きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

検索

【カーリング】ミックスダブルスも北京五輪出場枠お預け…世界選手権の日本8位内消滅

スポーツ総合 友だち追加

カーリングの世界ミックスダブルス選手権2021日本代表の吉田夕梨花選手と松村雄太選手 (C) JCA IDE

 カーリングのミックスダブルス世界選手権で吉田夕梨花選手と松村雄太選手の日本代表ペアは5月21日、予選リーグの第8戦でイングランドと対戦し7対6の1点差で惜敗しました。

 これで予選リーグの成績は3勝5敗、残りのノルウェー戦に勝って他チームの状況でグループ4位タイとなるケースがあっても対象チームとの直接対戦の成績で及ばずこの大会での五輪枠獲得の可能性が消滅しました。

 日本の北京五輪の道のりは男子、女子、そしてミックスダブルスの3部門とも出場枠は世界最終予選(詳細未定)で獲得を目指すことになりました。

 最終予選に出場する日本代表は男子がコンサドーレ。女子とミックスダブルスは9月の代表決定戦で決まります。

 ◇女子の代表決定戦(9月10日~12日、北海道稚内市)
 北海道銀行とロコ・ソラーレの2チームが出場しベストオブ5という最大5戦し先に3勝したチームを勝者とし代表とします。

 ◇ミックスダブルス日本代表決定戦(9月18日~20日、北海道稚内市)
 吉田夕梨花・松村雄太組、松村千秋・谷田康真組、それに竹田智子・竹田直将組の3チームが総当たり2回戦を経て上位2チームに絞り、予選を含めて対戦で先に3勝したチームが代表に決まります。




  • 夢応援塾
  • スポ魂宣言UHB
  • のりゆきのトークでDEお悩み解決!
  • KEIBAプレミア
  • F-PARK
  • &sauna
  • wecamp
  • ふみカフェ
  • play北海道
  • UHB公式チャンネル
  • UHB非公式チャンネル