きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 7/21(水)】シベリア火災で北海道の空かすむ PM2.5は22日朝まで非常に多い

2021年7月21日18:40

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時15分現在

◆PM2.5
札幌市中央区では20日午前中にPM2.5が52マイクログラムとなり
一時的に一日平均35の環境基準を上回りました。
九州大学によりますと、原因はシベリアで発生した火災と見られます。
22日朝まで、非常に多い予測が続きますので、
暑くなければ窓を閉めるなど、室内に大気汚染物質を取り込まないようにしましょう。

◆21日の天気
晴天が続くでしょう。
PM2.5のピークは早朝に超えますが、日中も多い状態は続くため、
空がかすんで見えるかもしれません。
稚内や根室周辺は、風もやや強く吹くでしょう。

◆21日の気温
日本海側や太平洋側は前日に比べると3~5℃低く、1週間ぶりに猛暑日から解放されそうです。
一方、オホーツク海側は前日より3℃前後高く、北見は33℃まで上がるでしょう。

◆週間予報
4連休中も晴天と暑さが続きそうです。
建物内の熱中症が多くなっていますので、ご注意ください。
夏休みに入った子どもは、喉の渇きを感じにくいため、
周りの大人も気を付けてあげましょう。
来週前半は、発達した低気圧が北海道を通過するかもしれません。
大雨の可能性もありますので、最新の情報に注意をしてください。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE