きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

検索

【アイスホッケー】レッドイーグルス北海道 スピリットマークは“猛禽類の脚”がモチーフ

スポーツ総合 友だち追加

レッドイーグルス北海道の相木隼斗選手(左)ハリデー慈英選手(右)

 アイスホッケー、アジアリーグでクラブチームとしてスタートした「レッドイーグルス北海道」が5月10日、新ユニホームを発表しました。

 アイスホッケーのレッドイーグルス北海道は北海道苫小牧市を本拠地にしていた王子イーグルスがクラブチームとして4月に生まれ変わりスタートしました。

 新ユニホームはホーム(写真左)がスピリットマーク。アウェー(写真右)はシンボルマークを前面に描いたデザイン。スピリットマークは猛禽類最大の武器である脚をモチーフにしたマークになっています。獲物を仕留める強靭な脚で「勝利」をはじめ「目指すものをしっかりと掴み、決して離さない」という想いが込められています。

 菅原宣宏監督は「新しくスタートするので非常にわくわくしています。前を向いて進むだけなので、みんなで力を合わせて、必ず優勝できるようにやっていきます。クラブチームになったということで、試合以外の活動がいろいろと変わってくることになると思いますが、試合はもちろんのこと、選手・スタッフ全員でそれらの活動もしっかりと行い、地域の皆さん、アイスホッケー界の皆さんに喜んでもらえるような、そんなチームにしていきたいと思います」とコメントしています。




  • 夢応援塾
  • スポ魂宣言UHB
  • のりゆきのトークでDEお悩み解決!
  • KEIBAプレミア
  • F-PARK
  • &sauna
  • wecamp
  • ふみカフェ
  • play北海道
  • UHB公式チャンネル
  • UHB非公式チャンネル