北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送

  • 9/30ご紹介作品

    Netflixコメディシリーズ
    「トークサバイバー!〜トークが面白いと生き残れるドラマ〜」シーズン2

    「トークサバイバー!〜トークが面白いと生き残れるドラマ〜」シーズン2

    ついにシーズン2の配信が10月10日からスタート!「面白くなければ即脱落」というルールの中、ベテランから若手、クセが強く話芸を極めた方々が生き残りをかけた熾烈なトークバトルを展開します。今回は村重杏奈さんや渋谷凪咲さんも参戦、緊張感あふれる中お題に沿ったトークを必死に繰り広げる姿は必見です。またドラマパート序盤の舞台は大病院、爆破シーンやアクションなど、ノブさんが「完全に映画の規模や」と言うほどよりスケールアップしています。ドラマパートを盛り上げるのは豪華俳優陣、城田優さん、本郷奏多さん、大友花恋さん、朝比奈彩さん。さらに近藤芳正さんや高嶋政宏さんなど 実力派キャストたちが勢ぞろいです。

    Netflixの作品ページ
  • 9/23ご紹介作品

    Netflix映画
    『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』

    『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』

    童話と本格ミステリーを融合した大人気小説を原作としたファンタジーであり、コメディであり、ミステリーなんです。誰もが知っている童話の主人公・赤ずきんと探偵ミステリーという斬新な設定が面白く、それを実現したのは、映画『銀魂』や『今日から俺は!!』で実写日本映画年間No.1の興行収入を叩き出した福田雄一監督。福田監督が絶対の信頼を寄せる橋本環奈さんが主人公の赤ずきん、シンデレラを福田組初参加の新木優子さん、王子役を岩田剛典さんが演じています。他にも、佐藤二朗さんはもちろん、ムロツヨシさんや桐谷美玲さんなどドリームキャストが大集結なのも注目です!

    Netflixの作品ページ
  • 9/16ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「GAMERA -Rebirth-」

    「GAMERA -Rebirth-」

    ガメラは1965年に公開された特撮映画『大怪獣ガメラ』に登場する怪獣で、今回初めてアニメーションで描かれます。地球の危機から人々を守る正義の味方で、特に子どもたちの味方であることがポイント。円盤状で回転飛行をするなどユニークなスタイルと、どんな強敵にも立ち向かう勇敢な姿が昭和から平成に至るまで人気を博してきました。今回ガメラが対峙する怪獣は5体、それぞれに強みや武器が異なるのでフォルムや戦い方など特徴に注目してください。戦いも見どころですが子どもたちのストーリーも見逃せません。彼らの大冒険や絆、心の成長なども楽しめますので、ガメラファンもガメラを初めて見るという方も必見です!

    Netflixの作品ページ
  • 9/9ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「いつかの君に」

    「いつかの君に」

    韓国発・時をかける純愛ミステリー。他界した恋人の死を乗り越えられずにいるジュニが、もう一度会いたいと願っていたある日、1998年の世界へタイムスリップ、現在と過去を行き来するようになります。過去の自分ではなく自分と同じ顔をした別人の女子高生ミンジュとして生き、さらに亡き恋人とそっくりな高校生までいて、ジュニは彼との不思議なつながりを感じていきます。注目は今をときめく俳優たちが一人二役を熱演していること。ネットフリックスシリーズ「社内お見合い」での軽快な社長役が記憶に新しいアン・ヒョソプがジュニの亡き恋人と1998年の高校生という年齢に開きのある2役を、またネットフリックスシリーズ「ヴィンチェンツォ」でヒロイン役を演じたチョン・ヨビンが30代のジュニと高校生を見事に演じて分けています。この作品にはミステリー要素もありますのでそちらにも注目してください!

    Netflixの作品ページ
  • 9/2ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ONE PIECE」

    「ONE PIECE」

    ルフィを演じる20歳のメキシコ出身俳優イニャキ・ゴドイさんを原作者の尾田栄一郎さんは「ルフィ役は君以外に想像できない」と絶賛。それに対しイニャキさんは「ルフィを演じられるのは夢のよう。全身全霊を捧げたいと思います」と語っていて、原作への大きなリスペクトを持ってルフィを演じていることがひしひしと伝わってきます。またゾロを演じる新田真剣佑さんにも注目!“世界一の大剣豪”を目指すゾロを演じた新田さんは「ワンピースを読んで育った」と語り、さらに「ゾロは一番好きなキャラ」「刀を持てて光栄だよ」などゾロへのリスペクトを語っています。この作品のために鍛錬した三刀流の見事な殺陣は必見です。

    Netflixの作品ページ
  • 8/26ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「LIGHTHOUSE」

    「LIGHTHOUSE」

    星野源さんとオードリー若林正恭さんが自由気ままに本音で語り、笑いあふれるトークから悩みを照らし出すありそうでなかったトークバラエティです!二人がトークするのは1ヶ月に一度、ベースとなるのは二人が書き溜めた1行日記で、二人が本音を赤裸々に綴っているので毎回楽しみなんです!私は初回に星野さんが披露した「大人になってもストレスが一向に減らない」に共感、クビが痛くなるほどうなずいてしまいました!また若かりし日々の思い出が詰まった高円寺のカフェでは、当時の鬱々とした気持ちをトーク。うって変わって東京タワーの見える1泊200万円のラグジュアリーなホテルでもトーク。場所が変わることでトークの内容が変化する、その化学反応は必見です!

    Netflixの作品ページ
  • 8/19ご紹介作品

    Netflix リアリティシリーズ
    「オオカミちゃんには騙されない」

    「オオカミちゃんには騙されない」

    8月20日にいよいよ最終話の配信がスタートする切なさ大渋滞の恋愛リアリティーショー。女性メンバーの中に恋をしてはいけない”オオカミちゃん”が1人以上いますが、初めから恋が叶わないということを知っていても、それでも叶わぬ恋に突き進んでしまうという切ない思いが最後にどんな結末を迎えるのか?一番の注目ポイントだと思います。男性陣ももしかしたら自分の好きな相手がオオカミちゃんかもしれないと思いながら、それでも覚悟を持って恋愛をしている姿に心を打たれます!またメンバーたちには「恋人たちを彩る日本の絶景」を撮影し世界中の恋人たちに発信するというミッションがあり、その中にはもちろん北海道も。普段なかなか見ることのできない絶景を見られるのもこの作品の魅力の一つです。

    Netflixの作品ページ
  • 8/12ご紹介作品

    Netflix映画
    『ハート・オブ・ストーン』

    『ハート・オブ・ストーン』

    世界を股にかけるスパイアクションムービーです。世界屈指の敏腕スパイ、レイチェル・ストーンを演じるのは、ワンダーウーマン役で知られるガル・ガドット、作品を手がけたのは、映画『ミッション・イン・ポッシブル/デッドレコニング』と『オールド・ガード』の制作チームです。だからこそ、ガル・ガドットの身体能力を駆使したアクションが惜しみなく披露されます。またレイチェルは2つの組織に所属するWスパイ。はじめは、彼女が味方なのか敵なのか分からずに見ている私たちも翻弄されてしまうんです。そんな中次第に黒幕が意外な人物だったことが明らかになっていきます。アクションだけでなく、サスペンス要素も見どころです!

    Netflixの作品ページ
  • 8/5ご紹介作品

    Netflix映画
    『ドリーム 〜狙え、人生逆転ゴール〜』

    『ドリーム 〜狙え、人生逆転ゴール〜』

    2010年に開催されたストリートサッカーの世界大会での実話がモチーフ。毒っ気のきいた笑いとともに、人間味あふれるキャラクターたちが奮闘するスポーツ・エンターテインメント作品です。とはいえ、お涙頂戴ではなく、リアルな現実を見せつつ“頑張ること”の美しさが真っ直ぐに描かれています。主演は「梨泰院クラス」のパク・セロイ役で日本でも大人気のパク・ソジュンと韓国で“国民の妹”と称されるほどの人気を誇る歌姫IU。このトップスター二人の共演で話題なんです。パク・ソジュンが演じる暴行事件を起こしてしまったサッカー選手のユン・ホンデのキュートでユニークなキャラクターは新鮮そのもの!しかも、華麗なサッカーテクニックが見られるので必見です。

    Netflixの作品ページ
  • 7/29ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「セレブリティ」

    「セレブリティ」

    華やかなインフルエンサーたちの世界がリアルに描かれるこの作品の主人公ソ・アリは、平凡な化粧品の訪問販売員。そんな彼女がどのように多くのフォロワーたちを味方につけセレブ界に仲間入りしていったのか、インフルエンサーたちの世界の衝撃的な表と裏、足のひっぱり合いなど、リアルに描かれる世界観が見ている私たちを虜にしていきます。この作品は、視聴者を引きつける要素が満載!第1話から死んでしまったはずのアリがライブ配信をしている様子に驚く視聴者も多いと思います。どういうからくりなのか?ストーリーはどう進んでいくのか?また、アリのSNSにたびたび登場しかき乱す謎のアカウントの驚きの正体など、冒頭からラストまで、たくさんのトラップやサスペンス展開にぜひ注目してください!

    Netflixの作品ページ
  • 7/22ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「キング・ザ・ランド」

    「キング・ザ・ランド」

    夏休みに楽しみたい日本でも人気の高い二人が演じる王道のラブコメです!「2PM」のジュノが作り笑いの苦手なホテル御曹司ウォンを、「少女時代」のユナが笑顔をふりまかなければいけないホテルスタッフのサランを演じています。実はこの二人はこの作品が初共演!ただ、年末に放送されている歌番組で2年連続一緒にMCをつとめ、相性の良いパフォーマンスを見せていて、そんな二人の初共演ということでファン待望の作品なんです。俺様気味で「作り笑い」が苦手、長くコンプレックスを抱えて生きてきたウォンが、サランの自然な笑顔に癒やされ、恋に落ちていく過程は必見!また、あま~いシーンもユニークで笑えるシーンも多くて、キュンキュンが止まらない作品です。

    Netflixの作品ページ
  • 7/15ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「御手洗家、炎上する」

    「御手洗家、炎上する」

    13年前の炎上事件をきっかけに復讐に燃える杏子(あんず)。その相手は父と再婚し美しくも傲慢なセレブ妻へと変貌した、御手洗真希子。注目は強き女性2人の壮絶なバトルです。賢さと芯の強さをあわせ持ち、愛する家族の人生を狂わせた真希子に復讐することだけを考えて生きている杏子に対して、佇まいの凄みが圧倒的な真希子は元シングルマザーで大変な生活を送ってきたからこそ、セレブ妻の地位を死守しようと躍起になっていて、酷な野心家という分かりやすい悪役です。この二人を演じる永野芽郁さんと鈴木京香さんの真に迫る名シーンに目が離せません!リベンジドラマの醍醐味がギュッと詰まってますし、先の読めない展開は中毒性があります。

    Netflixの作品ページ
  • 7/8ご紹介作品

    Netflix映画
    『タイラー・レイク -命の奪還-2』

    『タイラー・レイク -命の奪還-2』

    ネットフリックス映画の週間グローバルTOP10で1位を獲得するなど今注目の作品です。主人公のタイラー・レイクを演じるのは『アベンジャーズ』シリーズのソー役で知られるクリス・ヘムズワース。前作でもスタントなしで演じましたが、今回は更にスケールアップした生身のアクションシーンに挑戦しています。また、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のアンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソといったアクション映画を手がける名クリエイターたちが集結して作品を盛り上げているんです。特に注目すべきは、約20分にわたる長尺ワンカットバトル。走行する列車の上にヘリから敵が降り立ち、それを迎え撃つタイラーとの接近戦をワンカットで映し出しています。その緊迫感もぜひ体感してほしいです!

    Netflixの作品ページ
  • 7/1ご紹介作品

    Netflixリアリティシリーズ
    「オオカミちゃんには騙されない」

    「オオカミちゃんには騙されない」

    13シリーズで累計視聴回数3億回を突破した大人気恋愛リアリティショーがNetflixに登場!今までは高校生たちの恋愛でしたが、22歳から32歳と少し大人な男女の恋愛を楽しめます。メンバーの職業も俳優、モデル、シンガーソングライター、格闘家など多方面で活躍する魅力あふれる男女10名が大集合しているんです。注目ポイントは女性の中に1人以上”恋をしてはいけない”オオカミちゃんが潜んでいること。1人目のオオカミちゃんの正体が1話目で明かされ、見ている私たちは恋ができない彼女が、恋愛ができないゆえに悩む姿やオオカミちゃんだと知らないからこそ好きになっていく男性の姿を見守ることになるので切なさが倍増します!

    Netflixの作品ページ
  • 6/24ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「離婚しようよ」

    「離婚しようよ」

    この作品の注目は、宮藤官九郎さんと大石静さんという、日本のドラマ界を代表するトップランナー二人が共同脚本を手掛けていることです。しかも、ただ分担して執筆しているわけではなく、交換日記のように脚本を書き継いでいく方式が採用されています。例えば、宮藤さんが1シーンから8シーンまで書いたら、次は大石さんが9シーンから12シーンまで書くというよう交互に脚本を書いていったそうです。そして主人公の大志を松坂桃李さん、その妻を仲里依紗さんが演じます。松坂さんといえばスマートな役が多い印象ですが、今回は新境地とも言える世間知らずのお坊ちゃま、どこか憎めない等身大の男性を熱演、仲さんも大志以外の男性との恋に溺れる、ピュアな表情など表現の難しいゆいを演じています。

    Netflixの作品ページ
  • 6/17ご紹介作品

    Netflix映画
    『ザ・マザー: 母という名の暗殺者』

    「ザ・マザー: 母という名の暗殺者」

    愛する娘を命がけで守る主人公の凄腕の殺し屋を演じるはジェニファー・ロペス。幅広い作品へ意欲的に出演していますが、今回は生まれてすぐの娘を手放すことになった母親と、危険な男たちから命を狙われる凄腕の殺し屋という2つの顔を持つ女性を演じています。最も注目するのはスーパーアクション!これまで、コメディ、SF、ヒューマンドラマと様々な作品に出演する彼女の新たな一面を垣間見られます。またタイトルにもありますが、ストーリーの根底にあるのは「母と娘」の物語で、注目すべきは母の強さです。その強さの源になっているのが娘への愛情。娘を何としても守るんだという強い思いがジェニファー・ロペスの演技から伝わってきます!

    Netflixの作品ページ
  • 6/10ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「クイーンメーカー」

    「クイーンメーカー」

    大衆を味方につけてあることないことをでっち上げ、対抗馬を引きずりおろそうとする、勝つためなら手段を選ばない韓国の選挙戦の舞台裏を描いています。投票による民主主義的な手法を取りつつも、実際はお金と権力と頭脳を持つ人だけが当選できる仕組みは刺激的で目が離せなくなります。もうひとつのポイントはストーリーを動かす女性たち!財閥一族のフィクサーだったファン・ドヒと人権派弁護士で市長選に立候補したオ・ギョンスクは、正反対の立場だったものの「ソウル市長になる」という目標のもと、激しく口論をしたり、寄り添いながら怒りや悲しみ、喜びを分かち合い進んでいきます。その姿は大人になってもなお成長できることを感じさせてくれます!

    Netflixの作品ページ
  • 6/3ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「THE DAYS」

    「THE DAYS」

    電力を失い、原子炉が制御不能になってしまった東日本大震災での原発事故。未曾有の危機に私たちも当時混乱しました。そんな中、現場で対応に追われる人々と重大な決断を迫られた日本政府、現場と日本政府の橋渡し役となっていた電力会社の本店、地震発生からの1週間をその3つの視点で描くことにより、緊張感とリアリティたっぷりなドラマに仕上がっています。エンタメというよりも実録に近い事実に基づく作品です。主人公の吉田所長を、先日カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した役所広司さんが演じています。キャスティングはストーリーの中心になる役所さんから声をかけ、その出演が決まったことで役所さんと一緒に仕事がしたいとスムーズにかつ一気に決まったそうです。

    Netflixの作品ページ
  • 5/27ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「クイーン・シャーロット~ブリジャートン家外伝~」

    「クイーン・シャーロット~ブリジャートン家外伝~」

    シーズン2まで配信中の大人気シリーズ「ブリジャートン家」のスピンオフシリーズで、「ブリジャートン家」でも存在感抜群、イギリス王室に嫁いだシャーロット王妃の若かりし日を描いた作品です。滅多に笑顔を見せず、聡明で冷静沈着、貴族たちでさえ怖がる王妃がいかにして形成されたのかがわかります!生まれたときから国王になることを義務付けられ、国民や母からの期待に応えなければという思いがジョージ3世をどんどんむしばんでいきますが、そんな彼のプレッシャーに気がついたシャーロットが手を差し伸べ、支え、一緒に乗り越えていこうと奮闘します。時代や立場に翻弄され、思うように生きられない彼らが険しいイバラの道を進みつつも、愛を育んでいくその過程にグっと来ます。

    Netflixの作品ページ
  • 5/20ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「配達人 ~終末の救世主~」

    「配達人 ~終末の救世主~」

    大気汚染で砂漠化した2071年が舞台、伝説の配達人が組織の陰謀に立ち向かいます。防毒マスクなしでは生き抜くことすら困難な世界で、ライフラインとなる酸素や物資を届けているのが配達人。現実社会を反映する映像化が得意な韓国ドラマだけあって3つの階級にわけられて生まれる格差、外を出歩けなくなる生活など、そのリアルな世界観に感情移入せずにはいられません。そして、そんな世界観で繰り広げられるアクションも見逃せません!主演のキム・ウビンは新韓流四天王のひとりと目される今注目の役者。ネットフリックスの「私たちのブルース」や「相続者たち」など、数々の恋愛ドラマで甘いマスクを活かした爽やかな演技を披露し多くの人を虜にしています!

    Netflixの作品ページ
  • 5/13ご紹介作品

    Netflixリアリティシリーズ
    「あいの里」

    「あいの里」

    35歳以上の男女が古民家で共同生活する大人の恋愛リアリティショー!仕事やスマホからも離れ、古民家をDIYして自給自足の生活を送っていきます。離婚歴のあるメンバーも少なくなく「人生最後の恋」を求め集まっているんです。共同生活の中で勘違いしたり、喧嘩したりしているのがリアルで感情移入してしまうんですが、MCのロンブー淳さんとベッキーさん、このお二人のトークが絶妙なんです。淳さんは思わず感情移入して涙したり、ベッキーさんは視聴者目線で楽しみ、盛り上がってツッコミを入れていきます。何よりも二人の冷静で辛辣で、でも温かい愛情たっぷりの解説に共感すること間違いなしです。

    Netflixの作品ページ
  • 5/6ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「サンクチュアリ -聖域-」

    「サンクチュアリ -聖域-」

    力士たちの修行や真剣勝負、伝統や独特なルールなど「大相撲」の世界をリアルに描いた、まさに「聖域」に挑戦した初のドラマシリーズ。国技館の土俵に上がる本物の力士たちと並んでも遜色のない出演者が何十人も必要なため、一次オーディションを通過した俳優たちは、出演が決定していないにもかかわらず専門医や栄養士のもとで体重を増やし、力士としての稽古に参加する事になったんです。それだけでも前代未聞の一大プロジェクト!この作品で描かれるのは少年が成長する青春物語で、何度も転びながらも起き上がり、周囲を巻き込みながらプロの強い力士へと成長していく過程は、痛快で胸に熱くなるものを感じるはず!

    Netflixの作品ページ
  • 4/29ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ナイト・エージェント」

    「ナイト・エージェント」

    テロ、スパイ、政治に陰謀、様々な要素が複雑に絡み合う骨太な作品です。ホワイトハウスで緊急電話に対応するFBIの新人捜査官ピーターとピーターが偶然電話をとった相手のローズが壮大な陰謀に巻き込まれていきます。警護経験の浅いピーターとスパイ活動なんて縁のなかったローズは突然のことにはじめは逃げ惑ってばかり。ただ、誰も信用出来ないことを悟った二人はピーターの銃の扱いのうまさやローズの天才エンジニアとしての長所を生かして、困難をなんとか乗り越えていきます。そんな二人の目覚ましい成長や関係性の変化も見逃せません!

    Netflixの作品ページ
  • 4/22ご紹介作品

    Netflix映画
    『キル・ボクスン』

    『キル・ボクスン』

    キル・ボクスンを演じるのは演技力に定評のあるチョン・ドヨン。カンヌ国際映画祭で韓国人女優として初の主演女優賞を受賞、韓国でトップを走り続けてきた俳優の一人です。彼女にとって初となる本格的なアクション作品への主演で、本人がほぼ全てのアクションシーンを演じています。そのため、激しいトレーニングで体を鍛え上げたそうです。さまざまな凶器を手に、華麗に舞う彼女のアクションシーンは残酷というよりもほれぼれします。15歳の娘がいるボクスンは、シングルマザーとして奮闘するもののなかなか心を通わせられないんです。とは言え、娘を思い良い人生を歩んで欲しいと願っています。娘に職業をあかせないボクスン、一方で、娘も母親には言えない悩みを抱えていて、二人の関係がどう変化していくのか、ヒューマンドラマ要素も詰まった作品です。

    Netflixの作品ページ
  • 4/15ご紹介作品

    NETFLIXシリーズ
    「君に届け」

    『君に届け』

    原作は2008年の講談社漫画賞の少女部門を受賞し、幅広い方たちを虜にした青春ドラマで、重要なシーンや名シーンは原作に忠実に再現されていてDNAをしっかりと感じられる作品です。フレッシュなキャスティングも魅力!主人公の爽子(さわこ)を演じるのは、月9ドラマ「女神(テミス)の教室」での演技も話題となった南沙良さん、風早(かぜはや)を去年大ヒットしたドラマ「Silent」で目黒蓮さん、川口春奈さんと共に注目を集めた鈴鹿央士さんが演じます。高校生とは思えないほどの落ち着きがあり芯の強い爽子と、風早の穏やかな空気感、うまくいきそうでいかないもどかしさなど、青春を全身で感じられる作品です。

    Netflixの作品ページ
  • 3/25ご紹介作品

    Netflix映画
    『西部戦線異状なし』

    『西部戦線異状なし』

    2023年のアカデミー賞で国際映画賞をはじめ4部門を受賞したこの作品は、監督もキャストもドイツ人。祖国の歴史を再現する物語とあって、その熱量、本気度、気合が痛いほど感じられます。主人公パウル役の俳優はもちろん、兵士役の皆さんは“最前線の戦地で戦う兵士”の撮影に耐え抜くため40キロの荷物を抱えて200mを20回走るなどの過酷なトレーニングを行い、撮影に挑んだそうです。また、本作は「作曲賞」も受賞していて、作中に流れる音楽はストーリー展開を物語っているかのように重厚に響き渡り、心に残るので、ぜひ注目してください。

    Netflixの作品ページ
  • 3/18ご紹介作品

    Netflixコメディシリーズ
    「名アシスト有吉」

    「名アシスト有吉」

    数々の番組でMCを務める有吉弘行さんがアシスタントとして作品を盛り上げるバラエティ。MCはアーティストやスポーツ選手など個性豊かな10組、そこに総勢52名のお笑い芸人が集結し十人十色の企画にチャレンジします。GENERATIONSであれば2代目オーディション、IKKOさんはドキドキクッキング、声優の内田真礼さんはアニメ予告編の生アフレコなど、アシスタントの有吉さんと一緒に作品を盛り上げます。有吉さんから驚きのアシストを受けた芸人さんたちが即座に反応し、必死に打ち返していく姿は臨場感たっぷり!予想のつかない展開にハラハラするエピソードもあって目が離せません!

    Netflixの作品ページ
  • 3/11ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」

    「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」

    主人公のムン・ドンウンが高校生時代に自分をいじめた人物たちに人生をかけた復讐を遂げていく韓国発のサスペンス。「太陽の末裔」「トッケビ」などラブロマンスの名作を多く生み出す脚本家が手がけた復讐劇とあって配信前から話題だったんです!いじめられるシーンは胸が締めつけられそうになりますが、その反面、ドンウンが綿密に計画した復讐の渦に加害者たちが飲み込まれる様は一度見るとやめられないと思います。「太陽の末裔」をはじめ、ラブロマンスのヒロイン役という印象が強いソン・ヘギョが復讐に執着する、まったく笑わない主人公を演じていることも新鮮です!

    Netflixの作品ページ
  • 3/4ご紹介作品

    Netflix映画
    『ウィー・ハブ・ア・ゴースト/屋根裏のアーネスト』

    『ウィー・ハブ・ア・ゴースト/屋根裏のアーネスト』

    屋根裏に住みつく記憶喪失の幽霊アーネストと少年ケヴィンの絆を描くホラーコメディ。ホラーが苦手な人も、ファミリーでも楽しめる作品です。とはいえ、監督は最近ホラー界で話題のクリストファー・ランドン。『ハッピー・デス・デイ』『ザ・スイッチ』などホラー作品を数多く生み出してきた監督が手がけたとあってホラー好きからも注目されています!ただ、登場する幽霊はバーコード頭のおじさんで、演じているのはデヴィッド・ハーバー。「ストレンジャー・シングス」でもぶっきらぼうな割に温かくて優しいキャラとして人気でしたが、今回のキャラクターも思わず抱きしめたくなるような愛おしさがあります。そんなアーネストとケヴィンのやり取りや家族との絆にほっこりすると思います。

    Netflixの作品ページ
  • 2/25ご紹介作品

    Netflix映画
    『ちひろさん』

    『ちひろさん』

    熱狂的な支持を集める漫画がついに映画化!海辺の小さな街にあるお弁当屋さんで働く元風俗嬢の"ちひろさん"は軽やかさの中に深さがあって唯一無二なキャラクター。誰にも媚びず、つかみどころがないけれど、温かくて会いに行きたくなるような存在なんです。演じる有村架純さんの力みすぎない微妙な表現力は、まさに"ちひろさん"のイメージにぴったりです。辛い時でもお腹は空くし、美味しいご飯は辛さを乗り越える源にもなる―作品の中に登場する料理は幸せの玉手箱そのもので、人生における食べることの大切さを教えてくれます。その食を通して人々と交流する姿にも癒やされますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 2/18ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「フィジカル 100」

    「フィジカル 100」

    今、世界で話題沸騰!最強の身体能力を持つ、最強の肉体の持ち主を探すべく企画された究極のサバイバルエンターテインメントです。最後まで勝ち残った1人にだけ与えられる"完璧な肉体”の栄誉をかけて、肉体に自信を持つ老若男女100人が激しいバトルを繰り広げます。その賞金はなんと3億ウォン。クエストと呼ばれる様々な競技で競うのですが、必要となる能力がそれぞれ異なるので勝者が最後まで予測不能なんです。その想像以上の迫力を体感してください!

    Netflixの作品ページ
  • 2/11ご紹介作品

    Netflix映画
    『ユアプレイス、マイプレイス』

    『ユアプレイス、マイプレイス』

    ロサンゼルスとニューヨーク、遠く離れた街でそれぞれ正反対の生活をする親友同士が思いがけないタイミングで互いへの思いに気がつくという大人の一途なラブストーリー。思わず胸が高鳴ってしまう…恋愛感度を高めるにはピッタリな作品です。主人公のデビーを演じるのは『キューティ・ブロンド』など数々のラブコメに出演し「ラブコメの女王」と評されるリース・ウィザースプーン。『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』ではアカデミー賞主演女優賞を受賞した実力派です。そして、ピーターを演じるのはアシュトン・カッチャー。こちらも『ベガスの恋に勝つルール』など多くのラブコメ作品に主演しています。近年は幅広く活躍する二人がラブコメ作品にW主演でカムバックというのはラブコメファンにとっては見逃せません!

    Netflixの作品ページ
  • 2/4ご紹介作品

    Netflix映画
    『ユー・ピープル ~僕らはこんなに違うけど~』

    『ユー・ピープル ~僕らはこんなに違うけど~』

    育ってきた環境も文化的背景も全く異なるカップルが互いの家族を巻き込みながら結婚まで奮闘するラブコメディ。多民族国家のアメリカは、文化や価値観の異なる二人が出会い、結婚するというケースは多いと思います。しかし、その両家がひとつの家族になることは決して簡単ではなく、ましてや人種も信仰する宗教まで違うとしたらなおさら。そんな家族の反発や本人たちの葛藤の描写がとてもリアルです。父親役のエディ・マーフィは『星の王子ニューヨークへ行く』や 『ドクター・ドリトル』シリーズなど長年、数々のハリウッドコメディ作品に出演してきた大スター!登場するだけで作品が面白くなってくるような圧倒的存在感を誇っていますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 1/28ご紹介作品

    「Nike Training Club」

    「高負荷トレーニング」

    「高負荷トレーニング」

    「基礎からはじめるフィットネス」

    「基礎からはじめるフィットネス」

    「ヴィンヤサに恋して」

    「ヴィンヤサに恋して」

    『Nike Training Club』の大きな特徴は、ナイキが認定する世界トップクラスのトレーナーが集結している点。さらに、筋力トレーニングや高負荷トレーニング、ヨガなど軽めからがっつりまで幅広いプログラムが用意されているんです。しかも道具もほとんど必要ないので始めやすい!「基礎からはじめるフィットネス」や「高負荷トレーニング」、「ヴィンヤサに恋して」と題したヨガをテーマにしたトレーニングなど全部で10種類のトレーニングがあります。寒い冬、少しでも体を動かして運動不足を解消しましょう♪

  • 1/21ご紹介作品

    Netflix映画
    『JUNG_E/ジョンイ』

    『JUNG_E/ジョンイ』

    SF大作といえばハリウッド作品を思い浮かべがちですが、韓国発のSFが昨今注目を集めていて、この作品は壮大なスケールに加え骨太なストーリーが展開されるので見ごたえがあります。ロボットとのアクションシーンはスピード感もあって見入ってしまいます!そこに加わる母と娘の絆にもグッときます。人類の新たな移住先、宇宙空間のシェルターでの内戦で勝利を収める伝説の傭兵ジョンイ。母ジョンイの脳を活かし、内戦終結に役立てることだけを考えて、戦闘AIジョンイ開発プロジェクトの研究責任者としてひたすら任務を遂行する娘のソヒョン。その目的を見失ったとき、それまで冷静だった娘が母を思って驚きの行動に出ます。SFサスペンスですがヒューマンドラマ要素も強く心動かされるシーンが多い新感覚の作品です。

    Netflixの作品ページ
  • 1/14ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「舞妓さんちのまかないさん」

    「舞妓さんちのまかないさん」

    祇園を舞台に「まかないさん」と「舞妓」のおいしく、美しい日々が描かれます。『万引き家族』でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督が総合演出を務め、大人気コミックを実写ドラマ化!W主演の森七菜さん、出口夏希さんに加え、松坂慶子さんなど豪華キャストが顔を揃えています。泣いたり、笑ったり、悔しがったり…舞妓や芸妓たちのさまざまなドラマと共に描かれる「まかないさん」キヨの料理。みんなの気持ちに寄り添うキヨの思いが詰まった料理は見ている私たちも癒やされます。

    Netflixの作品ページ
  • 12/24ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「今際の国のアリス」

    「今際の国のアリス」

    2年前、山﨑賢人さんと土屋太鳳さんW主演で世界に衝撃を与えたサバイバルドラマの待望の続編。ハイレベルなVFXやアクションに定評のある佐藤信介監督作品でシーズン1もかなりのスケールでしたが、今回はそれ以上です!今回もリアルな渋谷の街並みやスクランブル交差点が登場しますが、その姿は打って変わって荒廃し、植物化。そこで繰り広げられる銃撃戦やカーアクションなど前回を上回るスケールのげぇむの数々に度肝を抜かれます。さらに山下智久さんがシーズン2から新たに登場!強烈なカリスマ性を持つ、キューマという役どころで上半身むき出しの華麗なる初登場シーンを飾ります。さらに、恒松祐里さんや磯村勇斗さんら新キャストと、前作から登場の村上虹郎さんや三吉彩花さんなど豪華キャストの共演にも注目してください!

    Netflixの作品ページ
  • 12/17ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ぐでたま 〜母をたずねてどんくらい〜」

    「ぐでたま 〜母をたずねてどんくらい〜」 ©️ 2022 SANRIO CO., LTD. S/D・G  
    著作 株式会社サンリオ

    「ぐでたま」はツイッターのフォロワー数が100万人超えとサンリオ公式キャラクターの中で人気の高いキャラクター。それほどの人気にもかかわらず、本人はやる気がない。そんなぐでたまとひよこの「しゃきぴよ」が母親を探して旅に出るという奇想天外な物語です。ぐでたまを演じるのは武内駿輔さん。この作品でなんと24ものキャラクターの声を担当してるんです。ほぼすべてのキャラクターが武内さんというエピソードやぐでたまの歌にも注目。国民的人気のキャラクターであるぐでたまの声を演じることになった武内さんは、「自分がやってもいいのか?」と驚いたそうです。

    Netflixの作品ページ
  • 12/10ご紹介作品

    Netflix映画
    『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』

    『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』

    ギレルモ・デル・トロ監督といえば、『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞作品賞や監督賞など4部門を受賞し、圧巻の世界観と映像美に定評のある監督。この作品は2011年から企画していたという渾身の作品で描く上で選んだ手法が静止しているキャラクターを1コマ毎、少しずつ動かして撮影するストップモーションアニメです。キャラクターたちが生き生きと冒険する様は、まさにストップモーションのなせる技。デル・トロは、そのために「無駄な動き」もあえて描き出すことで、多くの人が知る「ピノキオ」のキャラクターにより親近感を感じさせるなど、徹底したこだわりが詰め込まれたデル・トロの世界観をぜひ体感して欲しいですね!

    Netflixの作品ページ
  • 12/3ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    「First Love 初恋」

    「First Love 初恋」

    1999年に大ヒットした宇多田ヒカルさんの珠玉の名曲「First Love」とその19年後に発表された「初恋」、この2曲にインスパイアされ誕生した北海道が舞台の究極のラブストーリーです。主人公の也英と晴道を中心にさまざまな初恋の物語が美しく描かれていきます。そして、運命に翻弄される現代の也英と晴道の大人のラブストーリーもまた初恋とは違う切なさがあります。どこを切り取っても美しくて切ないストーリーになっているのは満島ひかりさんと佐藤健さんの演技力の高さゆえだと思います。どうしようもない感情を押し殺す二人の表情にも注目して欲しいですね!

    Netflixの作品ページ
  • 11/26ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    「ウェンズデー」

    「ウェンズデー」

    世界的人気作「アダムス・ファミリー」の長女を主人公に描いたこの作品を手がけるのは、『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズなどの名作を生み出してきた鬼才ティム・バートン。不気味でオシャレな世界観に滑稽なジョークなど、日本でもヒットした映画やコミックのDNAをしっかり踏襲しつつ、全く新しいキャストで描かれています。また、驚くべき展開で私たちをミステリーの世界へ誘ってくれたり、ティム・バートンの世界観にワクワクが止まりません!映画では小学生だったウェンズデーの皮肉屋で冷酷、無口で陰湿だった彼女らしさはティーンになっても健在…どころかむしろパワーアップ!見ていて爽快感さえ覚える絶妙なキャラクターです。

    Netflixの作品ページ
  • 11/19ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    「逃走中 Battle Royal」

    「逃走中 Battle Royal」

    18年間UHBでも放送されてきた人気番組「逃走中」が大きくスケールアップ!とにかく今回はハンターの登場シーンに注目!陸だけでなく、海から空から逃走者に迫ります。特に多数のハンターが差し迫るシーンや空からハンターが降り注ぐシーンはインパクト大で見逃せません。逃走者29人には日向坂46、JO1、K-POPグループSHINeeのメンバーや人気芸人、今注目の若手俳優など、豪華なメンバーが大集結しています!今回は逃走者がいる場所を密告し、ハンターに確保させれば賞金ボーナスを獲得できるという新たなミッションが!誰が裏切り者なのか分からない中、ネットフリックス版ならではの波乱の人間ドラマが展開されます。

    Netflixの作品ページ
  • 11/12ご紹介作品

    Netflix映画
    『エノーラ・ホームズの事件簿2』

    『エノーラ・ホームズの事件簿2』

    シャーロック・ホームズの妹エノーラを描くミステリー・アドベンチャー。エノーラ・ホームズを演じるミリー・ボビー・ブラウンは世界的人気シリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のエル役としておなじみです。シャーロック・ホームズの印象が強すぎてその妹役となると印象作りに苦労したと思いますが、ミリーの演技力の高さでキュートで親近感のわくキャラクターを生み出しています。初めての探偵仕事にもかかわらず、絶体絶命のピンチが続きますが、ピンチに強いのがエノーラ!兄譲りの知恵と冷静さ、母譲りの度胸と情熱で切り抜けていきます。随所で見られる壮大かつ本格的なアクションシーンは必見ですよ!

    Netflixの作品ページ
  • 11/5ご紹介作品

    Netflix映画
    『グッド・ナース』

    『グッド・ナース』

    2003年にアメリカで実際に起きた連続殺人事件を元にしたサスペンス。注目したいのは実力派俳優の2人の演技です。真相を追究する善良な看護師エイミーを演じるジェシカ・チャステインは、映画『タミー・フェイの瞳』で、今年アカデミー賞主演女優賞を受賞した実力派。そして、もう一人が連続殺人犯チャーリーを演じるエディ・レッドメインは映画『博士と彼女のセオリー』でスティーブン・ホーキング博士を演じ、アカデミー賞主演男優賞を受賞しています。エイミーがチャーリーの正体を知った後の2人のやりとりが緊張感たっぷりでハラハラ、引き込まれること間違いなしです!

    Netflixの作品ページ
  • 10/29ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ロマンティック・キラー」

    「ロマンティック・キラー」

    主人公は杏子(あんず)という高校生でいわゆる干物女子と言われる女の子、少女漫画のヒロインとは真逆なんです。猫とゲームとチョコを愛し、それらがあればもう満足。オシャレにも興味がなくて持っている服は全て猫プリントなんです。ヒロイン像を打ち破る杏子のキャラクターは豪快で気持ちがいい!そんな杏子に恋愛させるために現れたのが魔法使いのリリ。このリリと絶対に恋愛したくない杏子のやりとりが絶妙なんです!リリと杏子の攻防戦はまるでコントのよう。思わずお腹を抱えて笑ってしまうかもしれません。杏子の前に現れるタイプの違うイケメン高校生3人にも注目です!

    Netflixの作品ページ
  • 10/22ご紹介作品

    Netflixドキュメンタリー
    『LiSA Another Great Day』

    『LiSA Another Great Day』

    アニメ「鬼滅の刃」の主題歌をはじめ、多くのヒット曲で日本のみならず世界にもファンを持ち、2021年に10周年を迎えたLiSAさんの素顔に迫ったドキュメンタリー。純粋で、誠実で、情熱的で、頑張り屋さんでもろさも併せ持つLiSAさんの全てを感じられる作品です。そして、彼女自身がナレーションを担当しているので身近に感じられ、音楽への熱い思いもひしひしと伝わってきます。また、家族から受けた影響や今だから言える本音トークにグッときますし、ファンのみならずチーム「LiSA」の一員として周りの人たちを気遣う強さや優しさも印象的です。

    Netflixの作品ページ
  • 10/15ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「エクセプション」

    「エクセプション」

    逃げられない空間が恐怖を倍増させるスペースホラーSF。音楽を担当したのは世界的音楽家の坂本龍一さんです。作品には「人間とは何か?」という壮大で深いテーマが込められています。宇宙船のシステムの不具合で、クルーのひとりが“異形の怪物”の姿でミスプリントされてしまいそこから恐怖が始まるのですが、ホラーとひと言では語れない展開が続きます。「命」とは何か?「人間」とは何か?見ている私たちに問いかけるこんな奥深いテーマにもぜひ注目してください。

    Netflixの作品ページ
  • Netflixグローバルファンイベント
    「TUDUM Japan」 9月25日開催

    「TUDUM Japan」 「TUDUM Japan」

    Netflixが世界中のファンへ向けて、アニメや実写作品の最新情報を発信するイベント。そのステージの様子は全世界に配信され、秋以降に配信される注目の実写作品から「今際の国のアリス:シーズン2」「舞妓さんちのまかないさん」「First Love 初恋」の豪華キャストが登場し、作品の魅力をアピールしていました!イベントの様子をご覧になりたい方は下のボタンをクリック!

    ステージイベントの様子
  • 9/24ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ナルコの神」

    「ナルコの神」

    麻薬犯罪に巻き込まれてしまった男性の嘘のような本当の事件がドラマ化。お金儲けのために、南米の小さな国スリナムへ降り立ったカン・イングは、 ある男にはめられ、収監されてしまいます。その男とは、表向きは慈悲深い牧師、しかし、裏の顔は大統領をも思いのままに動かせるほどの、スリナムを牛耳る麻薬王。そこから民間人と国家情報院の麻薬王逮捕へ向けての秘密作戦が始まります!騙し騙されの攻防戦や一触即発の緊張感溢れるシーンにハラハラ・ドキドキが止まりません。

    Netflixの作品ページ
  • 9/17ご紹介作品

    Netflix映画
    『雨を告げる漂流団地』

    『雨を告げる漂流団地』

    ある夏の終わりの冒険ファンタジームービーです。手がけた石田祐康監督は34歳。2018年に『ペンギン・ハイウェイ』で長編映画デビュー!第42回日本アカデミー賞では優秀アニメーション作品賞を受賞するなどアニメーション界の今後を担う若手クリエイターです。青春や冒険、好奇心に恐怖など気持ちの揺れ動きやワクワク感を美しく描くことを得意としています。小学6年生の主人公、幼馴染の航祐(こうすけ)と夏芽(なつめ)のお互いを思いながらも素直に言えなくてもやもやする姿に、懐かしくもくすぐったい気持ちになりますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 9/10ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「美男堂の事件手帳」

    「美男堂の事件手帳」

    ニセ占い師であるナム・ハンジュンを演じるソ・イングクは「応答せよ1997」や「空から降る一億の星」などにも出演する俳優でありながら、歌手としても活躍しています。この作品では次々と客の難題を華麗に解決するニセ占い師を演じていますが、変顔も披露したりとそのギャップに驚くと思います。一方、向かうところ敵なしの最強ウーマンでありながらちょっとおっちょこちょいでキュートな刑事ハン・ジェヒをオ・ヨンソが演じます。彼女は詐欺師であるナム・ハンジュンの尻尾をつかもうと証拠集めに奔走しますが、完全な「敵同士」とも言えない二人。その軽快なやり取りが面白く、「この二人の関係がどうなっていくのか?」というのも見どころです。

    Netflixの作品ページ
  • 9/3ご紹介作品

    Netflix映画
    『パープル・ハート』

    『パープル・ハート』

    プロのミュージシャンを夢見るキャシーは、ある目的のため、出兵前の海兵隊員ルークとの愛のない結婚を決意します。それは、結婚することで軍から支給される給付金を使い、持病である糖尿病の治療費を補うこと。そんな打算的な結婚から生まれる愛の行方は一体…?注目は、主人公キャシーを演じるソフィア・カーソン。主演だけでなく、製作総指揮と音楽も担当し、マルチな才能を発揮しています。そんな彼女が歌う劇中歌「Come Back Home」もぜひ、チェックしてください!

    Netflixの作品ページ
  • 8/27ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「リラックマと遊園地」

    「リラックマと遊園地」

    楽しさ満点の遊園地で次々起こるハプニングに巻き込まれるリラックマたち、それでもマイペースなリラックマに癒やされるシリーズの最新作です。全8話を通じて一つのさまざまな出会いとハプニングがあり、リラックマやコリラックマ、キイロイトリの可愛さやのんびり感はそのままに、でも生きていく上で大切なことについてちょっぴり考えさせられる内容に仕上がっています!メガネをかけた遊園地のスタッフがキーパーソン!人手が足りない遊園地でひとり何役もこなす彼女が重要なカギを握っています。

    Netflixの作品ページ
  • 8/20ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「還魂」

    「還魂」

    魂を入れかえる還魂術によって運命がねじれてしまった主人公たちの成長を描くファンタジーロマンスドラマです。この作品は、「愛の不時着」や「トッケビ」など、多くのラブロマンスを輩出してきた有名スタジオによる新作。韓国メディアでは「テホ国のF4」と呼ばれる4人の後継者を演じるイケメン俳優に注目なんです!ちなみに「F4」とは松本潤さんや小栗旬さんが出演していたドラマ「花より男子」に登場するイケメン4人組のこと。このドラマでは、術士だったり、王の跡継ぎだったり、バックグラウンドも違えば性格もバラバラでそれぞれの魅力があるので、きっと推しが見つかると思います。

    Netflixの作品ページ
  • 8/13ご紹介作品

    Netflix映画
    『デイ・シフト』

    『デイ・シフト』

    主人公バドを演じるジェイミー・フォックスは幅広いジャンルの作品に出演している、まさに名優。今回は吸血鬼を退治するハンター役で、華麗な身のこなしを見せてくれるなどアクション、コメディ、ヒューマンドラマと彼がこれまで培ってきたキャリアをギュッと詰め込んだような魅力あふれるキャラクターなんです。この作品は、アクションとコメディ、そしてホラー要素もバランスよく詰まった夏映画!ハンターたちが吸血鬼に襲われるシーンは迫力満点です。

    Netflixの作品ページ
  • 8/6ご紹介作品

    Netflix映画
    『呪詛』

    『呪詛』

    リアルな映像ですがドキュメンタリーではなく、“ファウンド・フッテージ”という主人公が記録している映像をもとに展開されるという設定で、実際にあった話にインスパイアされたフィクション作品です。SNSで見知らぬ誰かが撮影した映像を見ることが日常となっている現代、この作品で映し出される誰かが撮影したという設定の映像は、実際に今起きている出来事を目撃しているかのような臨場感と緊張感を味わえます。また台湾ならではの歴史や風習などを盛り込んでいるところもよりリアルで恐怖心をあおるポイント。作品を手がけたケヴィン・コー監督は日本のホラー映画『呪怨』や『リング』『着信アリ』などにも大きな影響を受けたそうですよ!

    Netflixの作品ページ
  • 7/30ご紹介作品

    Netflix映画
    『グレイマン』

    『グレイマン』

    目立たない男『グレイマン』と呼ばれる暗殺者を主人公とした作品で、主人公ジェントリーを演じるのは、映画『ラ・ラ・ランド』で注目を浴びたライアン・ゴズリング。ヒット作にライアン・ゴズリングありと言っても過言ではないほど様々な作品にひっぱりだこの俳優なんです。そんなグレイマンの命を狙う、サイコパスな工作員ロイドを演じるのは『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカでおなじみのクリス・エヴァンス。人を痛めつけることに快感を覚えるなどキャプテン・アメリカのイメージを払拭するその悪役ぶりは印象的です。世界中を飛び回るCIA工作員の暗躍を描いたアクション作品ということで、映像化した際のスケールが史上最大級であり、ネットフリックス史上最高額の制作費がかけられたとも言われ話題です!

    Netflixの作品ページ
  • 7/23ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」

    「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」

    主人公のウ・ヨンウは、自閉スペクトラム症ながらも天才的な手腕を発揮する新米弁護士。自閉スペクトラム症をもつ主人公のドラマは韓国では数少ないそうです。そのウ・ヨンウを演じるのは、子役としても活躍してきたパク・ウンビンさん。独特の目線や歩き方のほか、難解な法律用語やクジラに関する専門用語を一気に畳み掛けるシーンなど彼女の繊細な演技は目を見張るものがあります。

    Netflixの作品ページ
  • 7/16ご紹介作品

    Netflixドキュメンタリー
    『ジェニファー・ロペス:ハーフタイム』

    『ジェニファー・ロペス:ハーフタイム』

    ジェニファー・ロペスはプエルトリコ出身の両親を持つラテン系アメリカ人で、ラテン系の血を引くアメリカ人を “ラティーノ”と表現するんです。彼女もラティーノであるがゆえに「おしりが大きい」などとからかわれたり、映画での演技をなかなか評価されなかったことがあったんだそう。それでも「今からがスタートよ」「これからどんなことにチャレンジできるかワクワクする」といった前向きな発言に勇気をもらえます!タイトルのハーフタイムショーが行われるスーパーボウルはアメリカンフットボールの頂点を決める試合で、ハーフタイムショーはアーティストにとってステイタス。ハーフタイムショーにかけるジェニファーの思いや、リアルに描かれる激動の舞台裏、そして彼女がラストに何を語るのか?私はそのシーンに熱く胸を打たれたので、ぜひみなさんにも見てほしいです。

    Netflixの作品ページ
  • 7/9ご紹介作品

    Netflix映画
    『HUSTLE/ハッスル』

    『HUSTLE/ハッスル』

    最強スカウトマン・スタンリーとバスケットボールの才能あふれる青年ボーとの絆が描かれるこの作品の凄いところはプロデューサーや出演者にNBAで実際に活躍する現役の選手を招き入れ、作品を限りなくリアルなものにしている点。プロデューサーにはNBAのスーパースター、レブロン・ジェームズ、スタンリーとともに夢を追う青年ボーをNBAのユタ・ジャズに所属する現役選手フアンチョ・エルナンゴメスが演じるなど役者としても多くのNBA選手が出演しているんです。現役選手同士がストリートバスケで対戦するシーンもあり迫力満点!スタンリーを演じるアダム・サンドラは名優と呼ぶにふさわしい俳優で、彼の演技にも注目です。

    Netflixの作品ページ
  • 7/2ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ストレンジャー・シングス 未知の世界 4 Vol.2」

    「ストレンジャー・シングス 未知の世界 4 Vol.2」

    2016年にシリーズがスタート。1980年代の小さな町ホーキンスを舞台に少年少女たちが不可解な事件に巻き込まれながらも事件解決に立ち向かうミステリー・アドベンチャーで、世界中で社会現象を巻き起こした作品のシーズン4。ファイナルとなるシーズン5へ向けた大事な作品なんです。今回はおなじみのメンバーは離れ離れになりながらも、それぞれが裏側の世界の脅威に立ち向かっていきます。そして、やがてその物語はひとつのストーリーラインへ…。そこにはどんな謎が隠されているのか?注目です!

    Netflixの作品ページ
  • 6/25ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え」

    「ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え」

    もともとは2017年からスペインで放送されていたドラマで、今回グローバルでホットな韓国エンタメがリメイクに名乗りを上げました。本家のDNAはそのままに、韓国のカルチャーやエンタメの世界観がしっかりと追加され、本家とはまた違う面白さを放つ作品です。また舞台設定は南北統一が実現した世界。南北統一が生んだひずみや闇が色濃くリアルに描かれています。ただの強盗劇じゃないのはこのひずみや闇によってはみ出し物になってしまった強盗団メンバーの人間ドラマがしっかりと描かれているところで、「強盗=悪い奴」ではなく、彼らがどうしてこうなってしまったのか、感情移入してしまいそうな数々のストーリーに注目です。

    Netflixの作品ページ
  • 6/18ご紹介作品

    Netflixドキュメンタリー
    『生田斗真 挑む』

    『生田斗真 挑む』

    新作歌舞伎に挑戦する生田斗真さんの姿と、20年来の盟友・尾上松也さんとの友情と絆を描いたドキュメンタリー。数々のドラマや映画などで唯一無二な役を演じ、順風満帆な人生を送ってきたように見える生田さんもコンプレックスや悩みがあったようなんです。そんな彼の知られざる素顔もクローズアップしています。また生田さん以外の出演者はみんな歌舞伎経験者なので、その不安や恐怖は大きかったと思いますが、必死に稽古で自信に変えていく姿に感動をもらえます。盟友・尾上松也さんの存在も大きく、親友である松也さんがどのような思いと覚悟で舞台を作り上げているのか、それを感じているからこそ、ひるむことなく真っ直ぐに挑めたのではと思いますね。

    Netflixの作品ページ
  • 6/11ご紹介作品

    Netflix映画
    『シニアイヤー』

    『シニアイヤー』

    昏睡状態から目覚めた女子高生・37歳のステファニーを演じるのはレベル・ウィルソン。コミカルな中に優しさなど共感ポイントを残して演じるのがうまい彼女にとってこの役はハマリ役!20年のギャップをものともせず、プロムクイーンを目指す姿は大笑いしながらもつい応援したくなるキュートさがあります。2000年代はじめに流行したブリトニー・スピアーズやアヴリル・ラヴィーンなど当時の高校生が夢中だった音楽やアイテムも登場。当時、ティーンエイジャーだった人たちにとっては懐かしさがこみ上げます。そして、SNSでインフルエンサーが人気者になる現代、ステファニーは持ち前の明るさでその現代カルチャーを柔軟に取り入れ、年下の同級生たちとの絆を紡いでいきますよ!

    Netflixの作品ページ
  • 6/4ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「私たちのブルース」

    「私たちのブルース」

    主な登場人物の中から2人に焦点を当て、それぞれのエピソードによって主人公が変わるというユニークなドラマ。済州(チェジュ)島を舞台に、そこでめぐり会う人々の人生模様がオムニバス形式で描かれます。この中でひときわ目を引くのが日本でも人気のイ・ビョンホンで、済州島で生まれ育ち、トラックで日用品を売る無愛想なイ・ドンソクを演じます。彼が田舎町の野暮ったい男性をどう見せてくれるのか注目です。彼の相手役を演じるのが、「海街チャチャチャ」に出演していたシン・ミナ。離婚で傷心のシン・ミナ演じるソナとドンソクの物語は私のお気に入りです。そして、オリジナル・サウンドトラックにはBTSのジミンやWanna One出身のハ・ソンウンなど豪華アーティストが参加しているので、ぜひチェックして下さい!

    Netflixの作品ページ
  • 5/28ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ストレンジャー・シングス 未知の世界 4」 Vol.1

    「ストレンジャー・シングス 未知の世界 4」 Vol.1

    シーズン1から、監督のダファー兄弟が子供の頃夢中になったという『E.T.』や『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』など、数々の80年代の名作映画へのワクワク感が満載!80年代を思い起こさせる衣装、ヘアメイク、音楽からもその思いが伝わります。シーズン1では小学生だった子どもたちも、シーズン4では高校生に成長!再び異次元の恐怖が迫ってきた時、彼らはどう立ち向かい、そしてどんな未来が待っているのか?謎だらけの裏側の世界や超常現象の秘密が少しずつ明らかになっていきます!世界が注目する壮大なスケール感は必見です。

    Netflixの作品ページ
  • 5/21ご紹介作品

    Netflixリアリティシリーズ
    「未来日記」シーズン2

    「未来日記」シーズン2

    “三角関係”がテーマのシーズン2の登場人物はまさかの3人。女性は会社員の百華(モカ)さん、男性は金髪がトレードマークのバーテンダー、彰充(アキミツ)くんと、医学部生の航洋(コウヨウ)くんです。登場人物がひとり加わることで、男女の関係は複雑性を増して切なさも大渋滞!シーズン1での男女の1対1とは違い、百華ちゃんはどちらかを選ばなければいけないし、男性陣も自分が選ばれない不安を常に抱えています。しかも、「未来日記」の翻弄の仕方がパワーアップしていて切なさを大きくするんです!混乱する行動を指示され悩む百華ちゃんの様子や、男性たちのもどかしさがリアルに汲み取れて、見ているこちらまで心がえぐられるような気持ちになります。

    Netflixの作品ページ
  • 5/14ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「コタローは1人暮らし」

    「コタローは1人暮らし」

    訳あって「アパートの清水」で一人暮らしをすることになったコタロー。それも驚きですが大人っぽさもあり、4歳児相応の幼さもあり、その姿に目が離せません。腰におもちゃの刀を携えて、会話するときには殿様言葉。高級ティッシュを愛用していたり、朝刊全5紙を購読していたり、大人以上の落ち着きを見せるコタローはキャラに重みがありすぎます!ただそこには、つらい過去があって、それでも必死に前向きに生きようとする姿は涙を誘います。また、「アパートの清水」に住み、それぞれに事情を抱えている大人たちもコタローの世話を焼くことで自分自身が助けられていきます。コタローの成長だけでなく周りの大人たちの成長する姿も描かれている作品です!

    Netflixの作品ページ
  • 5/7ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「脱出おひとり島」

    「脱出おひとり島」

    "地獄島"と呼ばれる無人島に集められた独身の男女9名。サバイバル生活を過ごす彼らにはマッチングに成功すると地獄島を脱出し"天国島"と呼ばれる超豪華ホテルで過ごす、半日だけの優雅なひと時が待っています。そんな彼らの8日間を映し出す韓国発の恋愛リアリティショー。世界的に人気が高い最強ジャンル"恋愛リアリティショー"の新作で、ここ数年世界で人気の韓国エンタメがドラマでも映画でもなく、新たに恋愛リアリティショーを発信したということがとても新鮮で、世界でも注目されています。彼らが一喜一憂する姿を見ながら共感したり、驚いたり、自分のことのように楽しめるのも魅力!また、リアリティショーといえばスタジオトークも重要ですが、出演者の良い面を引き出したり、VTRを見てからの考察が的確でとても好感が持てますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 4/30ご紹介作品

    Netflix映画
    『バブル』

    『バブル』

    「進撃の巨人」のアクション映像でその名を轟かせた荒木哲郎監督を始め、「魔法少女まどか☆マギカ」で知名度を上げた虚淵玄(うろぶちげん)さん、そして、「君の名は。」のプロデューサー川村元気さんなどアニメ界のリーダーが集結。透明感のある美しい映像の中を飛び回るキャラクターたちの躍動感がリアルに描写されていて、映画の中に放り込まれたような臨場感を味わえます。そして、声優陣も豪華!主人公のヒビキを俳優としての評価も高い志尊淳さん、そのヒビキを助け心を通わせていくウタをTikTokの弾き語り投稿で話題のりりあ。さんが演じています。また泡に覆われた東京でその調査をする科学者マコトを広瀬アリスさんが演じていますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 4/23ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「ヒヤマケンタロウの妊娠」

    「ヒヤマケンタロウの妊娠」

    「もし、すべての男性が妊娠するとしたら?」をテーマに、男女の役割の逆転をコミカルに描いています。突然の妊娠で、斎藤工さん演じる桧山健太郎は通勤中や仕事中につわりで気分が悪くなったり気持ちの浮き沈みが激しくなったりと、これまで気が付かなかった妊娠中の悩みに直面します。 女性と男性の格差や、マイノリティであるがゆえに受ける差別や偏見など、私たちの生活の中に存在する様々な問題が浮き彫りになります。互いに異なる立場に身を置いたことで社会の違和感に改めて気づき、声をあげ、固定観念を打ち破ろうとする桧山と亜季。結婚も全く意識していなければ、恋人同士でもない二人が結婚と出産にどう向きあっていくのか?二人の決断、そして成長に注目です。

    Netflixの作品ページ
  • 4/16ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「39歳」

    「39歳」

    タイトルの通り、主人公は39歳の女性3人で、高校時代に出会った親友3人の日常が描かれます。皮膚科クリニックの院長ミジョを、最近の韓国ドラマブームの火付け役と言っても過言ではない「愛の不時着」のソン・イェジン、演技指導者のチャニョンを「賢い医師生活」で主役グループの紅一点だったチョン・ミド、デパートの化粧品売り場で働くジュヒをミュージカルで活躍していたキム・ジヒョンが演じます。物語のはじめに3人の中のひとりが余命宣告されてしまいますが「悲劇」ではないんです。落ち込むシーンがあったかと思いきや、突然ミジョの家族が登場して笑わせてくれたり…悲劇と喜劇が繰り返される様子はまさに人生そのもの。共感もして涙もする、そんな作品です。

    Netflixの作品ページ
  • 4/9ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    「テルマエ・ロマエ ノヴァエ」

    「テルマエ・ロマエ ノヴァエ」

    「タイムスリップお風呂コメディ」が約10年ぶりに進化して登場!今回のシリーズでは原作にはなかったオリジナルエピソードが加わっています。そのエピソードには、ルシウスが浴場技師を目指すようになったきっかけや現代日本ではなく江戸時代の日本にタイムスリップした様子などが描かれています。昔ながらの銭湯やお風呂上がりのフルーツ牛乳、シャンプーハットやシャワーに苦戦する様子など細かな部分まで描かれていて、そこに期待以上のリアクションをしてくれる勤勉なルシウスの姿にお腹を抱えて笑ってしまいます。そんなルシウスを演じるのは、アニメ「極主夫道」で主人公の龍を演じた津田健次郎さん。こちらも注目です!

    Netflixの作品ページ
  • 3/26ご紹介作品

    Netflix映画
    『桜のような僕の恋人』

    『桜のような僕の恋人』

    この作品はトップアイドルの中島健人さんがキラキラオーラを消して主人公を演じています。駆け出しカメラマンをリアルに演じるため、忙しい合間を縫ってカメラマンのアシスタントを経験したそうです。監督から「君は見せる笑顔をしている」と言われたそうで、自然な笑顔にも苦労したそうです。そして、もう一つ注目なのはタイトルにもある”桜”。様々なシーンで登場し、散っていく花びらのように、美しくも儚い二人の恋をより清く映し出し涙を誘います。さらに、そのあふれる感情を高ぶらせてくれるのが主題歌であるMr.Childrenの「永遠」。桜井さん自身もこの映画に感情移入されたそうで、その思いがしっかりと歌詞に込められています。

    Netflixの作品ページ
  • 3/19ご紹介作品

    Netflix映画
    『アダム&アダム』

    『アダム&アダム』

    ハリウッドの豪華メンバーが集結したことでも話題!監督は『ストレンジャー・シングス未知なる世界』のショーン・レヴィ、去年は映画「フリーガイ」も話題となった監督です。その「フリーガイ」でも監督とタッグを組み、今回、大人のアダムを演じたのがライアン・レイノルズ。さらにアダムの妻を「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ、アダムのお父さんをアベンジャーズシリーズで知られるマーク・ラファロが演じています。大人のアダムと子供のアダムの夫婦漫才のような軽快なやり取りには笑わされますね。そうかと思えば、アダムが12歳の時に亡くなったお父さんとタイムトラベルを通じて再会するシーン。生前のお父さんとの再会は二人のアダムにとって未来を変える重要なポイントで感動的です。

    Netflixの作品ページ
  • 3/12ご紹介作品

    Netflixコメディシリーズ
    『トークサバイバー!〜トークが面白いと生き残れるドラマ〜』

    『トークサバイバー!〜トークが面白いと生き残れるドラマ〜』

    ドラマとバラエティ、そしてドキュメンタリー要素もある一味違った作品。メインは千鳥のお二人でノブさんはMC、大悟さんはドラマの主人公として出演しています。ドラマの中には一部台本にセリフが書かれていないフリートークパートがあり、そこで誰が一番面白い話をするのか、面白くないと認定されてしまうとドラマから脱落してしまうという前代未聞のトークバトルが繰り広げられます。フリートークパートに出演している参加者は若手からベテランまで総勢24名。特に人気芸人の皆さんのキャリアをかけた激戦は面白いだけじゃなく緊張感もあって、その臨場感はまさにドキュメンタリーです。

    Netflixの作品ページ
  • 3/5ご紹介作品

    Netflix映画
    『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

    『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

    この作品は3月28日に発表される第94回アカデミー賞で作品賞や監督賞、主演男優賞など計11部門で12ノミネートされた作品です。主要部門にはほぼノミネートされていて、やはりフィルを演じた主演のベネディクト・カンバーバッチが注目です。モンタナ州の牧場主であるフィルは圧倒的な力で 部下や町、そして弟も支配していきます。一方で高学歴、音楽が好きなインテリとしての顔も見せ、一筋縄ではいかない奥深さも感じます。そんなアンバランスな掴めそうで掴めないフィルをカンバーバッチが見事に演じきっていますが、実は役になりきるのはとても苦労したよう。この役を演じるために、事前に牧場へ行ってフィルと同じ体験を積み撮影に挑んだそうですよ。

    Netflixの作品ページ
  • 2/26ご紹介作品

    Netflix映画
    『モラルセンス ~君はご主人様~』

    『モラルセンス ~君はご主人様~』

    恋愛において相手に支配されたいのか、したいのか?そんな主従関係を赤裸々に描いた作品は韓国映画としては新境地。もともとは相手に支配されたいという欲を持つジフの秘密を知ってしまったがゆえに、それに付き合い始めたジウ。ただジウも自身の欲が開花して驚くほど積極的になっていきます。人は誰しも自分さえ知らない驚きの趣味嗜好をもっているかもしれない、そんな気にさせるジウの変化に注目です。またジフとジウを演じるのはそれぞれアイドル出身の二人。犬のように人懐っこいキャラクターが印象的な男性ジフを”U-KISS(ユーキス)”というグループのイ・ジュニョン、言いたいことを言ってのけるジウを”少女時代”のソヒョンが演じます。絵になる二人なのですがやってることは大胆でそのギャップにドキドキです…!

