きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 3/16(火)】カラフルな雪!?北海道で紅雪・黄雪が見られるかも…

2021年3月16日18:50

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時30分現在

◆紅雪・黄雪 
江戸時代に、早春の雪国で、紅雪(べにゆき)、黄雪(こうせつ)が見られたという記録があります。
何のことかわかりますか?
原因は「黄砂」です。
中国大陸からやってくる黄砂が、雪に混じったり、積雪に付着したりすると
雪に色がつき、うっすらとピンクや、黄色になることがあります。
16日夜は、道南を中心に、黄砂が飛来する可能性がありますので、
紅雪・黄雪が見られるかもしれません。

◆17日の天気
低気圧が通過するため、広範囲で、雨や湿り雪が降るでしょう。
降雪量は、多い所で5センチです。
札幌市内も、夕方以降は、うっすらと積もる所がありそうです。
沿岸部を中心に、西風が強く吹くでしょう。

◆17日の気温
前日に比べると3~7℃も低くなるでしょう。
札幌の最高気温は6℃で、前日より6℃も低くなりそうです。
風が冷たく、体感温度は下がりそうです。
外出は、厚手の上着や手袋などで、防寒をしっかりとしましょう。

◆週間予報
18日(木)にかけて寒の戻りで、日本海側は雪が続くでしょう。
ただ、なごり雪で、積雪が極端に増えることはなく、すぐにとけそうです。
週末は低気圧が通過するため、荒れる可能性があります。
特に、17日から春の彼岸入りですが、彼岸の期間中の荒天を「彼岸荒れ」ということがあります。
21日(日)は、湿り雪・大雨・強風の恐れがありますので、
今後の情報に注意をして下さい。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE