きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

検索

【なでしこジャパン】DF熊谷紗希 ウクライナ戦「もっと良くしないと本大会は勝てない」

サッカー 友だち追加

なでしこジャパン・DF熊谷紗希主将

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は6月10日、国際親善試合のウクライナ戦(広島・Eスタ)を戦い8対0で勝利しました。

 2020年3月の米国戦以来の代表戦となった北海道札幌出身の熊谷紗希選手(30 バイエルン・ミュンヘン)はセンターバックで先発出場しました。

 主将として「次に繋がるチャレンジをしよう」と試合前メンバーに伝えたという熊谷選手。時折、訪れるピンチでは体を入れボールを奪うなど、欧州で磨いた体幹の強さを発揮し安定感あるディフェンスを見せます。

 前半35分には自らボールを受けビルドアップ。FW岩渕真奈選手(28)にパスを供給しチャンスを演出するなど攻撃でも輝きを放ちます。

 さらに後半25分、コーナーキックからヘディングシュート。これは惜しくもネットを揺らすことはできませんでしたが、身長171cmの高さを生かしたプレーで存在感を示しました。

 熊谷選手は試合後のインタビューで「たくさん点を取れたことは良かったが、立ち上がりの入り方や球際の戦いはもっともっと良くしていかないと本大会は勝てない。連携は詰めていきたい」と本大会=東京五輪を見据えました。

 また五輪本番同様、中2日の日程で待つ13日のメキシコ戦(栃木)については「できなかったことをしっかり修正したい。中2日で移動もあるが本戦を意識し自分たちで(試合を)コントロールしてやっていきたい」とコメントしました。




  • 夢応援塾
  • スポ魂宣言UHB
  • のりゆきのトークでDEお悩み解決!
  • KEIBAプレミア
  • F-PARK
  • &sauna
  • wecamp
  • ふみカフェ
  • play北海道
  • UHB公式チャンネル
  • UHB非公式チャンネル