    Netflixの作品ページ
  • 2/19ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    『金魚妻』

    『金魚妻』

    6人の妻による禁断の物語ですが、やはり一番の注目は篠原涼子さん演じるさくらと、岩田剛典さん演じる春斗の物語。時に冗談を言い合ったり、激しく求め合ったり、互いを思いやったりと、禁断の愛なんだけれど純愛…二人の関係がどう変化していくのか、どんな結末を迎えるのかにも注目です。金魚妻以外に「外注妻」「弁当妻」「伴走妻」「頭痛妻」「改装妻」が登場。それぞれ子供が欲しかったり、夫のとんでもない願望につきあわされていたり、新婚で相手を思いやりすぎるがゆえにすれ違っていたり…そんな彼女たちは、なぜ一線を超えることになってしまったのか、驚きあり、共感あり、人知れず様々な事情を抱える妻たちの物語に感情が揺さぶられます。

    Netflixの作品ページ
  • 2/12ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    『ラブ・イズ・ブラインド JAPAN』

    『ラブ・イズ・ブラインド JAPAN』

    外見を重視したパートナー探しに疑問を抱いてる人たちのためにアメリカで始まった新感覚の実験型婚活リアリティーショーの日本版。“本当に恋は盲目なのか!?”という言葉がどこまで本当かを検証するにはピッタリの作品です。“ポッド”と呼ばれる個室で壁越しに話をして、その会話だけで結婚を決めなければいけない―付き合うだけなら多少のことは目をつぶれると思いますが結婚となると話は別で、自分の弱い部分もたくさんさらけ出すので感極まって涙するメンバーが多いんです。結婚を決めたカップルが顔を合わせた瞬間や、後半の結婚に向けて一緒に過ごす様子などは前半とはまた違った緊張感なのでお楽しみに!

    Netflixの作品ページ
  • 2/5ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    『未来日記』

    『未来日記』

    出会いから別れまでが書かれた不思議な「未来日記」に導かれた男女の恋愛を見守るリアリティショー。息の合った掛け合いが癒やされる拓斗(たくと)と真愛(まあい)ですが、渡された「未来日記」に書かれたとおりに行動しなければなりません。「好きと言ってはいけない」だったり、本当の想いとは異なる言葉を投げかけなければならなかったり、ルールに翻弄されることも多かった二人。ただ二人がお互いに思いを募らせていく姿は表情を見ていると伝わってきます!二人は本当に別れてしまうのか?そのエンディングは必見です。そして、SEKAI NO OWARIが歌う「Diary」も世界観にピッタリなので注目です。

    Netflixの作品ページ
  • 1/29ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    『地球外少年少女』

    『地球外少年少女』

    舞台は誰でも気軽に宇宙に行ける2045年。月で生まれた少年少女や、未成年宇宙体験ツアーに参加する子どもたち、その様子をSNSで配信するインフルエンサーの女の子が登場します。宇宙にコンビニやインターネットがあったり、AI搭載ロボットや月で生まれた子供が登場するなど、近未来はそうなっているかもと思わせる描写はリアル!ストーリーの中心である子どもたちはそれぞれ夢や葛藤を抱えていますが、知恵を出し合いながら危機を乗り越え、生き抜こうとする姿が私たちに色々なメッセージを残してくれていると思います。地球のピンチを大人が救うのではなく、近未来の子どもたちが放つメッセージがキーになるという点は日本発の作品ならではの魅力です!

    Netflixの作品ページ
  • 1/22ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    『その年、私たちは』

    『その年、私たちは』

    一昨年大ヒットした『梨泰院クラス』のヒロインを演じたキム・ダミと、『パラサイト 半地下の家族』のチェ・ウシクが共演したラブロマンス。世界的にヒットした2作品にメインキャストで出演していた二人、実は2018年に映画『The Witch/魔女』で共演しています。年々、演技力を増す二人が再共演を果たしたということでファンの間で歓喜の声が上がっているんです。そんな二人が、大切にするものも人生のポリシーも何もかも正反対でありながらも惹かれ合うヨンスとウシクを演じます。実力派俳優でもある二人が見せる化学反応から目が離せません!またオリジナルサウンドトラックには、BTSのVも「Christmas Tree」という曲で参加、ドラマが盛り上がるタイミングで流れるこの曲にも注目して下さい。

    Netflixの作品ページ
  • 1/15ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    『新聞記者』

    『新聞記者』

    2019年に映画で公開され話題となった衝撃作がスケールアップして配信!注目は主人公・松田杏奈を演じる米倉涼子さん。強い女性代表というイメージの米倉さんですが、この作品では実直な新聞記者を演じています。強さの裏側に情にほだされる部分や弱さを見せたりとリアルで人間味あふれるキャラクターです。米倉さん以外にも綾野剛さんや横浜流星さんなど豪華俳優が登場し作品を盛り上げます。真相を追求しようとする新聞記者と官邸の圧力を受けた官僚のストーリーがメインだった映画から、改ざんを強いられた現場職員と町の若者という物語が追加、様々な立場の人たちのストーリーを加えることで、身近で、自分の事としてとらえられる物語に仕上がっていると思います。

    Netflixの作品ページ
  • 1/8ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    『静かなる海』

    『静かなる海』

    まずは出演者2人に注目!宇宙生物学者ソン・ジアンを演じたペ・ドゥナは、日本映画『リンダリンダリンダ』に出演したことをきっかけに日本でも知られるように。最近では、是枝裕和監督の新作で初韓国映画『ブローカー』に出演するなど、実力派俳優として演技力を磨いています。特別チームのリーダー、ハン・ユンジェを演じたコン・ユは、去年大ヒットした『イカゲーム』にも出演、また、日本でも大ヒットしたドラマ『トッケビ』などで主役を演じていて、韓国ドラマファンなら知っているであろう有名俳優です。またSF作品を多く排出してきたアメリカの評論家もこの作品の映像美を評価しています。実際に宇宙にいるかのような感覚にさえなれるリアルさと美しさです!

    Netflixの作品ページ
  • 12/25ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『アグレッシブ烈子』シーズン4

    『アグレッシブ烈子』シーズン4

    Netflixシリーズ
    『地獄が呼んでいる』

    『地獄が呼んでいる』

    Netflix映画
    『クリスマスとよばれた男の子』

    『クリスマスとよばれた男の子』

    この冬にオススメの3作品をご紹介!『アグレッシブ烈子』はシリーズ最初から烈子をずっと思い続けていた同僚ハイ田との関係に進展が!また、ブラックコメディとは思えない奥の深い、本格派人間ドラマに注目!『地獄が呼んでいる』はこの世のものではない"何か"が突然現れ、人間たちを地獄へと突き落とす…配信初週に世界のTOP10で1位を獲得した話題のダークミステリー韓国ドラマです。『クリスマスとよばれた男の子』は伊藤ハルカ的”2021年ナンバー1クリスマス映画”だと思います!サンタクロースの起源にまつわるマット・ヘイグの児童文学が原作、魔法と笑いにあふれた冒険を描く心温まる物語です。

  • 12/18ご紹介作品

    Netflix シリーズ
    『未来日記』

    『未来日記』

    20年前に人気を博した、伝説の恋愛リアリティ企画「未来日記」が現代版にアップデートされ復活!男性は小樽出身で料理人の拓斗さん、女性は沖縄の大学生、真愛(まあい)さん。「未来日記」はどこに行って何をするのかという大まか筋書きが決まっていて、二人はそのとおりに行動していきますが、会話などのやり取りは自由でリアル。だからこそお互いにいろいろな感情を抱いていくんです。その過程を最後まで眺めるという形のリアリティショーはこの作品ならではの魅力です!

    Netflixの作品ページ
  • 12/11ご紹介作品

    Netflix映画
    『消えない罪』

    『消えない罪』

    アカデミー賞受賞女優のサンドラ・ブロックが主演・プロデューサーを務める映画。もともとは、”ラブコメの女王”でしたが、最近は実力派俳優として確固たる地位を築いています。今回は警察を殺してしまった元受刑者という難しい役に挑戦、その演技の評価が高くアカデミー賞ノミネートがすでにささやかれています。「罪を犯してしまうと世間は厳しい」―そこがリアルに描かれています。それでも生きていかなければいけないし、かといって温かさや希望がないわけではない。人生を美化しすぎず、どう感じるかを私たちに問いかけるストーリーです。

    Netflixの作品ページ
  • 12/4ご紹介作品

    アニメシリーズ
    『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』

    『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』

    シリーズ初めての女性の主人公・空条徐倫は、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』の主人公・空条承太郎の娘です。彼女が交通事故をきっかけに罠にはめられ、刑務所に入れられてしまうところから物語は始まります。『ジョジョの奇妙な冒険』といえば、100年以上に及ぶジョースター家とディオの因縁。そして、スタンドと呼ばれる特殊能力がありますが、承太郎の娘である徐倫にもその力があるのはある意味当然。今回のシリーズでは、その因縁に終止符を打つ最後の戦いが幕を明けます。

    Netflixの作品ページ
  • 11/27ご紹介作品

    Netflix映画
    『ブルーズド ~打ちのめされても~』

    『ブルーズド ~打ちのめされても~』

    アカデミー賞受賞女優であるハル・ベリーが主演、そして監督に初挑戦した作品。さらにアクションにも挑戦!物語はどん底から這い上がろうとする格闘家の姿が描かれますが、まず彼女の心の強さに惹きつけられます。主人公のジャッキーは自分のキャパを超える相手との対戦で逃げ出してしまったことがきっかけで負け犬扱い。しかし、息子を引き取ることになり再びリングに上がることを決意します。そんな彼女の原動力はやはり息子の存在。息子のために心が折れそうになっても前を向こうとする姿は私たちに勇気を与えてくれると思います!

    Netflixの作品ページ
  • 11/20ご紹介作品

    Netflix映画
    『tick, tick... BOOM! : チック、チック…ブーン!』

    『tick, tick... BOOM! : チック、チック…ブーン!』

    ブロードウェイで12年間上映されたロングラン作品『レント』の生みの親、ジョナサン・ラーソンの自伝映画。まだ売れていないジョナサンの30歳を前にした焦る気持ち、別の道へと進んでいく友人や恋人たちに向き合いながらも奮闘する姿が音楽にのせて描かれています。ジョナサン・ラーソンを演じるアンドリュー・ガーフィールドは、『アメージング・スパイダーマン』や『ソーシャル・ネットワーク』、『ハンクー・リッジ』などに出演しアカデミー賞のノミネートやミュージカルの最高峰を競うトニー賞の受賞歴もあるんです。この作品では役作りのためボイストレーニングやピアノなど様々なレッスンを受けて撮影。作中ではアンドリューが実際に弾き語りをしていて、その類まれなる音楽の才能に監督や演出家は驚いたんだそうです!

    Netflixの作品ページ
  • 11/13ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』

    『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』

    主人公は年齢差が47歳もある2人。夢をつかみたくても時代がそうさせてくれなかった70歳のおじいさんと、頑張れば夢をつかめるのにつかもうとしない23歳でバレエダンサーの青年。バレエを通じて出会った2人の絆と成長が描かれています。はじめはおじいさんがバレエ?と思いますが、努力を惜しまず、「絶対に無理」といわれたことを成し遂げていく姿に「夢を追うのはいつからでも遅くない!」と背中を押されます。やがては周りの人たちの生き方にまで影響を及ぼしていきます!ストーリーすべてが温かくて、胸が熱くなる涙なくしては見られない作品です!

    Netflixの作品ページ
  • 11/6ご紹介作品

    Netflix映画
    『ボクたちはみんな大人になれなかった』

    『ボクたちはみんな大人になれなかった』

    46歳になった主人公の恋愛遍歴が、少しずつ時間をさかのぼりながら描かれる作品です。その根底にあるのは時代が変わっても永遠に変わらない好きな人への思いや初恋の切なさ。1990年代のファッションや音楽なども描かれていて、当時を経験した方は懐かしく思い出されるはず!主人公の森山未來さん、初恋相手の伊藤沙莉さんお二人の演技力に魅了されてしまいます。森山さんは21歳から46歳というひとりの男の25年間を見事に演じきっているという部分に注目、伊藤沙莉さんは"フツー"を嫌う自由奔放で、温かみがあり嘘のない女の子を演じます。初共演とは思えない演技が初々しくて、リアルで、物語に引き込まれてしまいます。

    Netflixの作品ページ
  • 10/30ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『イカゲーム』

    『イカゲーム』

    2021年9月に配信がスタートしてから4週間で世界の1億4200万世帯が視聴、94カ国で"今日の総合TOP10"の1位を獲得した話題の作品。主人公のギフンはギャンブルで借金を作り、いい年になっても母親のスネをかじる中年男ですが、ゲームでは人としての正しさを忘れずにプレイします。脳腫瘍を抱えたおじいさん、脱北した少女、秀才と言われながら横領の罪で逃げている幼馴染などが登場し、信頼、裏切り、絆など様々な人間ドラマが描かれます。デスゲームは非現実でもドラマの中で起きていることはリアルに近い…「自分だったら…?」と思わず考えてしまう、そのリアルさが世界で受け入れられた原因なのではと思います。

    Netflixの作品ページ
  • 10/23ご紹介作品

    Netflixドキュメンタリー
    『Flip a Coin -ONE OK ROCK Documentary-』

    『Flip a Coin -ONE OK ROCK Documentary-』

    世界11万人が同時視聴したワンオクロック初の無観客同時配信ライブ開催までの3か月間に密着しています。去年7月から9月というコロナ禍で撮影。いざアジアツアーが始まろうとしていた矢先、足止めを食らい、それでも前を向こうとしていた中でのメンバーの感染…幾多の困難がありながらもポジティブでエネルギッシュな姿に私たちも勇気をもらえます。監督は、配信ライブの映像を手がけた雨包直人さん。初めてプライベートに迫る作品であったにもかかわらず、メンバーがリラックスした雰囲気で、ポロっと本音をこぼすシーンもあったりするのが印象的です。

    Netflixの作品ページ
  • 10/16ご紹介作品

    Netflix映画
    『ブライト:サムライソウル』

    『ブライト:サムライソウル』

    映像が綺麗で不思議な世界観の作品です。これは『四月は君の嘘』など大ヒットアニメを手がけているイシグロキョウヘイ監督のこだわりで、監督がインスピレーションを受けたのが明治や大正時代に活躍した吉田博さんという版画家の作品。新版画と呼ばれ、西洋的な立体感のある構図を版画に落とし込むのが特徴です。特に京都の街並みは必見!3DCG化されているんですが、どこにカメラをふっても街道の奥行きや建物まで完璧に描かれています。着物はもちろん、ふすまのひとつを取っても細やかにデザインされて、美しく細部までこだわった映像が広がります。

    Netflixの作品ページ
  • 10/9ご紹介作品

    Netflix映画
    『THE GUILTY/ギルティ』

    『THE GUILTY/ギルティ』

    1時間半ほどの映画ですが舞台のほとんどが911緊急通報センター。登場人物もほぼオペレーターのジョーひとりなんです。電話の声と音だけで物語が展開します。「ジョーが電話の相手と話している」という、その状況はほとんど変わっていないのに、彼の声と表情だけで電話の向こうで何が起きているのかを想像できる!それは、ジョーを演じるジェイク・ギレンホールの演技力の高さ。”カメレオン俳優”と呼ばれる彼の演技にも注目です。見えないからこその恐怖もあったりして、新感覚のサスペンスだと思います!

    Netflixの作品ページ
  • 10/2ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『範馬刃牙』

    『範馬刃牙』

    史上最強の親子喧嘩を描いた人気アニメ『刃牙シリーズ』の最新アニメシリーズ。アフリカゾウを素手で倒したことで有名な父親を倒すため、刃牙は日々鍛錬を重ねていますが、その方法が普通じゃない!史上最強のボクサーや自分と同じ体重になったカマキリなど空想しながら戦うというのは、やっぱり超人的発想です。そして刃牙がさらに強くなるために選んだ場所が凶悪な犯罪者たちが集まる刑務所なんです。彼らとどんな戦いを繰り広げるのか?特に、アメリカで最も喧嘩の強い男ビスケット・オリバとの異次元な頂上決戦は必見です!

    Netflixの作品ページ
  • 9/25ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『海街チャチャチャ』

    『海街チャチャチャ』

    架空の海街を舞台に描かれる今注目の最新韓国ドラマです。主人公のユン・ヘジンは、歯科医で考え方も見た目も大都市に染められた現実主義。一方、ホン班長ことホン・ドゥシクは、いい大学を出て、いい仕事に就くことが幸せではないと、街の人たちのために日々働いています。そんな考え方が正反対の二人のやりとり、恋の行方に注目のラブコメディ!さらに、ホン班長を演じるキム・ソンホさんは、ドラマ『スタートアップ:夢の扉』にも出演していた今人気の俳優なんです。彼の演技にも注目して下さい!

    Netflixの作品ページ
  • 9/18ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『コミンスキー・メソッド』

    『コミンスキー・メソッド』

    老後の不安や恋愛、家族のことなどを描いたコメディでシニア世代の青春物語です。2018年にシーズン1が配信された直後から高い評価を受け、今年5月に配信がスタートしたシーズン3が9月20日に開催されるエミー賞で作品賞や主演男優賞などにノミネートされているんです!主役のサンディを演じるのはアカデミー賞主演男優賞を受賞したこともあるマイケル・ダグラス。俳優としてだけじゃなく、クリエイターとしても活躍しています。ちょっと偏屈だけど、憎めないサンディ。滑稽で愛おしい姿は、マイケル・ダグラスの役作りのたまものだと思います。

    Netflixの作品ページ
  • 9/11ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『パリスとお料理』

    『パリスとお料理』

    ヒルトン姉妹のひとりとして、日本でも話題を呼んだパリス・ヒルトン。彼女が自宅に友達を呼んで、お料理をするのでキラキラ感全開のゴージャスライフが垣間見られます。毎回入れ替わる料理テーマと、ゲストのイメージにあわせた美術セットにはインテリアにはパリスの世界観が満載!料理するときも妥協しないファッションや調理グッズもパリスワールド全開です。タイトルが『パリスとお料理』なので、一応料理番組なんです。ただ、手際よく進んでいくわけでもないし、パリスがゲストをイメージしてレシピを探してくるので独創的でカラフルな料理がたくさん登場します。

    Netflixの作品ページ
  • 9/4ご紹介作品

    Netflix映画
    『KonMari 〜"もっと"人生がときめく片づけの魔法〜』

    『KonMari 〜

    前回のシリーズでは、エミー賞の2部門にノミネートされるほど注目のリアリティーショー第2弾!それほど、こんまりこと近藤麻理恵さんが世界で注目されるのは他の人たちとは違う片づけの方法。こんまりさんの片づけは、率先して手伝うのではなくて依頼者の方たちに片づけ方を伝授するだけなんです。共通する方法はただひとつ、ときめくものを残して、そうではないものは感謝をして手放すということ。ときめくというのは、そのものに対して「きゅん」とするかどうか、それは手にした瞬間に感じる直感なんだそう。依頼者が人生にときめきを取り戻していく姿に注目です。

    Netflixの作品ページ
  • 8/28ご紹介作品

    Netflix映画
    『愛しい人から最後の手紙』

    『愛しい人から最後の手紙』

    1965年と現代と二組のラブロマンスが描かれますが、メインは1965年を舞台にした二人で俗にいう、不倫関係。禁断の恋でありながら、純愛が描かれます。ラブロマンスを見るなら『ノッティングヒルの恋人』などイギリスが舞台の映画がおすすめ!美しくて上品で胸がきゅっと締め付けられるような切なさが醍醐味なんです。今回は、現代と違ってメールで連絡することなど出来ない時代。待ち合わせをして遅れそうになってもその場に行くしかそれを伝える手段がない。その不便さが引き起こす、運命のいたずらに胸が締め付けられます。

    Netflixの作品ページ
  • 8/21ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『わかっていても』

    『わかっていても』

    主人公のナビとジェオンの関係はひと言でいうと“都合のいい関係”です。韓国の恋愛ドラマといえば三角関係だったり、まさかの出会いがあって波乱を乗り越えて大恋愛に陥ったりなどなど、お約束が様々あるんですが、それらのお約束をいい意味で裏切ってくれます。ジェオンの女の子をキュンキュンさせてしまうあざとさは「わかっていても」惹かれてしまうのは納得!しかも、自分がイケメンなのも分かっててそういう行動をとるんです。ただ、この二人の恋愛ばかりではないんです。美大を舞台に繰り広げられる大学生たちの恋愛も見どころで、今の若者の等身大の姿がリアルに描かれています。

    Netflixの作品ページ
  • 8/14ご紹介作品

    Netflix アニメ映画
    『モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド』

    『モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド』

    新作が発表されるたびに世界が熱狂してきたゲームが、CGアニメで映画化されました。ネットフリックスのアニメといえば映像美!この作品も圧倒的な美しさとリアルさには感服します。今回は映像だけでなく音にも注目!モンスターが森の中を駆けまわるときの木々がこすれる音などリアルで臨場感たっぷり。また主人公として焦点をあてるのがルーキーハンターのエイデンです。なぜハンターを志したのか、半人前にも関わらず古龍から村を守るために立ち上がり、一人前のハンターとして成長する姿が描かれていますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 8/7ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『私の”初めて”日記』

    『私の”初めて”日記』
    Netflixの作品ページ

    Netflixシリーズ
    『ドッグ・ストーリー: あなたは一番の友達』

    『ドッグ・ストーリー: あなたは一番の友達』
    Netflixの作品ページ

    夏休みにぴったりの2作品をご紹介!カリフォルニアに住むデービーが主人公の『私の"初めて"日記』。デービーは勝ち組な学園生活を送りたいと願いますが、そんな思いが空回りして親友や憧れの男子を傷つけたりと、ヒロインらしからぬ行動が多いんです。ダメダメだけど少しずつ成長していく姿がたまらなく愛おしい!彼女を見ていると失敗しても頑張ろうと思えます。人間と犬の絆を描くドキュメンタリー『ドッグ・ストーリー:あなたは一番の友達』は様々な職業に従事する飼い主の目線から「犬と自分との物語」がリアルに映し出されます。アメリカ、イタリア、ドイツなど世界中が舞台になっていて、そのスケールの大きさと映像美に世界を旅しているような気分も味わえますよ。

  • 7/31ご紹介作品

    Netflixシリーズ
    『コブラ会』

    『コブラ会』

    1984年に大ヒットした名作青春映画『ベスト・キッド』の続編で今年のエミー賞ノミネート作品。映画ではラストの空手大会で勝利しすべてを勝ち取ったダニエルと、敗北しすべてを失ったジョニー。今作では永遠のライバルである二人が指導者となり、30年の時を超えて再び空手で火花を散らすことに!実はメインキャスト二人は映画と同じなんです!ダニエルをラルフ・マッチオ、ジョニーをウィリアム・ザブカが続投。ネットでは二人が良い年の重ね方をしていること、特にジョニー役のウィリアム・ザブカがイケメンであることが話題になっています。

    Netflixの作品ページ
  • 7/17ご紹介作品

    Netflixドキュメンタリーシリーズ
    『大坂なおみ』

    『大坂なおみ』

    華やかな活躍の裏に隠された過酷な練習、周囲からの期待や抱えきれないほどのプレッシャーが映し出され、大坂なおみ選手の緊張感がリアルに感じられます。日本人の母親と、ハイチ系アメリカ人の父のもとに生まれた彼女が、この道を選んだ理由は働きづめの母親を助けてあげられると思ったから。くじけそうなときは父親のご先祖様の話を思い出したりと、その基盤が家族であることが非常によく分かります。姉とテニスを楽しむ幼い頃の映像や母親に弱音を吐くシーンなど、他では決して見られない映像も見どころの一つです。

    Netflixの作品ページ
  • 7/10ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『バイオハザード: インフィニット ダークネス』

    『バイオハザード: インフィニット ダークネス』

    今回配信されたフル3DCGアニメーションのクオリティにはビックリ!実写ドラマと見間違えるほどの圧倒的な映像美に度肝を抜かれました。実写のようで実写ではない、アニメのようでアニメではない、唯一無二な世界観が広がり、ゲームの中に迷い込んだようなスリルも味わえます。この作品を手がけたのは、『暗殺教室』や『海猿』といった実写作品でおなじみの羽住英一郎監督。アニメーションは何でもできてしまうところですが、カメラが入れないところは入らないなど実写で出来ないことはしないように心がけて制作したそうですよ!

    Netflixの作品ページ
  • 7/3ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『賢い医師生活』

    『賢い医師生活』

    同じ大学を卒業後、40歳をむかえて再び同じ病院で働くことになった平凡な医師5人、「40代の働く男女」の何気ない日々がリアルに描かれます。ドラマチックではなくでも、ちょっぴり特別な日々もあったりして、共感したり、心が温かくなったりするところに惹かれます。そして、もうひとつの魅力はバンド!学生時代にバンドを組んでいた5人がバンド活動も再開する設定で、演じる5人は撮影開始の半年前から練習をスタート。ストーリーを盛り上げるだけでなく、サントラもヒットするほど人気なんですよ。

    Netflixの作品ページ
  • 6/26ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『終末のワルキューレ』

    『終末のワルキューレ』

    全世界の神々と、歴史上の全人類から選ばれた代表者たちが一対一のタイマン勝負を繰り広げます。キャラクターも、「あっ、知ってる!」と思わせる名前が多いので入りやすいんです!13人の神の中にはゼウスやポセイドンなどギリシャ神話に登場する神々が登場。対する選ばれし最強の13人のチョイスも面白く、三国志の一人だったり、人類の父・アダムに、佐々木小次郎と、「そこにいくか!」という驚きに加えて、それぞれのキャラクターにつけられたキャッチフレーズのユニークさにも感心しますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 6/19ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『Lupin/ルパン パート2』

    『Lupin/ルパン パート2』

    フランス・パリを舞台に繰り広げられる犯罪ミステリー。主人公のアサン・ディオプが、最初にネックレスを盗む舞台がルーブル美術館、あの「モナリザ」など世界的に有名な美術品が数多く展示されている美術館です。そんなメジャーな観光スポットはもちろん、パリ北部の蚤の市や移民街なども登場するので、よりリアルなパリの生活をのぞき見しているような気分も味わえます。また、パリの美しい部分だけではなく、移民問題や人種差別、格差社会などフランスの社会問題にも切り込んでいるんです。だからこそ世界中で高評価を得ていると言えそうです。

    Netflixの作品ページ
  • 6/12ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『Mine』

    『Mine』

    Netflixオリジナルシリーズ
    『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』

    『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』

    Netflixオリジナルシリーズ
    『ロースクール』

    『ロースクール』

    最新韓国ドラマから3本をご紹介!『Mine』は階級社会で繰り広げられるミステリアスで複雑な女性の表面や裏側を描き、ドロドロとした韓国ドラマ好きにはたまらない作品です。『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』は遺品を片付ける遺品整理士にスポット当て、見る人の心をほっこりさせてくれる涙腺崩壊間違いなしの作品です。ミステリー好きには『ロースクール』がおすすめ!模擬裁判の授業中に教授が殺されるという前代未聞の殺人事件が発生、韓国の法律や文化に触れつつ、リーガル、ユニークなキャラクターの掛け合わせが見事な化学反応を生む作品です!

  • 6/5ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『クリエイターズ・ファイル GOLD』

    『クリエイターズ・ファイル GOLD』

    YouTubeなどで作品を公開してきた「クリエイターズ・ファイル」は2015年にスタートし、これまでにロバート秋山さんが演じてきたクリエイターは総勢70名以上。今回は、過去に紹介された中から8人のクリエイターたちをさらに深掘りした、新作『クリエイターズ・ファイル GOLD』がネットフリックスオリジナルシリーズとして登場!何よりも豪華なのはゲスト!横浜流星さん、永野芽郁さん、冨永愛さん、オダギリジョーさん、八代亜紀さんといったGOLD級ゲストとの夢のコラボにも注目です!

    Netflixの作品ページ
  • 5/29ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『エデン』

    『エデン』

    この作品の舞台はロボットだけが暮らす楽園“エデン3”。そこで発見された人間の赤ちゃんサラと、彼女を育てることになったロボットたちのまるで親子のような絆が描かれていきます。また、人間が自然を破壊し続けてきたことが招く悲劇や、そこから生まれる間違った正義感など、「そんな未来がくるかもしれない」と思わせるストーリー展開はお見事!1話25分ほどで全4話なので映画1本を見るように誰でも一気に楽しめる作品です。

    Netflixの作品ページ
  • 5/22ご紹介作品

    Netflix映画
    『アーミー・オブ・ザ・デッド』

    『アーミー・オブ・ザ・デッド』

    進化型ゾンビ軍団とのサバイバルを描いた映画。『ゾンビ作品』は人気が高いジャンルだからこそ、競争率も高いので、新しさ、ユニークさ、驚きをいかに見せられるかが肝なんです。この映画はゾンビなのに組織的だったり、女帝感たっぷりでセクシーなゾンビがいたりと、進化したゾンビが登場するので、まさに令和版!そして豪華な出演者も見どころです。日本を代表する国際派俳優の真田広之さんが重要なミッションを与える謎の男の役で出演していますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 5/15ご紹介作品

    Netflix オリジナルドキュメンタリー映画
    『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』

    『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』

    アカデミー賞を受賞した海の神秘に迫るドキュメンタリー作品。美しい南アフリカの海を舞台に、専門家がその神秘を研究する記録映画と思いきや全く違うんです!主人公は専門家ではなく、人生に疲れてしまった映像作家クレイグ。日々、海に潜るうちにメスのタコと出会い、やがて特別な絆が芽生えます。それは、まるで“恋物語”のよう!穏やかな音楽と、美しい海の映像が織りなす新感覚の作品です。

    Netflixの作品ページ
  • 5/8ご紹介作品

    Netflix オリジナルアニメシリーズ
    『Yasuke -ヤスケ-』

    『Yasuke -ヤスケ-』

    戦国時代を生きた実在の人物をモチーフにしたアクションファンタジー時代劇アニメ。残されている歴史史料の中には、宣教師が連れていた黒人の男性を織田信長が気に入り、家臣にしたと記されているものがあるんです。実際の戦国時代に起こっていたと思われる差別や格差、武士社会の厳しさ、そして、織田信長の人物像までがしっかりと描かれています。そこに、謎の力を持つ少女というファンタジー要素が加わり、見ごたえある作品になっています。

    Netflixの作品ページ
  • 5/1ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『ヴィンチェンツォ』

    『ヴィンチェンツォ』

    イタリアマフィアの顧問であり、数々の修羅場をくぐり抜けてきた冷酷な弁護士ヴィンチェンツォ。スーツの着こなし、美しい立ち振る舞い、流暢なイタリア語にもグッときます!演じるソン・ジュンギは、韓国のゴールデングローブ賞と言われる『百想(ペクサン)芸術大賞』のテレビ部門で「男性最優秀演技賞」にノミネートされるほど演技に定評のある俳優です。いろいろな感情が交差するドラマで、ヴィンチェンツォはスタイリッシュなのにちょっとドジなところもあったり、1話から彼の魅力に引き込まれてしまいますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 4/24ご紹介作品

    Netflix映画
    『マ・レイニーのブラックボトム』

    『マ・レイニーのブラックボトム』

    4月26日に開催される“アカデミー賞”で5部門にノミネートされている作品です。注目は主演男優賞にノミネートされたチャドウィック・ボーズマンです。昨年夏に癌で亡くなってしまったのですが、治療の合間に撮影に挑んだという彼の遺作です。白人のマネージャーたちに威圧的に振る舞うマ・レイニーと、白人に媚びを売ることで成功しようと考えるレヴィー。どちらも白人たちに差別されてきたが故に取る行動。人種差別が根深く、今もなお続いているということを真正面から描いています。

    Netflixの作品ページ
  • 4/17ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『極主夫道』

    『極主夫道』

    フル3DCGなど実写に近いアニメーションが多い中、この作品は登場人物たちにほとんど動きがないんです。それはプロデューサーが監督へ指示した、あえての演出。さらにひとつのエピソードが15分前後、その中に5~6話が詰まっているのでテンポよく展開されます!“不死身の龍(たつ)”と恐れられ、いくつもの組をつぶした伝説を持つ主人公の龍が、専業主夫の道を究めるため、掃除に洗濯、買い物に料理と家事を楽しむ姿は癒やされますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 3/27ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『B: The Beginning Succession』

    『B: The Beginning Succession』

    世界的に人気を呼んだクライムサスペンスのセカンドシーズン。世界で最も長い歴史を持つアニメーション専門の国際映画祭『アヌシー国際アニメーション映画祭』でノミネートされた作品です。もともと世界での評価が高い日本のアニメーションですが、この作品は精巧に練られたサスペンス要素とキャラクターたちの奥深いバックグラウンドなど総合的に評価されてのノミネートなんです。シーズン1の“キラーB”による連続殺人事件から数か月たったところから物語はスタート!どんな展開が待っているのか、見始めると目が離せなくなるんです!

    Netflixの作品ページ
  • 3/20ご紹介作品

    Netflix映画
    『YESデー ~ダメって言っちゃダメな日~』

    『YESデー ~ダメって言っちゃダメな日~』

    わが子や部下に「ノー」とばかり言ってきたアリソンとカルロスが、24時間だけ3人の子供たちのどんなリクエストにも「イエス」と答える“YESデー”を実行することに。とにかく、子供たちの想像力や発想力が面白いんです!YESデーを実行したことで、子供も成長しますがアリソンとカルロスの二人が一番楽しんで、そして、成長しているようにも感じられます。いつもの慣れた日常空間から、意を決して飛び出してみよう!そうすることで、見えてくるものがあると教えてくれる作品でもありますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 3/13ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『恋するアプリ Love Alarm』

    『恋するアプリ Love Alarm』

    半径10メートル以内に、自分に恋する人が何人いるかを知らせるアプリ『ラブアラーム』がある世界での恋愛を描く韓国ドラマです。配信がはじまったシーズン2では、自分を好きになりそうな相手や自分が好きになりそうな相手がアプリで分かるなど、人の心の動きまで予測できるようになるんです。アプリを使った恋愛が主流になっていく、近未来の新感覚ラブストーリー!ほとんどが1話1時間もないので、気軽に見ていただいてどっぷりハマって欲しいですね。

    Netflixの作品ページ
  • 3/6ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『天空侵犯』

    『天空侵犯』

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『パシフィック・リム:暗黒の大陸』

    『パシフィック・リム:暗黒の大陸』

    『岸辺露伴は動かない』

    『岸辺露伴は動かない』

    日本のネットフリックスではアニメ作品がTOP10に毎回半数はランクインするほど人気。そこで!新作アニメシリーズ3作品をご紹介。まずは、主人公・遊理が突然迷い込んだ“異様な空間”で巻き起こる謎の仮面とのデスゲームを描く『天空侵犯』。続いて、ハリウッド映画をアニメ化、ロボットvsKAIJU(怪獣)の戦いを描くSFアクション『パシフィック・リム:暗黒の大陸』。そして、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』に登場する漫画家・岸辺露伴が漫画のネタ集めのために訪れた先で見聞きした奇妙な見聞録『岸辺露伴は動かない』と、どれも今注目の話題作ばかりです。

  • 2/27ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『ARASHI's Diary -Voyage-』

    『ARASHI's Diary -Voyage-』

    活動休止までの嵐のリアルな姿を配信し続け、ついにフィナーレを迎えるドキュメンタリーシリーズ。5人がカメラを全く意識せず、その時その時の思いを言葉にしているのがとても新鮮です。いつでも前向きに、ファンのために妥協を許さないアーティスト“嵐”の姿に元気をもらえます。無観客の生配信ライブを行った2020年12月31日。嵐の5人はどんな思いを胸にパフォーマンスをしていたのか、どんな彼らの姿が見られるのか楽しみですね!

    Netflixの作品ページ
  • 2/20ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『ブリジャートン家』

    『ブリジャートン家』

    1813年のイギリスが舞台で、作品のテーマは婚活。貴族階級の時代背景の中に私たちにも身近な現代的要素を含むことで、とても親しみやすい作品になっているんです!貴族もゴシップが大好き。貴族たちのスキャンダルを記事にする謎の人物、レディ・ホイッスルダウンの新聞が話題になります。彼らのスキャンダルをまるで近くで見ていたかのようにリアルに執筆する謎の人物は男性なのか?女性なのか?その正体を想像しながら見るのも楽しいですよ。

    Netflixの作品ページ
  • 2/13ご紹介作品

    Netflix映画
    『好きだった君へ: これからもずっと大好き』

    『好きだった君へ: これからもずっと大好き』

    『好きだった君へ』シリーズ第3弾!ネットフリックスで今大ヒットのラブコメ映画です。特に10代の目線から描かれる作品の人気が高く、この作品はラブコメ人気をけん引しています。女子高生が恋愛をして、進路や恋人との関係に悩みながら成長し、旅立ちを迎える姿に共感。主人公のララはアジア系アメリカ人。多様性を描くネットフリックスならではで、これも日本人にとっては共感しやすいポイントかも。まさにバレンタイン&卒業シーズンにぴったりのラブストーリー映画です。

    Netflixの作品ページ
  • 2/6ご紹介作品

    Netflix映画
    『スペース・スウィーパーズ』

    『スペース・スウィーパーズ』

    韓国映画史上初の宇宙を舞台にしたSF超大作。SFといえばハリウッドのイメージが強いですが、そのイメージを払拭するほどのスケールになっています。クオリティの高さはもちろん、韓国作品らしさも見ごたえ十分!宇宙で活躍する有能な宇宙飛行士や世界を救うヒーローとしてではなく、普通の人の目線から描かれ、上下の格差、愛する人の死、仲間の絆、巨大組織が抱える秘密など「あるある」も盛りだくさんで、韓国ドラマ好きの方も楽しめますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 1/30ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『クイーンズ・ギャンビット』

    『クイーンズ・ギャンビット』

    チェス一色のドラマですがチェスの知識がなくても楽しめます!それは主人公のベスというキャラクターの魅力。闇を抱えた孤独なベスがチェスの世界に入り、様々な壁を越えていきます。その過程でたくさんの人と出会い、恋愛も経験しながら孤独を手放す…そんなベスの青春がチェスゲームと共に描かれているので、物語とチェスの魅力にはまってしまいます。お金を手にするにつれて、ファッションやヘアメイクもハイセンスなものへと変わっていく点も注目です!

    Netflixの作品ページ
  • 1/23ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『ドドソソララソ』

    『ドドソソララソ』

    小さな町の小さなつながりを中心に広がる、ピアノの音色と笑顔に心温まるロマンティックコメディ。主人公のララは、人生のどん底にいるはずなのに、その屈託のない明るい笑顔と温かな演奏で周りの人たちを癒していきます。このドラマでは"ピアノ"が重要なアイテムで心地よい穏やかなピアノの音色が流れます。「うまく弾こう!」ではなく「楽しく弾こう!」という登場人物たちの心を映し出す演奏に感動しますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 1/16ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『トランスフォーマー:ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』第Ⅱ章:アースライズ

    『トランスフォーマー:ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』第Ⅱ章:アースライズ

    世界的人気を誇るアニメシリーズの最新作。前作では、トランスフォーマーたちの故郷、サイバトロンを舞台にその惑星の生命の源である“オールスパーク”をめぐるロボットたちの死闘が描かれました。今回の第2章は前作よりもスケールアップ!謎に包まれている部分が多いので、その答えが知りたくて作品にのめりこんでしまいます。実は第3章までの制作が決定。彼らは何のために、誰のために戦っているのか?など作品に込められたメッセージにも注目してください!

    Netflixの作品ページ
  • 1/9ご紹介作品

    Netflix映画
    『ミッドナイト・スカイ』

    『ミッドナイト・スカイ』

    ハリウッドを代表する名優、ジョージ・クルーニーがネットフリックスと初めてタッグを組んだ注目作で、この作品では主演、監督、製作と3役を務めているんです。リアルな北極のシーンに無重力を感じさせる広大で美しい宇宙など、徹底的にこだわった映像の中で伝えたいメッセージは「人とのつながりや人生を生きていく意味」とシンプル。映像のリアルさと一緒にそういったメッセージも感じてもらいたい作品です。

    Netflixの作品ページ
  • 12/19ご紹介作品

    Netflix映画
    『クリスマス・クロニクル PART2』

    『クリスマス・クロニクル PART2』

    この作品のプロデューサーは、『ホーム・アローン』や『ハリー・ポッターと賢者の石』の監督として知られる巨匠クリス・コロンバス。美しいクリスマスの情景は、『ハリー・ポッター』を彷彿とさせる壮大な世界観です。自分のためでなく、誰かのために勇気をふり絞ることの大切さ、美しさが描かれています。誰かのために奮闘することで巻き起こるクリスマスの奇跡に注目です!

    Netflixの作品ページ
  • 12/12ご紹介作品

    Netflix映画
    『ザ・プロム』

    『ザ・プロム』

    ハリウッドを代表するメリル・ストリープとニコール・キッドマンが歌い、踊る姿は必見!人気も実力も兼ね備えた2人が演じるのは、名声を取り戻すために奔走するベテランミュージカル俳優です。もともと、ブロードウェイミュージカルが原作。心の底から元気が湧き出てきて、しかも、一緒に踊りだしたくなるような作品です。その中に、“自分らしさって何だろう?”というメッセージが込められていて、年齢問わず楽しめます!

    Netflixの作品ページ
  • 12/5ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『今際の国のアリス』

    今際の国のアリス

    山﨑賢人さんと土屋太鳳さんのW主演、映画『キングダム』の佐藤信介監督が全8話を手がけ、最新のVFXと再現性の高いセットで緻密に計算された世界が広がっています。世界190か国で配信、日本発のドラマとしては破格のスケールで制作された作品です。夢や目標もなく、人生への不安を抱える山﨑さん演じるアリスが「げぇむ」に参加し、そこでウサギと出会ったりしながら、驚くほど生きることへのエネルギーを発揮、その強くたくましく成長する姿にも注目です。

    Netflixの作品ページ
  • 11/28ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『リラックマとカオルさん』

    リラックマとカオルさん

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『アグレッシブ烈子:We Wish You a Metal Christmas』

    アグレッシブ烈子:We Wish You a Metal Christmas

    クリスマス時期に楽しみたいアニメ 2作品。『リラックマとカオルさん』は12か月を描いていますが、おススメは第9話。クリスマスのエピソードがこれからの季節にぴったりです。スペシャルバージョンの『アグレッシブ烈子』はテーマが「ぼっちクリスマス」。クリスマスらしいじゃなく、自分らしいクリスマスを過ごせばいいということを気づかせてくれる作品ですよ。

  • 11/21ご紹介作品

    Netflix映画
    『シカゴ7裁判』

    シカゴ7裁判

    実話をもとに描かれた法廷ドラマ。主人公は1968年のアメリカ・シカゴで起きたデモの首謀者とされてしまった7人の男たちです。検事や平等な裁きを下すはずの判事からあからさまな差別を受ける中、『シカゴ7』の面々がどう立ち向かうのかが見どころ!また、すでにアカデミー賞の候補作品のひとつとしてあげられ、アメリカの大手映画サイトが発表した予想では、作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞で名前があがっているんですよ!

    Netflixの作品ページ
  • 11/14ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『スタートアップ: 夢の扉』

    スタートアップ: 夢の扉

    韓流ドラマ界のヒットメーカーが手がけた作品で、若者たちの「上にあがっていってやろう」というハングリー精神がたっぷりと込められているお仕事ドラマ。ストーリー展開が早く、もちろん恋愛も!主人公のソ・ダルミを中心とした美男美女の三角関係にも注目してください。ソ・ダルミを演じるペ・スジさんは、実は『NiziU』のプロデューサーとしても話題のJ.Y.Parkさんが見出したK-POP グループ『missA』の元メンバー。アイドル時代から演技には定評があり、今後が期待されている俳優ですよ

    Netflixの作品ページ
  • 11/7ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『エミリー、パリへ行く』

    エミリー、パリへ行く

    この作品を手掛けたのは、世界中の女性を魅了した伝説のドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のスタッフなんです。仕事はもちろん、イケメンとの恋愛、ファッション、グルメなど女性が憧れる世界観がたっぷり詰まっています。そんな体験を疑似体験できるのも最高に楽しい作品。ポジティブにパリでの生活を楽しむエミリーのパッションに魅了されるロマンチックコメディです。

    Netflixの作品ページ
  • 10/31ご紹介作品

    Netflix映画
    『レベッカ』

    レベッカ

    1938年に発表された小説が原作で1940年にアルフレッド・ヒッチコック監督により映画化されましたが、この作品はヒッチコック作品のリメイクではなく小説をもとに新しい解釈で描いた作品です。注目は豪華スターの夢の共演!運命的な恋に落ちる女性を演じるのは、実写版『シンデレラ』でシンデレラを演じたリリー・ジェームズ。また、その夫マキシムは、映画『ローン・レンジャー』でジョニー・デップとW主演を務めた実力派俳優アーミー・ハマーが演じていますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 10/24ご紹介作品

    Netflix映画
    『フェイフェイと月の冒険』

    フェイフェイと月の冒険

    この作品のグレン・キーン監督は『リトルマーメイド』のアリエルや、『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルなど数多くのディズニー映画のキャラクターを誕生させた伝説のアニメーターなんです。キーン監督がディズニー社を離れ、初めて手掛けた長編映画です。もうひとつの注目は音楽!特に『ロケット・トゥ・ザ・ムーン』の日本語版は、「夜に駆ける」が大ヒットした音楽ユニット「YOASOBI」のボーカルikuraとしても活躍する幾田りらさんが歌っています。透き通るような、それでいて胸に響く歌声で作品の世界観を見事に表現していますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 10/17ご紹介作品

    Netflixオリジナルドキュメンタリー
    『BLACKPINK ~ライトアップ・ザ・スカイ~』

    BLACKPINK ~ライトアップ・ザ・スカイ~

    2016年に韓国でデビューし、世界的大ブレークを果たしたガールズグループ『BLACKPINK』の軌跡をたどるオリジナルドキュメンタリー。ロゼ、ジス、リサ、ジェニーの4人のデビューまでの道のりが描かれています。この作品の良さは、彼女たちの「成功」だけではなく、4人の少女の「青春」を描いているところです。練習生である10代から一緒にいる4人。親元を離れ、寂しく孤独だった時期を支え合ってきた4人の絆と彼女たちの努力、そして本音が映し出されています。

    Netflixの作品ページ
  • 10/10ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『ドラゴンズドグマ』

    ドラゴンズドグマ

    「モンスターハンター」や「バイオハザード」など数々のヒットゲームを生み出しているカプコンが手がけた世界的人気のゲームがアニメーションシリーズとなった作品で、とにかく臨場感がすごいんです!燃えさかる炎や容赦なく襲いかかるモンスターなど、3DCGで再現された、『ドラゴンズドグマ』の世界は壮大。まるでゲームの世界に舞い降りて、主人公イーサンと一緒に戦っているような臨場感を楽しめますよ!

