きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

検索

【ファイターズ】王柏融が連夜のアーチ&ドラ1ルーキー伊藤大海 G打線相手に圧巻の投球

野球 友だち追加

6月6日 巨人相手に勝利した伊藤大海投手

 6月5日(土)のジャイアンツ戦、2連敗中のファイターズは1点を追う7回。1アウト1塁で打席には王柏融選手(27)がジャイアンツ先発・戸郷投手(21)のストレートを振り抜きます。打球はライトスタンドへ一直線。チームとしては29イニングぶりの得点となる起死回生の逆転2ランで試合ひっくり返します。

 さらに満塁の場面でベンチは代打で高濱裕仁選手(24)を起用。するとレフトスタンドへ飛び込む満塁ホームランを放ち、この回一挙6得点。逆転勝ちのファイターズが連敗を2で止めました。

 そして6日(日)の一戦は、カード勝ち越しをかけてドラフト1位ルーキー伊藤大海投手(23)が先発しました。立ち上がりから威力抜群のストレートに加え、多彩な変化球を操りジャイアンツ打線を寄せ付けません。すると打線は2回。先頭の王柏融選手がジャイアンツ先発・菅野智之投手(31)の変化球を捉え、レフトスタンドへ飛び込む2試合連発の5号ソロホームランでリードを広げます。

 打線の援護を受けた伊藤投手ですが4回。2つのフォアボールで自らピンチを招きます。それでもここは小林誠司選手(32)を149キロのストレートで三振に仕留め無失点で凌ぎ、7回1失点7奪三振でマウンドを降ります。

 1点差のまま終盤を迎えたファイターズは8回。1点を追加し、なおもチャンスで中田翔選手(32)。一軍復帰後初となるタイムリーを放ちます。逃げ切ったファイターズが8カードぶりの勝ち越しを決めました。

 7回1失点の好投で3勝目を挙げた伊藤投手は「フォアボールが多かったですが、味方の援護もあり、何とか粘ることができました。まだまだ修正しなければいけない部分もあるので、1試合1試合成長していけるように頑張ります。」とコメントしました。


F-PARK


  • 夢応援塾
  • スポ魂宣言UHB
  • のりゆきのトークでDEお悩み解決!
  • KEIBAプレミア
  • F-PARK
  • &sauna
  • wecamp
  • ふみカフェ
  • play北海道
  • UHB公式チャンネル
  • UHB非公式チャンネル