きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

「雷しゃがみ」って知ってる? 6~10月に多い“落雷”から身を守るには… 61歳男性は一時重体

2021年6月16日20:25

 6月15日午後、上川町の「層雲峡オートキャンプ場」で木に雷が落ち、近くで建築作業をしていた61歳の男性が重体となりました。男性は回復しています。

事故があった現場

 北海道では、年間約3万3000回の落雷が観測されていて、特に6月から10月にかけて多くなっています。

 もし子どもと遊んでいる時に、急な雷雨に見舞われたらどうすればいいのでしょうか。

子どもを守るためには…

 市民からは「ニュースを見て私だったらどうしようと思って調べた。上の子と『こうしよう』と話した。木の近くだと雷が来る。傘も差しちゃダメ」

 「集団でいたらよくなさそうだから離れる」

 「木は危ない。木に雷が落ちるので木からは離れたほうがいい」などの対策が聞かれました。

これが人だったら…

 人形を使った実験では木に落ちた雷の電流が人形に飛び移りました。木よりも人は水分が多く電気を通しやすいため、雷は人に飛び移りやすいのです。

木から離れる距離も大事

 木や電柱のそばには「保護範囲」と呼ばれる比較的安全な空間があります。木から4メートル以上離れ、木の頂点から45度の角度に入る空間です。

知っていますか?この姿勢…

 そして「雷しゃがみ」も大切です。両足のかかとを合わせできるだけ低い姿勢を保ちます。

 「雷しゃがみ」は両方のかかとを合わせ、つま先で立つことで地面と接する面を減らします。万が一、近くに雷が落ちても地面からの電流が片足から反対側の足へと流れ上半身まで行かないようにします。

これからの季節は特に警戒してください

 雷雨に見舞われた際は、建物や車に避難したり「保護範囲」に移動するなどして注意してください。

<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE