きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

「寒い…」北海道“-5.6℃” 今シーズン1番の寒さ 水たまりには氷 峠では雪かき 路面凍結に注意

2021年10月18日19:45

 10月18日の北海道は、強い寒気の影響で今季1番の寒さになりました。

 19日朝も内陸を中心に氷点下となる予想で、路面凍結などに注意が必要です。

 18日朝、北海道東部の標茶町では最低気温が-5.6℃を観測し、今季全国で最も低い気温となりました。

水たまりが凍るほど寒い…

 草や車のガラスには霜が降り真っ白になった他、水たまりには氷が張りました。

 標茶町民:「寒いです。こんなに凍っているのは今季初です」

 18日朝は、標茶町の他、弟子屈町や中標津空港など道内61地点で0℃未満の冬日となった他、札幌市でも最低気温4℃と今季一番の冷え込みになりました。

子どもは雪がうれしいみたいです

 また、札幌市と喜茂別町を結ぶ国道230号線の中山峠では17日夜から18日朝にかけて雪が降り、一時、積雪は16センチに達し雪かきをする人の姿が見られました。

 日中に雪は解けましたが、路面は濡れていて凍結しやすい状況となっています。

 中山峠に来た人:「やっぱり寒いです。雪は今年初めて見たけど、本当に降っていてびっくりしました」

 中山峠に来た人:「タイヤは夏タイヤです。レンタカー店で聞いたら、まだ夏タイヤだって。解けていたから来られたけど」

スリップ注意!

 18日夜から19日朝にかけても、内陸を中心に氷点下の冷え込みとなる予想で、路面凍結に注意が必要です。

<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE