北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


検索

【バレーボール】引退の越川と共にV1へ 「(優さんのこと)めちゃくちゃ嫌いでした」

スポーツ総合 友だち追加

後藤選手「去年より強い!と確信をもって言える」

UHBの取材に応える後藤万澄選手

 日本初のプロバレーボールチームとして2016年10 月に誕生した北海道旭川を拠点とする「ヴォレアス北海道」。

 創設から約6年。悲願のV1昇格へ。運命のV1・V2入替戦が4月9日(土)、10日(日)に神奈川県小田原市で開催されます。

 入替戦に向けてヴォレアス北海道大好きスタッフが“大会直前カウントダウン企画”として選手を直撃、悲願達成に挑む選手たちの声を紹介していきます!

第2回は昨シーズン大同特殊鋼レッドスターから移籍してきた後藤万澄(ごとう・ますみ)選手

年齢:25歳 ポジション:ミドルブロッカー 身長体重:193cm/75kg 出身地 山形県山形市 略歴:米沢中央高校→仙台大学→大同特殊鋼レッドスター 一口メモ:小学3年から野球に打ち込み大学からの推薦もきていた。バレーボールを本格的に始めたのは大学生になってから。

 Q.メンバーが大きく変わり迎えた今シーズン、見事V2初優勝!レギュラーシーズンを終えてチームの手ごたえは?

 後藤選手:
「やっぱり雰囲気から全然違いますし、去年より強いチームだな!というのは確信をもって言えますね。」

 Q.佐々木選手も雰囲気が良くなったと言っていました。そんなに違いますか?

 後藤選手:
「全然違いますね。僕がコートに立っていてすごく感じるのは“若手は若手の味を出せる”“ベテランはベテランの味を出せる”ベテラン勢がしっかりしているから僕ら若手が好きに出来るんですよね。V1・V2含め色々なチームと戦ってきましたけど、本当にV1のチームとあたっても全然引かない。(越川)優さんだったり(渡辺)俊介さんだったりあの人たちがどっしり構えてくれているおかげで僕らも対等になって戦えていると思っています。」

去年の入替戦はケガ「第1戦はスタンドから応援 メンバーにも入れなかった」

 Q.今シーズンのチームの変化というのは技術的な部分より精神的な部分が大きい?

 後藤選手:
「技術的な部分ももちろんあります。去年から比べてミドルが僕と柏田(V1サントリーサンバーズからレンタル移籍)になりましたよね。エド・クラインHCのミドルの評価基準が ブロック→サーブ→スパイク なんですよ。僕と柏田がブロックとサーブを武器にしていて、昨シーズンは「ミドルが穴だ」と相手から言われて悔しい思いをした。そこを埋められている自信もあります。」

 ※ヴォレアス北海道 V2チームランキング
ブロック決定本数261得点 1位
ブロック決定本数(1セットあたり)2.90 1位
サーブ得点133得点    1位
サーブ効果率8.0      1位

 Q.後藤選手は昨年2月の練習中に右足第5中足骨を骨折。昨年の入替戦は出場できませんでした。ベンチから見ていた入替戦はどのように映っていましたか?

 後藤選手:
「第2戦はベンチからだったんですけど、第1戦はスタンドからでメンバーにも入れなかった。治りかけで調整が間に合わなくてチームの力にはなれなかった。」
※昨年入替戦は2021年4月3日・4日開催だったがコロナの影響で一旦中止。改めて日程調整を行い5月4日・5日に開催された。

 後藤選手:
「(V1と)実力の差は見ていてそこまで感じなかったんですけど「経験値の差」はすごくあるなと思っていました。相手は外国人選手を中心に攻めてくるので、高さでやられていたなという印象。V1のチームはひとつのミスも許さないギリギリの試合を何回も何回も経験してきている。なのでそこの経験値の差は感じました。」




  • 夢応援塾
  • F-PARK