    Netflixの作品ページ
  • 10/3ご紹介作品

    映画
    『新聞記者』

    新聞記者

    今年3月に行われた『日本アカデミー賞』で最優秀作品賞、主演男優賞、主演女優賞の主要3部門を受賞!主人公で新聞記者の吉岡をシム・ウンギョンさん、エリート官僚の杉原を松坂桃李さんが演じ、タブーに切り込む主演2人の演技に引き込まれます。しかも、この『新聞記者』がネットフリックスでドラマ化されることも決定!これまで様々な“闘う女性”を演じてきた米倉涼子さんが主人公の女性記者を演じ、来年配信予定です。

    Netflixの作品ページ
  • 9/26ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『青春の記録』

    青春の記録

    俳優を夢見るヘジュンと、メイクアップアーティストを目指すジョンハが悩みながらも前に進んでいくストーリー。ヘジュン役のパク・ボゴムさんは韓国で『国民の彼氏』と呼ばれるほど人気。ジョンハ役のパク・ソダムさんはアカデミー賞作品賞を受賞した『パラサイト半地下の家族』でキム一家の長女を演じた実力派女優です。韓国ドラマは特別出演や友情出演が多く、今日本で人気の『梨泰院クラス』の主人公セロイを演じたパク・ソジュンさんがこの作品へ特別出演することが発表されていますので、ぜひ注目を!

    Netflixの作品ページ
  • 9/19ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ』

    ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ

    巨匠スティーブン・スピルバーグらが手がけてきたシリーズの、史上初のアニメーションシリーズ。今までの作品との違い主人公は子供たちです。彼らが様々なピンチに直面しながらも知恵を出し合い、友情を育み、成長していく姿が描かれます。スピルバーグをはじめとする歴代の作品を生み出してきた巨匠たちとアニメーション界最高峰のスタッフがタッグを組んでいるので映像がリアル!過去作品でおなじみの人物・乗り物も登場しますよ。

    Netflixの作品ページ
  • 9/12ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『ザ・クラウン』

    ザ・クラウン

    テレビ業界のアカデミー賞とも言われている『エミー賞』に作品賞をはじめ、13部門もノミネートされている作品です。リアリティの追求にこだわり、衣装は残されている膨大な資料をもとに一から手作り。しかもエリザベス2世だけでなく、秘書官や従事武官のユニホームに至るまで何千着もの衣装を当時の雰囲気そのままに再現。さらに、エリザベス2世を演じる役者も時代背景に合わせて変える徹底ぶり。これらのこだわりがエミー賞ノミネートにつながっているんです!

    Netflixの作品ページ
  • 9/5ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『セリング・サンセット ~ハリウッド、夢の豪華物件~』

    セリング・サンセット ~ハリウッド、夢の豪華物件~

    アメリカ・ロサンゼルスの不動産で働く7人の女性エージェントたちがセレブを相手に最高級物件を販売する姿に迫るリアリティショー。3~5億円から50億円超えまで桁違いの物件が登場します。それだけではなく、エージェントたちの最新のファッションやヘアメイクもチェックできますよ。成果によって報酬がかわる厳しい世界で、ライバルでもある彼女たちの美しい友情ばかりではない展開も見どころです!

    Netflixの作品ページ
  • 8/29ご紹介作品

    Netflixオリジナルアニメシリーズ
    『アグレッシブ烈子 シーズン3』

    アグレッシブ烈子 シーズン3

    サンリオの異色キャラクター「アグレッシブ烈子」が主人公のアニメシリーズ。烈子は日ごろの不満をデスメタルにのせて歌うのがストレス発散方法で、職場や人間関係のモヤッとを表現した歌詞とキャラクターが魅力の痛快ブラック・コメディです。新シリーズで烈子はひょんなことから“地下アイドル”の世界に踏み込むことになります。普段は真面目で不器用で本音が言えず、デスメタルでしか発散できない。そんな烈子に女性はきっと共感できるはず!

    Netflixの作品ページ
  • 8/22ご紹介作品

    Netflixオリジナルシリーズ
    『サイコだけど大丈夫』

    サイコだけど大丈夫

    トラウマや生きづらさを抱えながら生きる男女が一緒に過ごすうちにお互いの傷を癒し、ゆっくりと新たな人生の扉を開いていく姿を描いた韓国ドラマ。愛を拒否する主人公・ガンテを演じるキム・スヒョンは"韓流新四天王"と呼ばれ、出演作品はすべてヒットと話題の俳優です。愛を知らない童話作家・ムニョンを演じるソ・イェジは169cmの高身長と小顔のスーパープロポーションの持ち主。完璧なルックスとスタイルがベストマッチです!

    Netflixの作品ページ
  • 8/15ご紹介作品

    Netflix映画
    『プロジェクト・パワー』

    プロジェクト・パワー

    絶体絶命のピンチでも不屈の精神で最後まで戦い抜く、ちょっとアンバランスな男女3人によるアクション映画。舞台はアメリカのニューオリンズ。“飲めば5分だけスーパーパワーを得られる” 謎の薬が物語のカギを握ります。まるで違う3人ですが、共通しているのが「度胸がすわっていること」。謎の組織にひるまずに立ち向かい、目的のために決してあきらめない姿は、まさに『ネバーギブアップ!』です。

    Netflixの作品ページ
  • 8/8ご紹介作品

    『星野源 DOME TOUR “POP VIRUS” at TOKYO DOME』

    星野源 DOME TOUR “POP VIRUS” at TOKYO DOME

    『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』

    Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018

    『back number dome tour 2018 "stay with you" at TOKYO DOME』

    back number dome tour 2018

    Netflix映画
    『テイラー・スウィフト: レピュテーション・スタジアム・ツアー』

    テイラー・スウィフト: レピュテーション・スタジアム・ツアー

    Netflix映画
    『HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品』

    HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品

    ネットフリックスはライブ気分を味わえる音楽作品を多く配信しています。コロナの影響でライブや野外フェスが中止になっている今年は、お家でぜひ、『夏フェス』気分を味わってみてください。しかも、1組だけでなく、野外フェスのように何組ものアーティストのライブを1度に楽しめるというのがネットフリックスでの楽しみ方の一つ。歌ももちろんですが、ステージ衣装や演出にもぜひ注目してみてください。

  • 8/1ご紹介作品

    NETFLIX オリジナルアニメシリーズ
    『トランスフォーマー ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』

    トランスフォーマー ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー

    変形ロボットのおもちゃからスタートし、長きにわたり、様々な形でファンを楽しませてきた『トランスフォーマー』シリーズの始まりの物語が描かれる最新作。ポイントは『全員ロボット』。実写版の映画は人間たちがメインでしたが、この作品は全編ロボットで展開します。ロボット同士の戦いは迫力満点!ロボットだけの世界だからこそ、その迫力とスリルある骨太なアクションを体感できます。

    Netflixの作品ページ
  • 7/25ご紹介作品

    NETFLIX オリジナルシリーズ
    『ニミュエ選ばれし少女』

    ニミュエ

    イギリスの英雄・アーサー王と彼を支える騎士たちの物語「アーサー王伝説」を新たな視点で描く壮大なアクションファンタジーシリーズ。物語の中で不思議な力を持ちながらも悲劇的な運命の女性として描かれるニミュエが主人公です。このドラマはイギリス各地で撮影を行っています。一切の妥協を許さない、魂が吹き込まれたような不思議な世界観をお楽しみください。

    Netflixの作品ページ
  • 7/18ご紹介作品

    NETFLIX映画
    『オールド・ガード』

    オールド・ガード

    主演は、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などアクション俳優として注目のシャーリーズ・セロン。役作りに余念がなく、今回も彼女の努力が垣間見られるシーンが満載です。また、恋愛映画で注目を浴びた女性監督が初めてのアクション映画に挑戦!アクション映画のプロであるシャーリーとのタッグで迫力がありながらも繊細さが漂う、新感覚のアクション映画が完成しました。

    Netflixの作品ページ
  • 7/11ご紹介作品

    NETFLIXオリジナルアニメシリーズ
    『日本沈没2020』

    日本沈没2020

    累計470万部のベストセラー小説を原作とした、極限状態でも揺るぎない決断を下す、強き家族を描いたアニメシリーズ。原作小説が発売されてから47年。アニメ化に挑戦したのは2019年公開された『きみと、波にのれたら』などで世界的に評価されている湯浅政明監督で、突如襲う地震など天変地異がダイナミックに描かれています。緊迫のシーンが続きますが、ポイントポイントで大きな希望を見出せます。

    Netflixの作品ページ
  • 7/4ご紹介作品

    NETFLIXオリジナルシリーズ
    『呪怨:呪いの家』

    呪怨:呪いの家

    今や世界中にファンを持つ『呪怨』の初めてのドラマシリーズ。日本のホラー作品=ジャパニーズホラーは世界中で大注目されていて、なかでも『呪怨』は20年もの間関連作が作られ続けてきた人気作。今回は「原点回帰」で、登場人物たちが引き寄せられてしまう“呪われた家”が、なぜ呪われるようになったかが描かれています。しかも、実際にあった話を参考にしているので、恐怖が増すんです!

    Netflixの作品ページ
  • 6/27ご紹介作品

    NETFLIXオリジナルシリーズ
    『Giri / Haji』

    Giri / Haji

    東京とロンドンを舞台に、壮大な逃亡劇を描くドラマ。平岳大さんが主人公を演じ、他に窪塚洋介さん、本木雅弘さんなど日本を代表する俳優たちの出演でも話題の作品です。注目してほしいのは主人公の娘、多紀(タキ)役を演じる奥山葵さん。北海道出身の新人で演劇学校在学中にオーディションを受けて合格し、突如、世界に名を知らしめるグローバル女優となった「シンデレラガール」なんです。

    Netflixの作品ページ
  • 6/20ご紹介作品

    NETFLIX アニメ映画
    『泣きたい私は猫をかぶる』

    泣きたい私は猫をかぶる

    現実から目を背けたい時、好きな人に会いたい時、猫に姿を変えられるという設定がユニーク。この独特の世界観と圧巻の映像美を生み出したのが「セーラームーン」など90年代アニメを支えてきた日本アニメ界の重鎮・佐藤順一さんと、スタジオジブリを経て活躍する新世代のクリエイター・柴山智隆さん。「自分探し」がテーマで、ピュアで熱い恋心につい自分の初恋を重ねてしまう…、そんな青春ファンタジー作品です。

    Netflixの作品ページ
  • 6/13ご紹介作品

    NETFLIX オリジナルシリーズ
    『クィア・アイ』

    クィア・アイ

    各分野でプロフェッショナルな5人組、通称“ファブ5”が悩みを抱えた人たちを魅力的に生まれ変わらせる番組です。依頼人たちの悩みは、見た目のコンプレックス、性に関するもの、家族との関係など様々。相談者の人格は否定せずに寄り添い、「ありのままでいいよ。もっと自信を持って」と語りかけながら、時間をかけて魅力的に改造していく、やりとりは心打たれます。日本を舞台にした特別編も配信中なので注目です!

    Netflixの作品ページ
  • 6/6ご紹介作品

    NETFLIX オリジナルシリーズ
    『フラーハウス』

    フラーハウス

    幼い娘の育児に奔走する男性3人の姿が描かれた大人気ファミリードラマ「フルハウス」のキャストが20年の時を経て大集合!ビックリするのは日本語吹替版で声優を務めたキャストまでもが再び集結していること。当時の彼らの声をそのまま楽しむことができます。ネットフリックスではオリジナルの「フルハウス」も1から8まで全シーズン配信されているので、両方見比べながら楽しむのもオススメ。

    Netflixの作品ページ
  • 5/30ご紹介作品

    『SUITS』

    SUITS

    弁護士ドラマといえば法廷シーンが醍醐味ですが、この作品にはほとんど出てきません。なぜなら二人に舞い込む案件は、法廷に持ち込むと負けてしまうものばかりだからです。だからこそ、戦略・分析・交渉で相手を打ち負かし、法廷に持ち込む前に片を付けてしまうんです。タイトルの通り、出演者のスーツの着こなしもかっこいいんですよ!

    Netflixの作品ページ
  • 5/23ご紹介作品

    NETFLIX 映画
    『キスから始まるものがたり』

    キスから始まるものがたり

    15歳の少女が書いたネット小説が原作。主人公のエルを演じるジョーイ・キングは、天才子役としてその演技力を高く評価されてきました。”初めてのキス”を夢見る幼い少女が、みるみるうちに大人の女性へ変貌を遂げていく姿は必見!夏のロサンゼルスを舞台にしたティーンエイジャーが描くラブロマンスは、爽やかでまぶしいくらいです。

    Netflixの作品ページ
  • 5/16ご紹介作品

    NETFLIX オリジナルシリーズ
    『梨泰院クラス』

    梨泰院クラス

    主人公のセロイを演じるパク・ソジュンは「メガヒット保証俳優」と呼び名がつくほどの人気。今まで彼が出演した作品はもれなくヒットしています。いがぐり頭がトレードマークのセロイは、信念をもって真っ向勝負に挑む男気溢れる青年。この唯一無二のキャラクターと、パク・ソジュンの絶妙な演技力により、女性ファンだけでなく男性ファンも多い作品です。ぐっと来る名言にも注目です。

    Netflixの作品ページ
  • 5/9ご紹介作品

    NETFLIX オリジナルシリーズ
    『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

    ストレンジャー・シングス 未知の世界

    1990年代に活躍した女優、ウィノナ・ライダーが母親役で復活です。彼女が演じるジョイスは2人の息子を育てるシングルマザー。次男・ウィルの失踪に、彼女は周囲からの偏見を気にすることなく、最後まで生存を信じて探し続けます。母親としてのその強い思いに深い愛情を感じます。

    Netflixの作品ページ
  • 5/9ご紹介作品

    NETFLIX 映画
    『バード・ボックス』

    バード・ボックス

    極限状態で子供たちを守る”母の姿”に注目です。母親役はアカデミー賞主演女優賞の受賞経験もあるサンドラ・ブロック。頼れる人もいない、外には目隠しなしでは出られない、いつ命を奪われるか分からない…そんな状況でも決して生きることを諦めない女性を演じます。はじめは母性を感じていなかった彼女が子供という存在に触れ、強さと覚悟を手に入れる過程は見どころです。

    Netflixの作品ページ
  • 5/2ご紹介作品

    NETFLIX オリジナルドキュメンタリーシリーズ
    『ARASHI's Diary -Voyage-』

    ARASHI's Diary -Voyage-

    普段テレビでは見せないような素顔がたっぷり。役者として、歌手として、アイドルとして20年間突き進んできた”嵐”。その裏でどれほどファンを思い、コンサートを作り上げてきたか、その職人ともいえる姿にファンではなくても見入ってしまいます。

    Netflixの作品ページ
  • 5/2ご紹介作品

    NETFLIX オリジナルシリーズ
    『愛の不時着』

    愛の不時着

    主人公の恋愛だけでなく、北朝鮮軍部の陰謀などサスペンス要素が満載。悲劇のヒロインというイメージが強い韓国ドラマですが、この作品のヒロインは自力で道を切り開き自分の身は自分で守るセルフメイドウーマン。演じるのは、日本でもヒットした映画「私の頭の中の消しゴム」に出演したソン・イェジンです。

    Netflixの作品ページ
  • 4/25ご紹介作品

    NETFLIX オリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』

    攻殻機動隊 SAC_2045

    ヒロイン“草薙素子”に注目です!近未来を描く作品で、聞きなれないワードが多く登場するのに、なぜか親近感を持って見られます。それはヒロインである“草薙素子”が決断力抜群で、負け知らずの戦闘能力、さらに頭脳明晰というクールな最強の女性リーダーだからこそ!

    Netflixの作品ページ
  • 4/25ご紹介作品

    NETFLIX 映画
    『タイラー・レイク -命の奪還-』

    タイラー・レイク -命の奪還-

    裏社会の危険な任務を生業とする主人公のタイラーが、誘拐された麻薬王の息子・オヴィを救出するミッションを請け負うというノンストップ・サバイバルアクション。初めタイラーはオヴィに対して何の感情もなかったのですが、行動を共にするうちに2人に『仲間』のような絆が生まれます。終盤に向かって最高潮の盛り上がりを見せる男2人の心打つストーリーは必見です。

    Netflixの作品ページ
  • 4/11ご紹介作品

    Netflix オリジナルシリーズ『FOLLOWERS』

    FOLLOWERS

    蜷川実花監督が今を生きる女性に贈るラブレター。仕事、結婚、出産…どれを選ぶも自由。人と違うことに臆病になってしまう女性が、自分を認めて愛してあげたくなる作品

    Netflixの作品ページ
NETFLIX詳しくはこちら

最新情報は
公式SNSでチェック!

instagram