きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

検索

【ファイターズ】明暗分けた6回の攻防…交流戦未だ連勝なし

野球 友だち追加

北海道日本ハムファイターズの加藤貴之投手

 北海道日本ハムファイターズは6月2日、セ・パ交流戦、広島カープとの2回戦(マツダスタジアム)を行いました。

 スコアボードにゼロが並ぶ投手戦となりましたが6回、明暗が分かれました。

 先攻のファイターズは西川遥輝選手、近藤健介選手の連続安打で、ノーアウト1、3塁のチャンスを迎えましたが、前夜のヒーロー渡邊諒選手がカープ先発野村祐輔投手の渾身のピッチングの前に三振に倒れ、石井一成選手のバントは代わった森浦投手の前に転がり、三塁とホームの間で西川選手が挟まれスクイズ失敗。2アウト3塁2塁とまだチャンスは残されていましたが、決定打は出ませんでした。

 先発の加藤貴之投手は5回まで、ヒット3本に抑えていましたが、6回先頭の9番、堂林翔太選手にこの試合初めての長打となるツーベースヒット、続く菊池涼介選手がセーフティバント。

 “ピンチのあとにチャンスあり”の野球格言ではありませんが、後攻のカープも先攻のファイターズと同じようにノーアウト1、3塁になります。

 「自分で作ったピンチだったので、なんとか乗り切りたいという気持ちで投げた」とい加藤投手は宇草孔基選手のバントに猛ダッシュでマウンドを駆け下り、好フィールディングで三塁ランナーをタッチアウト。続く3番、中村奨成選手を見逃し三振に仕留めます。

 さらに4番、西川龍馬選手も1ボール2ツーストライクと追い込みます。

 カープ4番バッターと今季ファイターズの先発ローテンションを支える活躍を続ける加藤投手の対決は見ごたえ十分でしたが、ファウルで粘られたあとの7球目、遂にレフト線にタイムリーツーベースを運ばれ2失点。

 加藤投手は「粘り切れませんでした。野手陣も粘っていただけに、先に点を取られてしまい悔しい気持ちです」とコメントしました。

 今季の交流戦は3カード目、スワローズ、ドラゴンズ、そして今回のカープともいずれも初戦に勝利しながら2戦目は黒星。6月3日夜、今季交流戦初のカード勝ち越しを狙いファイターズはカープとの3回戦に臨みます。

■加藤投手成績
6回 96球 打者24 安打7 三振5 四球1 死球0 失点・自責点2

F 000 000 000 0
C 000 002 01x 3

勝利投手 C 森浦 大輔 (2勝1敗)
敗戦投手 F 加藤 貴之 (3勝3敗)
セーブ C 栗林 良吏 (0勝0敗11S)


F-PARK


  • 夢応援塾
  • スポ魂宣言UHB
  • のりゆきのトークでDEお悩み解決!
  • KEIBAプレミア
  • F-PARK
  • &sauna
  • wecamp
  • ふみカフェ
  • play北海道
  • UHB公式チャンネル
  • UHB非公式チャンネル