北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


検索

【コンサドーレ】鳥栖に敗戦も…来日初ゴール目指すFWミラン トゥチッチがポストプレーでチャンス創出

サッカー 友だち追加

ホーム最終戦でのゴールに期待がかかるトゥチッチ選手

 サッカーJ1で12位につける北海道コンサドーレ札幌は11月20日(土)、佐賀県の駅前不動産スタジアムで7位のサガン鳥栖と対戦し0-1で敗れました。

 明治安田生命J1リーグ第36節、コンサドーレは前半38分。自陣でパスを奪われ失点。無得点で前半を折り返すと、後半開始からMF深井一希選手(26)と交代で、スロベニア出身FWのミラン トゥチッチ選手(25)を投入し攻勢に出ます。

 トゥチッチ選手は後半5分に利き足の左足でシュートを放ったほか、前線で幾度もポストプレーを見せチャンスを創出。後半23分にはMF青木亮太選手(25)が放ったシュートの起点になるなど、周囲との連携の深化を感じさせました。試合は最後まで得点を奪うことができず、無得点での敗戦となりましたが、トゥチッチ選手がピッチ上に投入された後半だけでコンサドーレはシュート11本(前半は4本)と攻撃は活性化されました。

 8月のコンサドーレ加入以降、未だゴールのないトゥチッチ選手ですが「サポーターが札幌ドームから笑顔で帰れるようなプレーをしたい」と意気込みを語り、ホーム最終戦(vs柏)での来日初ゴールが期待されます。

【J1第36節】
サガン鳥栖(7位) 1-0 北海道コンサドーレ札幌(12位)
得点:前半38分 樋口雄太(鳥栖)

【今後の日程】
〇11月27日(土)
第37節 vs柏レイソル(14時・札幌ドーム)
〇12月4日(土)
最終節 vs横浜FC(14時・ニッパツ三ツ沢球技場)




  • 夢応援塾
  • 北海道マラソン2022
  • F-PARK
  • KEIBAプレミア