北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


検索

【カーリング】ロコ・ソラーレ最大のピンチは…コロナ禍で「1回ガクンと来た」世界選手権&海外遠征中止

スポーツ総合 友だち追加

北京五輪出場権を獲得したロコ・ソラーレの選手たち (C) WCF Steve Seixeiro

 開幕まで1か月を切った北京五輪。カーリング女子日本代表に内定しているロコ・ソラーレは土壇場、崖っぷちの連続から、2021年12月に行われた世界最終予選でチームとして2度目となる五輪出場権獲得を決めました。

 涙を流しながら喜んだ彼女たちー。

 ロコ・ソラーレフィーバーに沸いた4年前から成長を遂げたロコ・ソラーレメンバーの言葉でここまでの道のりを振り返ります。

 ◆藤澤五月選手/スキップ

 「2020年プリンスジョージでの世界選手権が中止になって、そこで1回ガクンと来た。(そこが)最大のピンチだったかなと思います。精神的に結構きたので、それが結構つらかったです」。

 この4年間で最大のピンチは?と質問された藤澤選手は“2020年の世界選手権が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったこと”をあげました。

 2020年の日本選手権を制し、北京五輪出場権獲得へ万全の調整を行い現地カナダ入りしていたロコ・ソラーレでしたがプレーすることができませんでした。中止の知らせは大会前日に聞かされました。

 さらに、毎年秋に行っていた海外遠征もコロナ禍で中止にー。

 世界中に新型感染症の不安と苦しみが広がり、スポーツ界も暗いムードに覆われていった当時は心境を吐き出すこともできませんでした。そんな中でも笑顔の常呂っ子は明るい光を見出そうとしていました。藤澤選手は続けました。

 「私たち自身も緊急事態宣言で会えない時期もあった。日本でできることはなんだろう北海道できることはなんだろう。北見でできることはなんだろうという風に、できることを常に話し合うようにした。前向きに取り組めたことが良かった。日本のアイスでしか取り組めないことを見つけクリアできた。その時はピンチだったが、逆にチャンスにできたことが良かった」

 ◆鈴木夕湖選手/セカンド

 「海外遠征に行ってなかったのはすごく(強化にダメージが)大きかったが、(その分)基礎的なことを“今までの人生の中で一番やった”くらいやって、1年間、基礎練習ができたことが結果的に私には良かった」

 銅メダリストのロコ・ソラーレですが、この2021年は“負け”の歴史でもありました。

 2月の日本選手権で北海道銀行フォルティウスに敗れ、日本一の座を奪われると、9月に行われた日本代表決定戦では初戦、2戦目とよもやの2連敗。北京へ崖っぷちに立たされることになりました。

 そんな時、彼女たちはチーム内で弱さをあえて見せることをしたと言います。

 ◆吉田知那美選手/サード

 「私自身も氷の上で不安に思っていることを自分だけで思って空回りすることも多く、口に出して言ってみるようにしました。1人で抱え込まず、1人でトラブルにならず、1人で落ち込まず、1人で落ちていかず、ということがチームとして大事なことだと4年間で思いました」

 敗戦はチームの結束をより強くしました。ロコ・ソラーレの代表理事を務め現在は客観的な立場でチームを見守る本橋麻里選手はロコ・ソラーレの変化をこう感じとっています。

 ◆本橋麻里選手(一般社団法人ロコ・ソラーレ 代表理事)

 「どこか小さなことを変えるというのを見つけるのすら大変になってくる。20代前半と30代にかけては女性の体は変わってくる。その変化とも向き合っている。(2月の日本選手権で)負けた時に心底悔しかった、どんなところで負けるよりも悔しかった(というのが痛いほどわかった)。そこから這い上がると決めてやっていった。目標を掲げてそれに突き進むエネルギーが(ロコ・ソラーレは)とてつもない」。

 ロコ・ソラーレにとって2回目となる五輪。北京五輪1次リーグ初戦は2月10日、相手は世界ランキング1位、平昌五輪金メダルのスウェーデンです。

 ◆藤澤五月選手/スキップ

 「4年前と違って私たちの実力も上がっている。五輪に出場するチーム、全部のチームが良いチームだと思うが、私たちは全てのチームに勝ったことがあるくらいの実力にはなっている。その場を楽しんで、最高のパフォーマンスをすることが今後の課題」。

 ◆北京五輪カーリング女子日本代表1次リーグ日程(日本時間)

2月10日 午前10時5分 スウェーデン(世界ランキング1位)
2月11日 午後3時5分 カナダ( 〃 5位)
2月12日 午前10時5分 デンマーク( 〃 10位)
2月12日 午後9時5分 ROC(ロシア・オリンピック委員会)( 〃 4位)
2月14日 午前10時5分 中国( 〃 9位)
2月14日 午後9時5分 韓国( 〃 3位)
2月15日 午後3時5分 イギリス( 〃 8位)
2月16日 午後9時5分 アメリカ( 〃 6位)
2月17日 午後3時5分 スイス( 〃 2位)
※日本は世界ランキング7位




  • 夢応援塾
  • F-PARK