せぬ横風にも態勢を立て直すテクニックをもつ陵侑選手、スピーチや質疑応答も立て直し、充実したシーズンを振り返り、応援に感謝の言葉を続けます。

 「こういう結果を得て喜んでくれるみんながいるので、また来シーズンからも、まずは1勝目指して頑張ります」。

 師匠、葛西紀明選手兼監督からはW杯通算最多勝(53勝)を目標に設定するよう命じられ、モチベーションアップに本人もそこに目標を設定しましたが、目指すは直面する1つの試合、1つの勝利という姿勢は変わりません。

 同日、午後。札幌市役所ー。

 午後には札幌市を表敬訪問。北京オリンピックのメダル獲得、そして、ワールドカップ総合優勝を称えて秋元市長からトロフィーを授与されました。

 2030年の冬季五輪、招致を目指す札幌。2030年について聞かれると。

 小林陵侑選手:

 「活躍できるといい…まだ先なので、鮮明には」と正直なコメント。

 力を込めたのはー。

 「来シーズンこそは札幌のW杯でビッグジャンプを見せられるように頑張ります!」

 毎年1月に開催されてきたW杯札幌大会は、ここ2年コロナ禍で中止になっています。五輪金メダリストの願いは、ジャンプの盛り上がりと地元ファンの前でビッグジャンプを披露することのようです。




  • 夢応援塾
  • 北海道マラソン2022
  • F-PARK