きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道も35度超えて暑い!今年初「猛暑日」も観測…熱中症に注意 北部は"大雨や土砂災害"に再び警戒

2020年8月11日11:40

 台風5号から変わった温帯低気圧などの影響で、北海道北部では8月11日の夜にかけて激しい雨が降る見込みです。 

 土砂災害などに警戒してください。 

 北海道の北に停滞する前線や台風5号から変わった温帯低気圧の影響で、北海道付近は大気の状態が不安定になっています。 

 このため日本海側北部では11日夜にかけて、雷や暴風を伴って「断続的に激しい雨が降る」見込みです。 

 8月7日に大雨が降った場所で再び大雨となるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに警戒が必要です。 

 一方低気圧に温かい空気が流れ込んでいるため、全道的に朝から気温が上昇していて、北見市などではすでに気温が35℃を超えて、北海道内では2020年初めての"猛暑日"となっています。 

 気象台では熱中症など、健康管理に注意するよう呼びかけています。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE