きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

柴田アナからの問いかけに答える回

2020/12/18

廣岡 俊光

確かに、柴田アナとは「みんテレ」でコンビを組んでいた時と比べると
社内で顔を合わせる機会が少なくなっちゃいました。
でも、土曜朝の「いっとこ」はほとんど毎週見てますよー。

お気に入りの本・・・
最近本当に沢山の本を読んでいるので選ぶのが難しいですが
一冊選べと言われれば・・・

「オードリー・タン 自由への手紙 A Letter to Freedom
講談社 本体1400円(税別)

​台湾の若きデジタル担当大臣のインタビュー集です。


「格差からの自由」
「ジェンダーからの自由」
「デフォルトからの自由」
「仕事からの自由」
・・・などが日本の若い世代への手紙という形式で語られているのですが、
難しい言葉をほとんど用いる事なく「腑に落ちる」感覚がずっと味わえます。

AIを活用した新型コロナ対策で一躍注目を浴びた経歴から、
「全く新しい技術を駆使して世界を変える『天才』」
というイメージで描かれがちな存在ですが、
それは半分正しく、半分間違っています。

「改革とは既にあるものをベースに形を変えて多様化することで実現する」

何かを新しく作ろうとする時、今までにない何かを追い求めがちですが、
実はヒントは、自分の一番身近なところに既に転がっている。
これは普段の自分の生活、仕事、人間関係などすべてに応用が効きます。
根本のマインドが変われば、今まで当たり前だと思っていた景色も
見え方が大きく変わって、発想も変わってきます。
そんなことを実感できる一冊でした。

・・・ということで、今回は
柴田アナからの問いに答えただけの回になりました(笑)。
年内のブログ更新はこれが最後になります。
皆様、来年もよろしくお願い致します。

次回は石野くん!!(急にコンサラボ研究員に変化)
来年も研究はしっかりと続けていくぞ!!

  • F-PARK
  • play北海道
  • UHB公式チャンネル
  • UHB非公式チャンネル
  • &sauna